FC2ブログ

ヘンデルの合奏協奏曲

最近行き始めた、もう一つのアンサンブル。
1月はいろいろやることがあってお休みしていたのですが、今回やったのはヘンデルの合奏協奏曲。



実はこれ、初心者合奏団で一度弾いた記憶があります!
しかし、こんなにいい曲とは思わなかったなあ(笑)
やはりアレですかね、自分のパートで精一杯で人の音を聴く余裕がなかったの巻ですかね。
その時どういう形で弾いたのか記憶にないんですが、ソロバイオリン2本のからみとか、トゥッティの入りとか実に美しい〜。
しかも、ちょっとしたところで快活から鬱に入るようなところもあり。
面白いです!

で、最初はトゥッティを弾く予定だったのですが、お休みが出たので急遽セカンドのソロ弾いてと前日にメールが届きました。(汗)
あと、こちらもセカンドと言われて安心していたハイドンの弦楽四重奏曲、ファースト弾いてと(汗)

ハイドンは第2番op.2という、初期の作品です。



初期カルテットとは言えハイドン先生、ファーストばっかり難しい!っていうか、この曲の場合は細かいんですよね〜

というわけで両方練習不足で臨んだアンサンブルですが、結果楽しく弾くことができました!
ハイドンは初期の曲だから少し物足りないところもあるんだけど、ヘンデルの合奏協奏曲、すごくいい曲だなあ。
ヘンデルはバイオリンソナタも綺麗だなあと思うんだけど、この合奏協奏曲シリーズ、コレルリとかともちょっと違って大変おもしろい。

まだまだお宝が埋まってる弦楽合奏の世界。
死ぬまでに何曲弾けるか、楽しみです(^^)

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード