FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

氷上の王、ジョン・カリー

めったに映画の前売り券なぞ買わないでその場の気分で映画館に飛び込む派なんですが、これはしっかりムービーチケット購入済みです!



インスブルック五輪男子シングルで金メダルを獲得したフィギュアスケーター、ジョン・カリーのドキュメンタリー。

実は昔から興味があってYouTubeで見ていました。
今はフィギュアは男子シングルでもバレエの影響を受けた人たくさんいるけれど、カリーがその先駆者だそうです。

初めて見たときはポジション重視のスローなスケーティングが新鮮で衝撃を受けました。
新採点法になってからは、SS(スケーティングスキル)を稼ぐために、どんなスローな曲でもびゅんびゅんスピードつけて滑る人増えたのではないかしら。
音楽の緩急とスケーティングの緩急が芸術的に調和しているカリーのスケート。現在の採点法だとどのように評価されるのか興味あるところです。

そして、この映画の字幕・学術監修が我らの町田樹さん!!

以前「KISS&CRY」という雑誌の「プログラムという宇宙」という連載で、町田さん一番最初にカリーを取り上げてます。
この映画のプログラムにも解説書いてるそうで。
コロリと釣られてムービーチケット買いましたw

↓のカリーの作品「牧神の午後」ですが、最後のへん、9分2秒のところ、アラベスクで片足で前に進み、エッジワーク?重心の変化?のみで後ろに進むというところがあります。



これ、町田さんの最後の作品「人間の条件」の冒頭、黄色いライト(町田さんによるとヤコブの階梯)に照らされて同じことやってますよね!



カリーは幸い映像が豊富に残っているので、いまでも私達みることができるけど、映像へのこだわりのようなところも我らが町田氏、カリーの影響を受けてるんでしょうね。

↓こちらに町田さんの最新のインタビューがあります。
カリーの映画についても語ってます。

町田 樹というミステリー ――現役引退後の変化と幸せ、フィギュアスケートへの醒めない愛と夢

これだけの内容、タダで読めるのもったいなさすぎ!ってくらい良いインタです〜。
映画は5月31日公開!
今から楽しみです。
Tag : 町田樹 
    15:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/508-a25e465e
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード