バイオリンと外宇宙の話 vol.2

顎あてカバー新調

大人からバイオリン始めた方は、多くの方が肩当て、顎あてなどいろいろ工夫してらっしゃる方が多いみたいですね〜。

わたしkeroも、肩当てこそKUNに落ち着いてますが、顎あて変えて3つめデス。

IMG_2894.jpg

以前は喉にアザが出来ないようにストラッドパッドとか使ってみたりしたんですが、アタシのアザと痒みの原因は、金属アレルギーとか押し付けすぎとかじゃなく、単に汗っかきなせいだとわかりました。(爆)
汗でふやけた状態で長時間ものを押し当てているので、夏にお喉のアザが悪化するんですよね。
いや・・・アタシは汗っかきだから、冬でも、ですが・・・。

皮膚科で頂いた薬を痒くなったら付けることで、最近は随分症状がラクになりました〜。

顎あてを今のコレに変えてから、いろんな方のブログの記事を参考にさせていただいて、ここ2,3年は自作の「顎あてカバー」を作って使ってます。
これが、なかなか便利なので、同じように超・汗っかきの方の参考になるかと思い、ご紹介しまーす。

IMG_2900.jpg
2年間使って、さすがにヘロヘロになってます・・・。(^^;
で、今日新しいのを作ろうと思って2つほど新作(笑)をつくったわけ。

ハンカチで顎あてカバーを作っている方もいるようなんですが、わたしの場合は「喉が痒い時はハンカチでも刺激があってつらかった」「汗の吸水性が良い」ということでセーム革を使ってます!
(ハンカチよりも吸水性が良い!驚きの吸水性ですよ〜)

IMG_2892.jpg
こちらが材料のセーム革のハンカチ。
入手先はこちらです!

で、このハンカチの上部を二つ折りにし、矢印のところを糸で縫います。
IMG_2893.jpg
ハンカチの下のところにハサミで穴をあけます。(革だからカガリ縫いとかしなくてすみます〜♪)
で、そこに太い輪ゴムを通します。

IMG_2896.jpg
このように顎あてに引っ掛けて・・・

IMG_2897.jpg
裏にゴムで引っ掛けます。

ハンカチより薄くてお肌に優しいのに、吸水性も充分あり、楽器をおろしたり上げたりするときも外れない!
オケの時も、面倒くさくない!!(^O^)

汚れたらぬるま湯で石けんで洗います〜。
少しずつ伸びてへろへろになったり、洗いたては感触が硬くなったりするけれど、モミモミすると元に戻ります。
ハンカチでも刺激があるくらい、お喉のアザが痛い方はぜひ!お試し下さいませ〜〜♪

もしかするともっと良い素材があるかもしれないので、アイデアのある方はご教授ください!(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/316-3b015787
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード