FC2ブログ

マーラーのアダージェットですよ

少しずつ暖かくなってきましたね〜。
コロナも第3波が収まりつつあり、ワクチン接種も始まって、少しずつ世の中も明るい方向に行ってる…感じ?

さて、1月はコロナでお休みだった東京方面のアンサンブルが復活しました〜!\(^O^)/
12月も私用で休んでしまったので、2ヶ月ぶりです。
こちらはモーツァルトのK.421のセカンド弾いてるんですが、今回ほぼカルテットメンバーの人数でセカンド私一人だったので、結構大変だったのでした。
練習サボってたから忘れてるところたくさんあったしね〜

だけど、セカンド全曲弾くのすごく新鮮!!
例の4楽章の難所のバリエーションのところもそうだけど、最後の最後の終わりのところなど、セカンドがすっごく美味しいところなんだよね。(ファースト弾いてた時は気づかなかったです)

どのパート弾いてもホンマにいい曲だあ〜〜〜



あと、2楽章とか4楽章のところは「二人で部屋で対話しているイメージで」と指導を受けました。

前にこの4楽章のところは路傍に咲く小さい青い花と自分は書いたけれど、要するに声高に悲しみや喜びを叫ぶのではなく、モーツァルトと奥さんが部屋で対話しているようなイメージでということです。
ふむふむですね。

さて、ご近所のアンサンブルの方では、なんと!
新曲でマーラーのアダージェットをやることになりました〜

チェロ嬢が「憧れの曲」と仰ったので、ヨッシャ〜やるかあ!と選曲相成ったのですが、これ、昔やったとき本当にわけわからなかったなあ。(確かセカンドだった)
まあその頃に比べると譜読み能力向上してると信じたいですがw

確かハープが入ると少しカウントしやすくなった記憶があるけど、弦楽合奏で、しかもほぼカルテットなみの少人数ではたしてちゃんと形になるのだろうか。
未知数ですががんばります〜。

CDと一緒に弾いてみたけど、バーンスタインみたいにスローテンポだと全然わからんです(爆)
↓はサクサクテンポのアバドです。
その中間がカラヤンって感じですな〜


コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード