FC2ブログ

バッハ、まだ続きます。

昨日の今日でちょっと二日酔い気味ですが、レッスンに行ってきました~♪

クロイツェル37番のバリエーション、重音だらけなんですが、身体がアルコール濃度のせいか硬くなってるようで、イマイチピシッと決まりませぬ。
E線の時の肘をもっと下げるようにと言われました。運動音痴です。(汗)
だけど、↓こんなんで最後までの曲だし、疲れちゃうよねえ。

20110730DSCF1489.jpg

もう一回・・・と言われるのを恐れておりましたが、「まあまあ良いでしょう~」と、無事にアガリになりました。先生のお顔が天使に見えまする。

次の38番。
・・・って、ついに38番かあ。あと4曲でクロイツェル終わっちゃうんですね~。
しかし、ちまたのクロイツェラ~(造語)の噂によりますと、最後の曲はそれはもう大変だそうです。1曲に半年かかるのは当たり前とか・・・。(ヒ~)

ちなみに、この38番もスラーがかかった重音という、keroがこの世でもっとも苦手にしている曲ですだ。

クロイツェル38

さてさて、バッハです。
成り行きで、今日はパルティータの最後の方の曲4曲を見てもらいました。
しかし、やっぱりというか、案の定4曲は少し多かったみたいで、新曲に力を入れるあまり前回もう少しでオッケーになりそうな曲が手薄になっちゃいました。(^^;)

ちなみに、メヌエットの1と2です。
重音ある曲は、音程をシビアに練習しないとダメですよね。当たり前ですけど・・・。

今日初めて見てもらったブーレとジーグは、「雰囲気は良くでていますね~♪」と言われました。
だって、重音なくってノリノリですから。(爆)

クロイツェルとバッハのダブル重音地獄がもう少しで終わりそうなのに、ちょっと詰めが甘かった今日のレッスンでした。
早くバッハ終わらして、フランクの続きやりたいなあ。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード