FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

バイロイト音楽祭2019 ワーグナー 「タンホイザー」

この前の日曜日の深夜、今年のバイロイト祝祭劇場での新演出・タンホイザーを放映してました。
ゲルギエフの指揮ということで前から楽しみにしていたのですが、演出がトビアス・クラッツァーというトンデモ演出のかたなので、どうなることかハラハラドキドキだったのです。

が、これが本当に面白い演出で。いや、もちろんトンデモ演出だったのですがw、去年放映されたローエングリンとかトリスタンとイゾルデとかが「ハア?」としか言いようがない演出だったので、このタンホイザー久々の私的大ヒットって感じです。



出だし、ヴェーヌスブルグの音楽に乗ってシトロエンで疾走する4人組

Tannhauser1.png

Tannhauser2.png

何でも「移動式サーカスのメンバー」だそうで、タンホイザーはピエロの格好をしてます。運転手&座長はパンクな格好のヴェーヌスなのね。

ここで、原作にないキャラが二人登場。
ブリキの太鼓の小人オスカルくんと、黒人のオネエ、ドラッグクイーンのル・ガトー・ショコラちゃん。
ちなみにル・ガトー・ショコラは役名だけでなく芸名でもあるそうです!

道中色々あって、何もかも嫌になって逃げ出したタンホイザーは、気絶しているところを自転車に乗った牧童(笑)に助けられ、なんとバイロイト祝祭劇場に連れてこられます。
どうもタンホイザーはじめヴォルフラムもワルターも、すべての登場人物はこのバイロイトで働く歌手たちらしい。
ここで、この演出は「メタ・歌劇」とか「メタ・タンホイザー」とか、「バイロイト祝祭劇場の物語」だということがはっきりするという仕掛け。

タンホイザーを追いかけてきたヴェーヌス、オスカルくん、ショコラちゃんの3人が劇場に到着して第一幕終了。

いやね、夜ふかしするつもりなかったんだけど、一体これからどうなるんだろうとワクワクし、つい最後まで見ちゃいました(笑)

このメタ・シアターの演出は2幕目で最高に発揮されます。



幕が上がる前からステージに白いフレームが作られています。その上のスペースで楽屋裏で起こっていることを同時に白黒の映像で流す仕掛け。

Tannhauser3.png

舞台下部(白いフレームの中)では歌手が今現在リアルタイムで演じているのですが、実はそれは演じられた役=虚像であって(白いフレームはテレビ画面の枠のように感じられます)、実は歌手の本当の真実は上に流れる白黒の映像(もちろん過去に収録したもの)という。

Tannhauser4.png

追っかけてきた3人組、開幕ラッパを吹くあのベランダからはしごで侵入(笑)
ワーグナーの革命時代のスローガン「欲する自由、行動する自由、楽しむ自由」という標語をベランダに掲げます。

で、なんと現地観劇された方の話によると、2幕おわって休憩で外に出てくると、実際にベランダにはしごと標語が掲げてあったそうな!
中庭の池ではオスカルくんとショコラちゃんのパフォーマンスもあったそうですよ〜。
まさにまさに、メタ・シアター!!

Tannhauser5.png

2幕途中、タンホイザーがキレて他の歌手と本気で喧嘩をおっぱじめる所から実像と虚像が入り混じります。
ヴェーヌスの歌とともに3人組が登場!
ヴァルトブルクとヴェーヌスブルグがなんと一堂に会するという快挙(笑)

Tannhauser6.png

舞台上が大騒ぎになったところで、なんとカタリーナ・ワーグナー登場。(ワーグナーのひ孫さんで現バイロイト総監督)警察に110番。
タンホイザーはローマならぬ駆けつけた警察へしょっぴかれていきます〜。



3幕目はだいたいどの演出見てもダレるところなんですけれど(合唱くらいしか動的なドラマがないためか)、この演出ではブリキの太鼓のオスカルくんが歌わない役ながら「傍観者」として、そこに起こる静かなドラマを冷静に見つめ、あるときは登場人物に同情し、共に悲しみ、感情を増幅すべく機能していて大変効果的でした。ブリキの太鼓の映画でも、オスカルくんは歴史の傍観者でした。

全体的に、単純に演劇としても面白く、演奏も良かった。
といっても、最初は演出ばかりに気を取られて演奏まで気が回らなかったんだけどw

随所に笑いも盛り込まれていて、例えば巡礼の合唱・バイロイト詣のお客さんが暑いのでパンフレットでパタパタ仰いだりw(開演前の客席の皆がやっていたこと)、舞台裏でショコラちゃんがティーレマンの写真の前でうっとりしたりw(観客は大爆笑)

なにより奇抜に見えてしっかり音楽に合っている、音楽を疎かにすることがないあたり素晴らしいと思います。2回見て、よく練られた演出だと確信しました。
このクラッツァーさん、別のところでも以前タンホイザーやっているそうですが、今回はバイロイトで上演することを意識して全面的に変えてきたのですね〜。

しかし、3幕目の最後のライトが消えるとブーイングとブラボーが半々くらい(笑)
特にゲルギエフと演出スタッフはブーイング多かったですね。
ゲルギエフは直前にお母様が亡くなられて、初回はキャンセル、2回めから振ったらしいです。準備不足だったのかな?
それはともかく歌のない演技だけのショコラちゃんにブーイングが出たのはひどいと思ったなあ。だって、演出家の言うとおりに演技しただけじゃんね。

この演出に一つ難があるとすれば、オリジナルを知らなくてはパロディーは成り立たない(コンテキストが紐付けられない)ことかな。
初めてタンホイザーを見た方には、何が面白いかさっぱりわからないかもしれないです。ブリキの太鼓のオスカルくんもそうかもしれない。ま、そんなに歌詞とも乖離してない演出だとは思いましたがね〜。

バイロイト、NHKプレミアムシアターで毎年一つはやっていただけるので、5本に1本はこういう名作に巡り会えてうれしいです。
ぜひ来年はリングの新演出を4晩連続で〜!(難しいかな?)
    14:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/524-8d8791fc
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード