FC2ブログ

惜しい、惜しすぎる

2/7 レッスン

本日の練習曲
●セブシックop.1-1
●小野アンナ音階教本 (Changing fingers on the same tone、6度の重音)
●クロイツェル32番
●ブルッフ/バイオリン協奏曲ト短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

朝から寒~い一日でした。
今日のレッスンもクロイツェル32番で苦しみました。(トホホ)
クロイツェル32番

最近気づいたのですが、この曲って出だしの2小節くらいがすご~~くイヤで、真ん中へんはわりと弾けるのですよ。

いや、弾けるったって、もちろんアレなんですが・・・。

最初の方は今までも何回も注意されたことを注意され、(指広げて、移弦きれいに、等々)最後まで弾くと、先生「う~ん」と迷っているご様子。
「真ん中ヘンはわりと良いですね~。どうしよう、次回は・・・。・・・あ~、でもやっぱり、もう一回やりましょう」

あああ~~~(^^;)
うまくすれば合格だったのに!
惜しい、惜しすぎる~~!!

もうすこし頑張って練習すれば良かったなあ。詰めが甘いんだよね、アタシ。
次回で終われば万々歳ですが、やろうと思えばあと1年くらいやれるほど、問題満載なこの32番でありますから、望み薄かもです。

ブルッフは、思った通りフレーズの歌い方をつなげてと注意されました。
あと、長く伸ばす音はわりと綺麗になってきたけれど、短い音やポジション移動があると、ビブラートが止まったり音が無表情になるのが惜しいとのこと。

ポジション移動の時も、ビブラートはかけっぱなしで動くようにと言われました。

「なんだか、基本的にビブラートの動かし方がなってないのではないかとおもいます!」と訴えると、「スピードが早すぎなので、もっといろいろなかけ方ができる方が良い」とのこと。

ビブラートも最初からきちんと練習しよ。(^^;)
メトロノームで徐々に回数増やしてくやつ、最近やってないしなあ。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード