バイオリンと外宇宙の話 vol.2

10年目のまとめ感想編 その2

2.元ピアノ少女の功罪
~音程とボウイングセンス~


私の年代は「女の子はピアノ習わせる」が流行った時代。山のようにいる、元ピアノ少女。(笑)
元ピアノ少女が弦楽器をはじめるにあたっては有利なこともありますが、ここでは逆に「罪」のほう、自分の反省点を述べてみたいと思いマース。

まずは、音程についての大変な誤解です。

習い始めた最初の内だけは、「音程良いですね~」なんてほめられてたもんですが、実はそれはあくまで「初級の音程」。

音程の精度がバイオリンの場合はもうとてつもなく細かくて、ピアノ的発想では全然だめなのでした。初心者の良い音程と、中級者の良い音程、上級者の良い音程と、音程も育っていくもんなんですね~。

純正律とか平均律とかの話は他所で皆様なさってらっしゃるので、ここでは触れませんが、ある音を「低めにとった方が綺麗」とか、「重音の時は少し二つの音を離して取る」とか、ピアノではありえない感覚的な音程が必要になってまいります。かつまたそれが、ほんのコンマ1ミリの問題だったりしてね・・・。

以前の先生に言われたことですが、「音程は、諦めないことが一番の上達法」。
つまり、「まあこんなもんだろ」とか諦めないことが大切だそうです。うーむ、いい加減なアタシがいつまでも音痴なわけだ。耳に痛いです。(爆)

さて、次にボウイングについてです。

バイオリンは右手が重要と、頭ではよ~くわかっていても、どうしても夢中になって弾いている時に「意識の大半が左手に行っちゃう病」にかかります。

左手で指板の、正しい音程を押さえたことで安心してしまう。
極端に言うと、右手はあたかも、オルガンを弾く時のフイゴのような感覚なんですね。

新しい曲を譜読みする時なども、「まず左手で音程を合わせられてから、右手の事を考えよう」みたいな意識がどこかにありました。
これはある時、先生に「ボウイングは譜読みの最初から気をつけないと、癖になり直らなくなりますよ」と指摘されて、ハッと気づきました。

この話をプロの方にすると、「信じられない!自分は、音出しは、必ず脳内で右手と左手がセットになっている」とおっしゃいました。もちろん、幼少のころからバイオリンを弾いている方ですから、脳内にインプットされてるんでしょうねえ。

「音出しは右と左でワンセット」
いや、もちろんわかっちゃいるんですけどね~~。(^^;)

しかも、これだけ左手のこと考えてる割にはビブラートが全然イマイチなのが大いに笑えますが・・・。

さて、次は「音色音痴について」です。

keroをはじめとして、大人から始めたいわゆる「レイトスターター」の方の多くは、「音色面がイマイチ」なんて言われるようです。

しかし、大人から始めた初心者なのに、びっくりするような良い音出してらっしゃる方をわたしは何人か知っております!
もちろん、大人から始めた方が何年も弾いていれば、皆さん上達して音も良くなるのですが、ここで言っているのは、始めて半年未満とか、1年未満レベルの話です!(◎_◎)

わたしは、バイオリン歴1年未満の時から、ネットでみつけた初心者のアンサンブルに無謀にも参加してました。そのアンサンブルは毎回いろいろな方が入れ替り立ち替りいらっしゃるので、顔だけは広くなったんですよね。(笑)
で、いろいろな初心者の方と一緒に演奏する機会がありましたが・・・いるんですよ!「最初から」すごーく良い音で弾く方が!(小学生の時にやっていたとかナシですよ~。)

おそらく、上記に書いたような、右手と左手の関係をわかって練習している。また、自分の出したい音のイメージが最初からはっきりしている。これが、ボウイングセンスなのでしょう。

「大人から始めたから」なんて、言い訳をしてはいけないですね、自分。なんとなく弾き散らかしてると、いつまでたっても音良くなりませよね~~。(^^;)

アタシはセンスが本当にナッシングなんですが、とにかく右手右手と唱えつつ、美しい音を目指したいと思います。(思えば、今まで10年間の日記もこう言い続けていたなあ・・・。しかし、これからあとの10年間も、同じこと言い続けている気もしますが。(爆))

さらに続く(予定)。(^^;)



3.絵描きと音楽
~印象派? 理系? 文系?~

4.音楽性ってなんでしょう
~オケや合奏団に入ろう!プロのソリストの素晴らしさ~

5.近道はないみたいである
~いかに楽しく続けるか~



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    19:09 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
Comment
2010.01.08 Fri 23:25  |  mari #3UcTevKk
はじめてコメントさせていただきます。
毎回keroさんの楽しい話題とヴァイオリンよもやま話が大好きで
いつも楽しく読ませていただいてます。
今回の10年を振り返った話、まさしく!という感じで思わずコメントしてしまいました。
私は途中ブランクありつつ合計8年くらいのヴァイオリン歴なんですが
keroさんの弾いてらっしゃる曲が目標の曲だったりして、いつも
教わることだらけです。
それに読んでて目からウロコ。
音程も育つ~などは、はっきりとは思ってませんでしたが納得。
精度?つきつめるとやっててもますます嫌になってくんですが
やっぱりどんどん深くなっていくんですね~。
今は泥沼状態の右手に試行錯誤の日々なんですが、
お話にある右と左でワンセット、というのにビンゴです(;・∀・)
これからの記事も楽しみにしてます。
はじめまして  [URL] [Edit]
2010.01.09 Sat 09:06  |  管理人kero #KyOwEUhE
mariさん、コメントありがとうございます!
mariさんのブログを見たら、いつも読んでいるブログだったのでびっくりです!(^0^)
さっそく勝手にリンクさせて頂いちゃいました!これからもヨロシクです!

右手で悩んでいる仲間がいて、こころづよいです!

精度・・・たしかにつきつめるのはしんどいですよね~。
しかし、しかし、やらないと、いつまでたっても素人くさい感じなんですよね~。(^^;)

これからも楽しくバヨリン談義しましょうね~
はじめまして♪  [URL] [Edit]
2010.01.09 Sat 17:35  |  蛍子 #-
お久しぶりです。今年もよろしくお願いいたします。
始めた時期が一緒で「初心者同士」のはずだったのが
あっという間に先へ先へと進んで、もうブルッフですものねー
ほんとうにすばらしいことですが、うらやましすぎます。ずるいー
私、コンチェルトなんてまだ一曲も弾いていません。
音階とほんの少しの練習曲で10年目になります。

音色音痴、うなずいてしまいました。大人から始める楽器ってどうしてこうなるんだろう?
といやになります。おっしゃるように最初から初心者離れした音の方も
多くいらっしゃるけれど、私と同じ悩みを抱えている人も多い気がします。
考えているつもりでも思ったとおりの音にはならないのですよね。
ヴァイオリン(子供時代にやった)のほうは右手をこうすればこうなる、
というのが漠然とわかるのですが大人チェロはもうちんぷんかんぷんで・・・
頭で考えてがんばるしかないですよね。。。ふぅ。

いつかブルッフ聞かせてくださいね♪
すごいです!  [URL] [Edit]
2010.01.09 Sat 18:23  |  管理人kero #KyOwEUhE
おお蛍子さん、お久しぶりです~(^o^)

ブルッフは、習ってるだけで宴会芸にもならない出来です。(^^;)
が、やはりロマン派の初コンチェルトなので、すごく勉強になりますよ~。

音色音痴、ほんとに悩ましいです。
蛍子さんの場合は弦楽器は子供の頃からやってらっしゃるから、右と左で同時に・・・というのはきっと感覚がつかめてらっしゃるのでは?でも、バイオリンとチェロだと、弓の持ち方とか違って大変ですよね~~。

ブルッフは、聞かせたいのはやまやまですが、2楽章練習しているうちに、すっかり一楽章を忘れちゃいました~~!(; ̄∇ ̄A
  [URL] [Edit]
2015.10.06 Tue 21:15  |  どりあーど #-
はじめまして。私は学生オケでヴァイオリンを始めて、就職してから数年後に先生につきmy楽器を買い‥結婚・出産のブランクの後に子育てしながらボチボチ再開しているアラフィフの者です。
昨日たまたま目にしたkeroさんのブログに引き込まれ、一気に読んでしまいました。
楽器を始めてからの歴だけは長くなってしまいました‥しかし!中身はまったくです。結婚前に弾いていたレベルよりもはるかに後退しています。はやり練習をしなくては駄目ですね‥。

ところで、このピアノの功罪、とても納得したので、ついコメントを書きたくなってしまいました。
かくいう私も5歳から中学までピアノを習っていました。高校時代はギターをかじり、大学で待望のヴァイオリン、と相成ったわけです。
ピアノをやっていたからだと思うのですが、小節の頭だろうが最後であろうが、弓を無視して音取りをしちゃうんです。まず音が合っているかが気になっちゃう。
ヴァイオリンの音とは、「合っているか否か」ではなくて、流れの一つなんですよね。ここを拝見してやっとそのことが言葉になりました。
あと、ピアノの音は勝手に減衰していくので、休符を無視してしまう訳です(だからピアノもものにならなかったのですが‥だって、プロのピアニストはきちんと小節の頭だとか給付を意識して弾いていらっしゃいますから)。
私の場合、ヴァイオリンの事始めが合奏だったので、GPなどで休符の大切さを知らされました。
得したこともあるけれど、足を引っ張られることもあります‥。
やり直せるのなら、どの順が良いのかしら?
一長一短なので、keroさんのように良い点悪い点双方をよく考えるしかないかもしれませんね。
また、お邪魔します。(あ、楽器を買ったころ、私は新丸子に住んでいました)
遅ればせながら‥  [URL] [Edit]
2015.10.08 Thu 17:04  |  kero #-
どりあーどさん初めまして!
だいぶ昔の記事に反応して頂きありがとうございます〜(^_^)

私もちょっとサボり気味の時とか、他の趣味にはしったりとか
15年やっていても波あり谷あり。
学生オケで始められた方はお上手な方多いですよね〜。

休符とか音の長さを無視しちゃうのは確かに…
あと、オケにはいったら「休符を数えられない病」っていうのもあるのがわかりました。
だってピアノで長い休みなんてないんだも〜ん。(^^;

どうぞリスタート活動がんばって下さい!!
私ももう少ししたら合奏かオケか復帰しようかなともくろんでます〜。
お互いがんばりましょう!!
はじめまして!!  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/6-d0996d88
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード