FC2ブログ

指揮者なしでも

1/24 弦楽合奏団練習
●バーバー/弦楽のためのアダージョ
●ウェーベルン/弦楽合奏のための緩徐楽章
●ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番
●レスピーギ/リュートのための古い舞曲とアリア第3番

バイオリンが治って帰ってきたので、今日の合奏団の練習には出ることができました!

さすがに個人レッスンは無理だったのですが、バイオリンの入院中に
スコアを見ながらCDを聴くなどのイメトレをばっちりやっていたので、合奏団の方はまあなんとか・・・。
なにやらだいぶ曲がわかってきたかんじです!
(え?いまさら?(汗)そ、そのとおりなんですが・・・)

さて、今日は指揮者氏が少し遅れるということで、「指揮者なしでもバーバーを合わせる練習をしておきなさい」とお達しがありました。(◎_◎)

それでなくても問題のバーバーですが、指揮者氏がいないと尚更アレで・・・。
いろいろなパートが何度か引っ掛かりましたが、全員が「ヤバイ、合わせなきゃ」と意識を持ったためか、だいぶ良くなってきたような・・・・。

アンサンブルは難しいですよね。(^^;)
演奏中に指揮者氏を見ることはもちろん、トップ氏や、他のパートの動きにも注意しなくてはいけないし、ついつい技術的に難しいところは楽譜に釘付けになっちゃいますが、それじゃいけませんね。

ウェーベルンはだいぶまとまっていました♪
ウェーベルンっていうと、現代音楽で難しそう~ってイメージがありますが、
この「弦楽合奏のための緩徐楽章」は、そりゃー綺麗な曲なんですよ!
ちょっとリヒャルト・シュトラウスっぽいところがありますが、
世紀末の香りがぷんぷんする、美しい曲です。
美しく演奏するよう努力します。(^^;)

あと、ベトベンは来週いよいよソリスト氏がやってきてピアノ合わせです!
今日は復習をみっちりやりました。
次回はピアノがグランドピアノじゃないのが残念ですが、ソリスト氏の演奏どんなだろう・・・。
すご~く楽しみです!!(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード