バイオリンと外宇宙の話 vol.2

フランク(1楽章だけ)終わったぞう

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●フランク/バイオリンソナタ第1楽章
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

相変わらず猛暑が続く今日この頃。
今日もまた、レッスン会場へ行くまでに既に2リットルほど汗を消費してしまいました。

クロイツェル33番は、今日から譜面通りのスラーで弾くのですが、修正と音程のあまりの酷さに、右手が追いついていかない感じです。(^^;)
案の定、「左手がどんなに難しくても、フレーズを滑らかに弾くように」と言われました。最近こればっかりだなあ。

フランクの第1楽章は仕上げです。
この曲は出だしがやっぱりむずかしいんですよね~。
家で弾いてる時も、1回目よりは2回目、2回目よりは3回目という風に調子が良くなるんですが、今日もしかり。ただ、やっぱり移弦やポジション移動などでフレーズがぶち切れるのが問題です。だいぶ良くなったとは言われましたが・・・。

最後に先生がピアノ譜を見て一緒に弾いてくださいました♪

フランクのソナタ第1楽章、一応終了です!(^0^)
続く2~4楽章も弾きたいんですが、その前にやらねばならぬ修行があるようで・・・。

次はいよいよバッハの無伴奏!!

・・・と思ったら、「その前に、フランクのようにスラーの付いた音符を滑らかに弾く修行をしましょう」と先生。
「バイオリン名曲31選」という曲集から、2曲セレクトせよとのことです。

や、やっぱり・・・フレーズぶち切れ病の治癒が最優先でしょうか。(; ̄∇ ̄A
バッハはデタシェの練習になっちゃうしね。

keroの苦手科目特訓シリーズです。(爆)

さいしょ、「ヘンデルのラルゴ」とチャイコの「アンダンテカンタービレ」(弦四の第二楽章)はどうか、と言われて楽譜を見たら、「ヘンデルのラルゴ」って、合奏団でやっとる「オンブラ・マイ・フ」のことでした!!(笑)

合奏団の方はオペラの原譜なんですが、こっちのはバイオリン独奏用にト長調に転調してあって、最後盛り上げるためにオクターブあげたりしてます。・・・なんか、合奏団のと混同しそう。

先生にオネガイして、この曲はやめてもらいました。(笑)

で、メンデルスゾーンの「春の歌」(ピアノの無言歌集の編曲)と「アンダンテカンタービレ」になりました~。
この2曲はオリジナルと同じ調で、譜読みも楽そうです♪
滑らかに歌えるように修行しまーす!

・・・しかし、考えてみたら、次のレッスンは来週なんだよね。(汗)
サボらないように頑張らなくちゃ。しかし、新曲は楽しいですね~~♪


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    17:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/82-089774d9
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード