バイオリンと外宇宙の話 vol.2

仙台国際音楽コンクール

珍しく1日2回めの日記でーす。

合奏団の前回の本番でピアノコンチェルトを弾いてくださったソリストS氏が、仙台の国際音楽コンクールでファイナルに残っているよ、と、合奏団の団長からメールが回ってきました♪

ニャンと素晴らしい!(^^)

審査結果は土曜日の夜。
仕事中だったんですが、審査結果をTwitterで知らせてくださるボランティアの方のページを何回も確認しておりましたところ、三位入賞というニュースが飛び込んでまいりました!

Sさん、おめでとうございます~~♪

仙台国際音楽コンクールの模様は、全部こちらのホームページから見ることができますヨ。

Sさんがファイナルで弾いたのはラフマの2番ですが、セミファイナルで弾いたのが、われら楽団と一緒にやったベトベンの2番
おお~
プロオケと一緒だと、曲が違って聞こえます。(^^;)

しばし、ピアノ部門のいろいろな出場者の方のビデオを比較したり、聴き比べたりと楽しく土曜の夜を過ごしました。
その後、先に終了したバイオリン部門のビデオを聴いてみてびっくり。

予選、セミファイナル、ファイナルと、3曲とも協奏曲なんですね~!!(@o@)
すごく聴きごたえがあるというか、贅沢なコンクールなんだなあ。

予選は、私も以前弾いたことのあるモーツァルトのバイオリン協奏曲、3,4,5番のどれか一曲を選ぶ方式。
しかも、室内オケと、前奏を端折ったりすることなく、全楽章の演奏。

演奏スタイルも、トゥッティも一緒に弾く方式とか、カデンツァもいろんなバージョンが聴くことが出来ます。
それらがぜんぶストリーミング配信で聴くことができるのですヨ!!

学習者の方、ぜひ仙台国際音楽コンクールのホームページにGoですヨ!!
すごく勉強になるとおもいまーす!!

バイオリンの出演者の方のビデオを楽しんでいた中で、「おお、こりゃすごーい!」とkeroが思わずかぶりついた方がおひとり♪

乾ノエさんという日本とギリシャ国籍のバイオリニストの方です。この方、惜しくもファイナルに進めなかったんですが、最初のモーツァルトも、セミファイナルのパガニーニも、オーラ出まくり!!(^0^)

ソリストっていうのは、こういう方のことを言うんでしょうね~。
個性が強すぎて、コンクール向きじゃないのかなあ、ファイナルには進めなかったんですが(ぜひもう一曲聴きたかったんですが)、もうすっかりファンになってしまいました。

昔、ショパンコンクールで落選したので、かえって有名になっちゃったボゴレリッチみたいな人もいたなあ。(笑)

乾ノエさん、ぜひ生で聴きたいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:32 | Trackback : 0 | Comment : 7 | Top
Comment
2010.06.29 Tue 03:01  |  NO NAME #-
私もkeroさんと同じ視点で乾ノエの演奏に聞きほれていました。 ファイナルに進めなかったのが不思議です。調べてみると、彼は既に世界的にソリストとして活躍しているようですよ。
http://noeinui.com/biography?lang=ja
www.yca.org/downloads/electronicpresskits/INUI_NOE_EPK.pdf
6月9日のドイツでの批評
http://www.dewezet.de/portal/kultur/lokale-kultur_Seltene-Bravo-Rufe-und-italienisches-Glueck-im-Hamelner-Konze-_arid,245928.html
>>Noé Inui hat, erst 25 Jahre alt, eine aufsehenerregende technische und vor allem auch musikalische Reife erlangt,> (die eine große internationale Karriere erwarten lässt.)
乾ノエ25歳。彼はセンセ-ショナルな技術と特に<大きな世界的( Karriere)出世、が期待される音楽的な円熟に達している。
私なりに訳したのでご了承。


  [URL] [Edit]
2010.06.29 Tue 12:32  |  kero #-
コメントありがとうございます。

私は本業で絵の公募展の審査とか見てますが、すごくいいなと思う作品が一等賞・・・ってことめったにないですね。逆に本命が落選することはしょっちゅうです。どうしても、多数決で決めますからね~。(笑)
音楽もか~、って感じですが。(^^;)

でも、乾さん、聴衆賞に選ばれてますからね♪将来がたのしみですね!

ネットで見ると、ソロの他室内楽も力を入れてらっしゃるので、ぜひいっぺん生で見てみたいです。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2010.11.03 Wed 09:52  |  通りがかりの人 #-
hicbc.com : 第34回名古屋国際音楽祭 オープニング ...

... ガリアーノで情熱的な歌を奏でるノエ・乾、2009年のバイロイト音楽祭でのリサイタルが話題のモナ=飛鳥・オット。 ... 名古屋フィルハーモニー交響楽団. ヴァイオリン. ノエ・乾. チェロ. レオナルト・エルシェンブロイヒ ...
hicbc.com/event/nimf/about/34th/20100410/main.htm - キャッシュ
ぜひ生で聴きたいです♪  [URL] [Edit]
2010.11.03 Wed 11:47  |  kero #-
通りがかりの人さま、情報ありがとうございます!
名古屋じゃちょっと行けませんが、ノエさんご活躍なんですね♪
Re: ぜひ生で聴きたいです♪  [URL] [Edit]
2012.04.23 Mon 00:48  |  通りがかりの人 #-
http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/concert.cgi?action1=preview_category&category_check=8

■ スーパーコンチェルト日本フィルハーモニー交響楽団
2012年10月14日(日)
午後2時30分開演
東京芸術劇場
指揮 アレクサンドル・ラザレフ
ヴァイオリン ノエ・乾
チェロ レオナルト・エルシェンブロイヒ
ピアノ マリオ・ヘリング

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルジャーク チェロ協奏曲
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
S\8,000  A\7,000  B\6,000

http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/news.cgi
横浜定期演奏会 土曜日 横浜みなとみらいホール
◆【第281回】 10月13日
指揮:アレクサンドル・ラザレフ[首席指揮者]
ヴァイオリン:ノエ・乾
リスト:交響詩《プロメテウス》
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
プロコフィエフ:バレエ音楽《ロメオとジュリエット》
演奏情報  [URL] [Edit]
2012.04.29 Sun 00:55  |  音楽ファン #-
@StradTi ノエ 乾氏が参加するトリオ、ヴァン、ネストの(4月24日)ブルッセルでの演奏会になんと!!マルタ、アルケヴィッチとミッシャ、マイスキィーが聞きに来ていた!facebook.com/NoeInui bozar.be/activity.php?i…
Twitterより  [URL] [Edit]
2012.05.02 Wed 20:31  |  kero #-
音楽ファンさま、こんばんは~。
乾ノエさんの情報教えて下さってありがとうございます!
やっぱりあの仙台のコンクールで「只者じゃない!」と睨んだだけのことはありましたね。(^^)
今後のご活躍が楽しみです!
Re: Twitterより  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/63-1e78ba3a
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード