バイオリンと外宇宙の話 vol.2

地震

幸い、わたしのところは、物も落ちず、倒れず、猫も夫婦も元気です。
被災地の被害が、これ以上広がりませんように・・・。

ここから先は、忘備録としてワタクシkeroの「その日」を書こうと思います。
長いんでスルーしてくださいませ~。
実は、次の日からオットの実家(大阪)へ遊びにいく予定でした。(^^;)

お正月はダンナの仕事の締切で、行き損なっていたのです。
ちょうど私も、3月は教えにいってる学校がお休み。自宅の教室も次の週まで休みだったので。
お正月はいつも飲食店お休みなので、今回は「大阪B級グルメの旅」をしよう!と、焼肉、串揚げ、お好み焼き・・・等等、たいへん楽しみにしておりました。

ペットシッターさんに麦・染のご飯とおトイレについてお願いし、この際だから、バイオリンもニス補修と調整、毛替えなどなどお願いしようと、楽器屋さんにあずけて、家に帰ってきました。

家に帰ってくると、ちょうどオットが仕事で出かけるところ。
仕事場でなにやらゴチャゴチャ用意をして、いつの間にか静かになったので、あ、出かけたのかな~と思いつつ、2階で、コーヒーを入れ、すりよってくる麦・染に絡まれながらパソコンを開きました。

何かメールが来てないか・・・と調べていた時。

グラ~~

あ、地震・・・。
結構大きいぞ。

麦・染も固まって、キョロキョロと目が泳いでいます。

しばらくグラグラが続き・・・まだまだ続いています。
家具がガタガタ。
ベランダがミシミシ。

アタシは「これは、ついにその時が来たのかも」と考えました。

避難経路にベランダの窓を開け、倒れたら一番危険そうな食器棚から距離をとりました。
そして、テーブルに手を付き、身体をささえながら、リモコンでテレビをつけると、案の定地震の速報ニュース。

揺れが収まったと同時に、携帯でダンナにメールを送りました。
電話でなくメールにしたのは、多分バスか電車に乗って移動中・・・と考えたのです。

「震源は岩手らしい。東京のお台場で火事がおきてるみたいだ。」とメールしました。

たまたまパソコンが開いてたので、Twitterで「地震、かなりゆれたので猫たちも不安そうでした」と打ってみたりして。

そう言えば、オットはどこに行くんだっけ?
聞いてませんでした。(^^;)
TVでは、「海の近くの人は高台に逃げて下さい」と繰り返しています。
パシフィコとか、幕張メッセとか、海のそばだとヤバイかもしれません。
さらに、「海には近づかないほうが良いとテレビで言ってるよ~」と、送りました。
メールの送信記録をみると14時55分。

とたん、また余震。

さすがに、こりゃー、ただごとじゃないかも・・・と思いました。
そう思ってるわりには、またTwitterで「また余震」とか打ってるけど。(^^;)

さらにオットに「外にいるなら落下物に注意して!電車は全部止まってるみたいです」とメールを送ったのが、15時17分。
返事がまったくないので、さらに電話もしてみました。
携帯と、自宅の固定電話、両方試してみたけれど通じません。

すると、玄関がカシャリと開き、ニャンとオットが帰ってきたではありませんか。

聞くと、ちょうど横浜駅までバスに乗り、降りたところで地震にあったそう。
「送ったメール読んだ!?」
と聞くと、メールは「届いてない」と言うではありませんか。(◎_◎)

「横浜駅前広場のバス降車場におりたとたん、グラ~っときて、天理ビル(ベイシェラトンホテルの裏のビル)がコンニャクみたいにユラユラしてて肝を冷やし、電車も動いてないみたいだから帰ってきた。家はもうぺしゃんこに潰れてるかと思った。」
・・・そうです。(^^;)

ともあれ、電車が動いてないので、仕事には行けません。

しばらく二人でテレビを見ながら、仕事はどうしようかとか、明日の大阪行をどうしようかとか相談しました。

既に、TVでは首都圏の交通が全部ストップしてるとか、何箇所かからぼやが出てるとか、ウチの近所のボーリング場で天井が落ちたとか、物騒なニュースが沢山はいってきます。
うーん。
これは、とりあえず様子を見なければ。

仕事は休み、大阪行も中止しよう、と決めました。

すると、ちょうどその頃、ダンナの携帯に、先程私が出したメールがぱらぱら着信。(時差30分くらいですかねえ。)
仕事先からもメールが来ました。

仕事先にメールで連絡をとっていると、今度は大阪のオットのお父様お母様から心配電話が。
せっかく楽しみにしていたのに残念、叉の機会に・・・と伝えました。
でも、連絡が取れて、一安心です。

するとそのころ・・・
津波のニュースが入り始めました。

その後は二人でずっとテレビに釘付け。

わたしたちが、地震の揺れが収まって一安心していたその時。
同じように、東北の被災地の方々も一安心したのでしょう。

そして、その後、ちょうど私たちが実家に連絡をとって、よかった・・・と伝えていた、まさにその時。
まさにその時間に、地震よりももっともっと恐ろしい津波が襲ってきたのです。

震度4~5程度だった横浜でも、地震だけでもこんなに恐怖を感じたのだから、被災地の方々を思うといたたまれない気持ちになります。

今後、私の住むところが震災にあったとき、麦・染をどうするか。
自分たちをどうするか。
老齢の父をどうするか。

いろいろ考えさせられます。

また、ほとんどの被災者の方々が、水や食料ではなく、情報がないことと、「家族と連絡が取れない」事を、一番のストレスとして挙げられていることに感銘を受けました。

たしかに・・・
こんな電話嫌いなアタシですら、ダンナに「その時」メール4通、電話2件入れちゃいましたからねえ。

携帯で連絡は取れないものと覚悟したほうが良いみたいです。

震災後、ダンナにはTwitterとmixiに無理やり入れさせました。
そんなミーハーなもん、いやじゃ~と抵抗されましたが。(^^;)

でも、震災が来たとき、携帯メールは届かなかった。
電話も通じなかったけど、Twitterのサーバはしっかりしていました。私のつぶやきも即反映されていましたから。
mixiなどのSNSも大丈夫だったとか。

あとは、電話以外でもSkype使えるように、iPod touchとか使える無線LANスポットがしっかりしていてもらえると嬉しいですけどねえ。

これからもいろいろありそうですが、被災地の方々の事を思えば、何だって平気!
冷静に日々を過ごそうと思いまーす。
    22:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/150-a2fc0295
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード