バイオリンと外宇宙の話 vol.2

歯痛とか顎当とか

さすがに7月!暑いですね~。

実はアタクシこんどの火曜日にレッスン予定だったんですが、歯の治療がこじれてしまい、アゴになにか挟む気にならない状態になってしまいました。(^^;)

もうだいぶ良くなったんですが、全然練習できなかったので、今月は再来週のレッスン一回だけにしていただきました。先生申し訳ありませぬ。m(_ _)m
来週の合奏団の練習までに治るといいんですが、ビミョ~です。

さて、バイオリン練習をあまり出来ないこの時こそ、日頃から懸念のことを始末してしまおう!!
と決心したアタクシkero。

実は、以前から肩当(KUN)の当たり具合が気になっておりました。
アタシは肩幅がないので、肩の骨に肩当があたっちゃうんですよね~。
だけど、肩当の幅を調節すると、鎖骨にバイオリンの端っこがのらなくなったり、喉元が窮屈に感じられたりと、いろいろ微妙なことが・・・。

肩当だけでなくて、顎あての高さとかも含めて見なおしてみようと思っていたんですが、発表会直前にフォームが変わってはいけないと思って放置。で、この際!ですからね~。自分でいろいろ調整してみました。(歯に響くのであまり長時間練習できませんが。(^^;))

その結果・・・。

●肩当の幅を狭くして、より浅くバイオリンに装着する。
●その結果、少し肩当が高く感じられるので、その分顎あてを低いものに交換。
●首のタコ、アザ対策で、「ストラッドパッド」というものか、厚手のハンカチをあてて使うことにする。(これで低い顎あてが調度良い塩梅に微妙に高く感じられる。)

てな感じになりました。
顎あてとか肩当とか、ほんのちょっとのことですが、感じが変わりますからね~。

実は、去年の夏新しいバイオリンを買ってから、お喉のタコ・アザが悪化の傾向だったのです。
以前も同じ型の顎あてを使っていたので、なんか変だな~と思っていたのですが、無精者ゆえ放置してました。しかし、ついに最近かゆくなってしまい、皮膚科のお世話になっちゃいました!(^^;)

塗料とか、ローズウッドのアレルギーかもしれないんです。
(ちょっとした茶色いアザのようなものは前々からできておりましたが)

あ、↓が今までの顎あてです。
20100701DSCF0814.jpg

タコ・アザについては長くなりますんで別に詳しく書きますね!

顎あては、以前のバイオリン、ピグマリウスくんにデフォルトで装着していた「テールピースをまたがないタイプの」顎あてが残っていたので、それをとりあえず使うことにしました。
でも、中心についていた金具の跡がちょっと目立っちゃうので、楽器屋さんでリタッチしていただく予定で~す。

20100701DSCF0817.jpg

しかしフィッティングって本当に微妙なもんですね。こうして文章にして自分で読んでもさっぱり意味わかりません。(爆)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    12:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/64-86944b35
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード