FC2ブログ

シュターミッツとプッチーニ

中耳炎はなんとか治ってきました♪(良かった〜)
しかし、あまりにフィギュアスケートに燃えすぎて、ソチ・ロス症候群にかかりぎみ。
何を楽しみに生きていきましょうかあ〜〜って感じですが、そろそろバイオリンの練習も平常運転に戻らなくちゃね!!(爆)

1月はちょっと練習したら痛くなって、休んでまた弾いて・・・という感じですが、2月に入るとほとんど痛みを感じなくなってきました!ヽ(=´▽`=)ノ
そろそろ普通に練習しても大丈夫そうデス。
オリンピックも終わったことだし。あとの気がかりは青色申告ですけど、それさえ終わればちゃんと練習しまーす!
バイオリンって、やっぱり練習しないと退化するなあと感じる今日このごろでした〜。

さて、日曜日は月1〜2回練習のご近所のアンサンブル会に行って来ました。
このアンサンブル会ではなぜか、「カール・シュターミッツさん」が大ブーム!

シュターミッツって人、同じ時代に3人位いるらしいですが、カール・シュターミッツさん、この方です。

なかなか音源や楽譜が少ないのですが、アマチュアでも合わせやすく、ハイドンか?モーツァルトか?てな縦線わかりやすい古典派で、なかなか弾いてて楽しいです〜。

これまで弾いたのは・・・
シュターミッツ/弦楽四重奏曲op.22第2番
シュターミッツ/弦楽四重奏曲op.22第4番
シュターミッツ/弦楽四重奏曲op.22第6番

団長が楽譜ゲットしたカルテットを先月から3曲くらい弾き比べているのですが、どれも楽しいです♪

探したけど、どの曲もYouTube等で音源は見つけられませんでしたが、合わせてみればすぐに、どんな曲だかわかる!(わたしたちでも)

モーツァルトのような「色っぽさ」はないんですが、良いですね、シュターミッツさん。
なんでもフルート界では有名な作曲家だそうで。

しかし、ハイドン、モーツァルト、シュターミッツと続いて古典派ばっかり。
たまには違う傾向の曲はどうかと思って、プッチーニの「菊」という曲を推薦しちゃいました!!



↑これは弦楽四重奏版ですが、弦楽合奏でも演奏する曲。
いちど弾いてみたかったんだよね〜!こういう地味で暗い曲大好きなのです。(笑)
弦楽オタクのココロをつかむ曲想です!

こちらのアンサンブル会ではロマン派初挑戦になりますが、たまには良いですよね!( ̄∇ ̄)/

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード