バイオリンと外宇宙の話 vol.2

次はバッハのサラバンド

今日のレッスンはかなーり練習不足でした(^^;)
最近、こなすべき曲が多すぎて、どこに焦点を持っていくか考えるだけで練習時間が終わっちゃいます。(爆)

ともかくクロイツェル41がヤバイのはよくわかっていたので、こちらは少しでもマシになるよう練習しました。
しかし・・・
ようやく、個々の重音の音程が合ってきた・・・というレベルで、それをつなげて音楽になるという領域には達してません~。しかも、1つ1つの重音を弾く時に、まだ「これ、この指だっけ!?なんだっけ!?」と考えてから弾いてるという・・・(T.T)

もう少し音楽らしく流れなくては!
ということで、もう一回クロイツェルは41番です~。

音階、クロイツェルをやっている時、先生に「音が暴れないように、弓を持つ人差し指で弦をぴったりなぞるように」と言われました。
今まで弓と弦、弓を持つ指の関係がイマイチ掴みづらかったのですが、なんかこの一言・・・
効いた~~!!って感じです。(^0^)

10年以上やってるけど、ボーイングってやっぱり難しいですよね~。

「お花見ソナタ」のモーツァルトK.301 。

こちらは今回2楽章までの課題だったので、2楽章の譜読みに夢中になるあまり、1楽章がオロソカになったという、よくあるパターンになってしまいました。(汗)

ゆえに、1楽章はつっかえつっかえだったけど、2楽章は気持よく弾けました~♪
しかも、先生がピアノパートを弾いて合わせて下さったし。(^0^)

モーツァルトは来週1,2楽章を通して仕上げにしましょうということに。

次の曲は?と聞かれて、バッハのパルティータ2番をお願いしました。
一番最後にシャコンヌがある曲ですが、シャコンヌ以外の4曲を、です。(笑)シャコンヌはもちろん、死ぬまでには弾きたいですけどね~。

パラパラと楽譜を見ていた先生、3曲目のサラバンドのところで目を止めました。
「これは、今やっているクロイツェル41の成果が出る曲ですね!」

おおお!!( ̄□ ̄;)
そうか、そう言われれば重音、似たパターンが多いです。

「せっかくだから、このサラバンドを一番先にやりましょうか?」
(おおお!!(@o@))ハイ、やります!そうします!!」

・・・というわけで、次回はバッハ・サラバンドでーす。
しかし、よく考えてみたらクロイツェルと曲、ダブル重音になっちゃったよねえ。(; ̄∇ ̄A
クロイツェルほど沢山重音ないからいっか~。
それに何と言ってもバッハ様だし。モチベーションはあがりますよ~、そりゃクロイツェルよりも!



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/259-337dc137
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード