FC2ブログ

お色気たっぷりに

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●チャイコフスキー/アンダンテカンタービレ
●シューマン/トロイメライ
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

世間では三連休。まだまだ暑いの続いてます。
でも、さすがに35度とかでなくなったので、少しはバイオリンもヤル気がでますね。(^^;)
さて、今日は午前レッスン午後合奏団の遊びまくりの一日です♪

後半を重点的にと言われ、かなり練習していったつもりのクロイツェル33番ですが、音程はともかくやっぱりボーイングがダメ、と言われちゃいました。
なるべくなめらかに弾くようこころがけたんですがねえ。重音、ムズイです。
特に、スラーを滑らかに弾くのが・・・(T_T)

最後の行の運指を工夫したら、少しは弾きやすいのでは?ということで、要研究ですじゃ。

20100920DSCF0961.jpg

しかし、ちょっとの間に楽譜が書き込みだらけになったなあ。

さて、曲ですが、しっとり曲を滑らかに・ビブラートはゆったりかける・・・の課題が続いてまーす。

チャイコ「アンダンテカンタービレ」
この曲、練習に時間かかるなあ~と思ってたら、ビブラートを規則的に大きくかけようと意識するあまり、妙にテンポが遅くなってました。(爆)ピアニシモの音をいかに美しく、遠くから聞こえてくるかのように弾くかがポイントです。こういうの大の苦手ですからねえ、アタシ。

注意されたのは、元弓の返しで肘が下がること。気をつけて弾いたら・・・おお!!だいぶギクシャク感が改善されました。

シューマン「トロイメライ」

予想はしてましたが、「みれどふぁ、そら♭しれ、ふぁそらどそ~~」のスラーでブチ切れないように、と注意されました。あと、懸念の1の指のビブラートですが、親指と人差指のあいだのネックの空間をゆったり空けてかけると楽だそうです。うーむ、無意識に力はいると、人差し指の付け根がネックにくっついちゃうんですよね、アタシ。

サン・サーンスの白鳥も見てきたのですが、残念ながらここで時間切れ。
次回は、「白鳥」と、エルガーの「愛の挨拶」を見ていただきまーす。

エルガーは「名曲31選」には載っていないのですが、IMSLPという楽譜のダウンロード出来るサイトでゲットできました♪

スラーをぶち切らない。色気たっぷりに歌う。という、keroの第の苦手科目克服曲にもってこいですな。(^^;)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード