FC2ブログ

フランク2楽章

レッスンでした~。
今週は、この前の老人ホームコンサートに、レッスンに、オケGP、本番、更には日曜日には合奏団のソリスト合わせ・・・・・
と、真っ青になるようなスケジュールですだ。

さてさて、クロイツェル38番です。
家で練習してた時はかなりいい線行ってた(と自分では思ってた)のですが、やっぱり先生の前だとキンチョウするのか、出だしっから「ギコ」って言わせちゃいました。(汗)

クロイツェル38

この課題は全曲「P」。重音でも滑らかにスラーが課題ですからねえ。「ギコ」は禁物です。
ただ、通して弾いてくと、最後の方は力が抜けていつもどおりに弾けました。

もう一回出だしから弾いてみてと言われ、一段目を弾いてみますと・・・
「まるで別人が弾いてるみたいですよ」とのお言葉。
ハア~。(^^;)
出来る時とできない時の差が激しいのがアタシです。

最初の一段目をしっかり練習してくるようにと言われ、38番もう一回です。トホホ。

さて次は最愛曲フランクの2楽章♪
今日は主に、譜読チェックと指番号で弾きにくいところをどうするか、ボーイング等を教えて頂きました。

転調がハゲしく、音程もイヤらしいフランクのソナタ。や~~っぱりありました。2ヶ所ほど読み間違い。

あとは練習して音程をニャンとかすることですね~。
総じて、ハゲしくフォルテッシモな時に、伸ばした音が減衰しないように注意されました。
この前までバッハやってたんで、こうゆうのって超久しぶりです。

だけど、一番ややこしいところさえ何とかすれば大丈夫そう。指番号変更を頭にたたきこまねば・・・。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード