FC2ブログ

コレルリのクリスマス協奏曲

合奏団練習
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495
●ヤナーチェク/牧歌

今日はいつもの指揮者先生はお休みで、コンマス氏が指揮してくださいました。
しかし、その分ファーストバイオリンが人数少ないってことで・・・。(^^;)

ヤバイ!と思ったときには、必ず助っ人が入るジンクスの我が合奏団。(爆)
いつものトレーナーの方以外に、もうお一方エキストラの方が来て下さり、なんとかなりました。あ~、良かった~。

さてさて、全曲練習するはずだったんだけど、ヘンデルとコレルリで時間を食い過ぎて、残りの2曲はちょっとしか出来なかったと言ういつものパターンでした。(爆)

モーツァルトは、ソリストの方が来たらそればっかりになりそうですから、一日くらい「ヤナーチェクの日」をもうけないと、ややヤバイような気が。(^^;)

モーツァルトは、セカンドバイオリンがかなり難しいんですよね。ヤナーチェクもそうだけど、ある程度個人練習をしてこないと、合奏レベルでは出来ないことも多いので、難しいんですよね。

例によって練習後冷たくて泡のたつ飲み物など飲んで、そんな話をしていたところ、コンマス氏トレーナー氏が「実は合奏力を一番問われるのはコレルリだ」という意見を。

ヒョエ~。( ̄ω ̄;)
そうなんでしょうか。
確かに、トゥッティが入るとき、揃ってカチン♪と入らないと様になりませんよね。おまけに、超有名曲だし・・・。

初心者の合奏会でも気軽にやってたコレルリですが、なるほど、実はむずかしいのか。(汗)
トゥッティで「カチン♪」と揃って入れるように頑張りマース。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード