バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ファーストバイオリンとセカンドバイオリン

4/18 弦楽合奏団練習
●ヘンデル/オン・ブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●ヤナーチェク/牧歌

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

コンサートの曲も決まり、今日から本格的に練習始動です♪
まだ1時前なのに、各パートしっかりスタンバって勢ぞろい!皆やる気まんまんです。(^^)

さて、私keroも慣れないファースト2プル席で弾かせて頂きました。
どうなることか・・・と思いましたが、コンマス氏とトップサイド氏のしっかりした演奏に導かれ、セカンドよか楽!!でした!!あ、もちろんまだまだ練習しないとダメですが・・・。

今回の曲は、そんなにファーストセカンドの難易度の差がないですからね~。
ハイポジションがやたら出てくるコンチェルト並みの曲だったら別かもしれないけど。セカンドバイオリンだと右のファースト軍団、左のびよら軍団に挟まれて「え?どっちに合わすんだっけ?」と悩んだり、出る所と控える所を間違えたりとか・・・。

なにかと気苦労の絶えぬパートです。(爆)

伴奏ばっかりかと思いきや、たまに単独でメロディーあるから、そういう時はファーストと同じように歌わなきゃいかんのですがね。ついつい人の顔色をうかがう癖が付いて離れなくなったりとか。以前も指揮者氏に「伴奏ばっかり弾いていて魂が抜かれちゃったみたいだ」なんて屈辱的なこと言われたりするし。(爆)

セカンドの方がいろいろ芸が必要ですよね~。

音域が低いから、初心者の方は最初はセカンドってことが多いけれど、それは決してセカンドの方が易しいわけじゃないんですよね~。プロオケでも、ベテランさんをセカンドに配置することが多いそうですヨ。

でも、セカンドばっかだとハイポジションの弾き方忘れちゃったりするからなあ。(^^;)やっぱり、シーズンによってファーストとセカンドを交互にやるのが理想ですよね♪

今日の練習ではヤナーチェクは時間切れでちょっとだけでしたが、ヘンデルとコレルリをしっかりやりました。

バロックって良いですよね~~!( ̄∇ ̄)/

クリスマスコンチェルトは別の合奏の会でも何回かやったことがあるけれど、チェンバロ付き、立派なソロ付きで演奏できるのがスゴク楽しみです!!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    11:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/40-d40307b2
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード