FC2ブログ

クロイツェル41終わりました

暑さ真っ盛りの真っ昼間にレッスンに行って来ました。

さてさて・・・
クロイツェル41・・・・・・
なんと・・・
終わりました〜っ!!!!
(^0^)(^0^)(^0^)

しかし、終わったといっても我ながらヒドイ出来です。
進歩ナッシングだったんですが、先生ので終わらせていただいたようなものですワ。
しかしまあ、あと半年やってもこれ以上弾けるようになるとは思えないし、神様ホトケ様、お許し下さい〜〜!!って感じです。

でも、41番のおかげで、今までよりは指が開くようになった気が・・・。
左手の親指の位置に注意する点など、大変勉強になりました。
二度と弾く気にはなりませんが。(爆)

次はついにクロイツェル最後の曲、42番。
もちろん、重音だらけの曲です。(^^;)
↓の方、最後にツマヅイて惜しい〜って感じですが、お上手ですね〜。(学生さんかしらん)



さて、次はバッハ無伴奏、サラバンド。
前回教わったボーイングと表現に加え、さらに追加で細かいところを教えて頂きました。

この曲って奏者によってかなり弾き方違うんですよね。ボーイングも。
先生に教わったのは「マッタリ、サッパリ」って感じでした。(えーつまり、ロマンちっくなところもあるけど、切るところは切る・・・みたいな感じ???)

こちらも次の曲を見てくるようにとのこと♪
1曲めから見ていただくことにしました。

このシャコンヌの入った曲集のパルティータ2番、
1.アルマンド 2.クーラント 3.サラバンド 4.ジーガ 5.シャコンヌ(超有名曲)
・・・・
という構成です。
シャコンヌはアタシなんかが弾いていい曲とは思えないんで、さらに修行を積んだあとになることでしょう。(そんな日が来るか?来るのか?って感じですが・・・)

1,2,4の曲はほとんど単音。重音少なくて、今までの苦労を思えば
超楽てぃん(ルンルン)♪で〜す!!(^0^)
そうは言ってもちゃんと弾けるわけじゃないんですがね。
重量比およそ2分の1くらい気が軽いです。(^^;)




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード