バイオリンと外宇宙の話 vol.2

10年目のまとめ感想編 その5(最終回)

5.近道はないみたいである
~いかに楽しく続けるか~


いかに楽しく続けるかというのは、「レッスンをいかに続けるか」という意味ではありません。
レッスンをやめてオケに入るという選択肢もあるでしょう。
もちろん、オケも、時間的余裕がなかったり、転勤とかでやめる場合もあるでしょう。いそがしくてバイオリンに触れない時期もあるでしょう。でも、また何年かして再開することもできますもんね。
大人から始めたからこそ、山のようにある選択肢。

どの選択肢をとるにしろ、いかに「バイオリンで楽しむのを続けるか」ということについて書きたいと思います。もちろん、あくまでkero流ですが・・・。

まず「ネットの恩恵」の話。

わたしがバイオリンを始めた10年前は、今思えばとても恵まれていた時代だったと思います。

ホームページを個人が簡単に作ることができ、自分の趣味のことや日記を書くのが当たり前の時代になりました。「ブログ」が主流になるのはその3,4年先で、さらにもっと簡単に、同じ趣味の仲間を探すことができるようになったわけですが・・・。

2000年にバイオリンを習い始めたわたしは、大人の初心者の方のホームページを沢山読むことができました。

もし、これがその10年前だったら!?
わたしはバイオリン教室の先生と生徒さんからしか情報を得ることが出来なかったでしょう。
そして、いいトシをしてキコキコやっている自分に嫌気がさして、三日坊主でやめてしまったかもしれません。
または、「大人から始めた人は、頑張ってもなかなか上達しない」という話(風評?)を鵜呑みにして、半ばであきらめちゃったかもしれません。

ホームページを見ると、大人から始めた方でも、5,6年でメンコンを弾いたという凄い方のページもありましたし、録音をアップしている方も沢山いらっしゃいました。
そういうページを読んだり、録音を聴いて、「こんなに上手になれるのか!なれるかも~」と目標もできました♪
自分と同じくらいのレベルの方の日記を読んで、「うーむ、アタシも次はこの曲弾きたい!」と、刺激を受けることもできました。

初心者向けの合奏団の情報も、ネットなしではなかなか得られなかったでしょう。
わたしは学生オケの経験もありませんでしたから、そもそもオケに入るなんて、すごく遠い目標のように感じていましたが、そうでないことも知りました。

というわけで、まずは楽しむのを続けるのに、今ではネットって不可欠だと思います。まあ、ブログ書いたり、他の方の日記を読んだり、たいそうな時間をネットに費やしているわけで(^^;)、そんな暇があったらバイオリン練習したら!なんて天の声が聞こえるんですが。(汗)

それでも、ブログを書くことも含めて、「バイオリンを楽しむ」のが「楽しみ続ける」秘訣と個人的には思っております。

さて、そうは言っても「電脳生活」の知識を勘違いしないように、正しく咀嚼するためにも「実生活」レッスンは重要ですよね。いずれオケに入るにしても、最初は誰でもレッスン受けなきゃね。
ではレッスンを愉しむのにはどうすれば。

ここでは、わたしが過去10年間で味わったピンチの中でも最もピンチだった(笑)、「先生が変わった時の何もかもやりなおしだぞ事件」について書きマース。

わたしkeroは今まで三人の先生に教わりましたが、先生を替わる度に「う~ん?ちょっとバイオリンの構え方が変ですね~。」
さて、その他、「ちょっと弓の持ち方が変ですね~」とか、「アレが変」「これが変」等々、しまいには立ち方、バイオリンのアゴの挟み方から始まり、弓の持ち方、動かし方。

つまり、何もかも最初っから!という指導を受けました。

最初は「あ、やっぱり先生によって流儀が違うのだろうか」なんて思いましたが、自分の日記を読み返してみると、三人の先生に言われている内容はほとんど一緒。(爆)
日記って役に立ちますね!(; ̄∇ ̄A

おそらくは、長いこと同じ先生に習っていると、先生も「同じことを何回も注意したくない」といった心理が働くのではないでしょうか。または、先生の方でも、keroの弾き方に慣れちゃって(笑)注意するの忘れちゃったりとか。

それで、先生を替わる度に「基本から矯正」てなことになるのだと思います。
そういう経験をされた方、アタシだけじゃないですよね!?(^^;)

きっと、わたしが今また先生を替えて、四人目の先生についたとしても、またまた同じことを注意されるでしょう。そしてまた、「基本から矯正」。

しかしですね、それで失望したり、「ああ、また最初からか・・・」などと、がっかりすることはないのです。(たぶん。)
「その2」で書いたように、すべての技術は育っていくものと思います。

音程が、初心者の音程、中級者の音程、上級者の音程と育っていくように、構え方も、初心者の構え方、中級者の構え方・・・・と、より脱力できて、身体に負担のかからない、上級者の構え方へと進化していくのだろうと思います。

そう思えば、まるで最初からやり直しに思われるような、こういった技術の再確認もハナマルでないでしょうか。

残念ながら、バイオリンには「上達者」への直線距離の近道はないようで、多かれ少なかれ、行きつ戻りつを繰り返しながら、理想の音に近づくしかないみたいです。

そこらへんを誤解して、また最初からか!ゲッソリ、とか、スランプだ。進歩がない。なんて考えこんじゃ、「バイオリンで楽しむ」から遠のいちゃいます。

長く続けていると中だるみというか、練習したくないな~とか、レッスンでもおんなじ注意ばかりされちゃってな~、なんて、スランプの時期は必ずやってくるかと思います。

が、そういう時は「先に進まなくてもいいじゃん」て感じでやるしかないですよね~。
現状維持でも、一歩後退でも良いではないですか。

・・・と、開き直るのが、10年目にして悟りました、バイオリンを楽しみ続けるコツ?でしょうか。(^^;)

さてさて、わたしは二週間に一回練習の、アマチュアの合奏団に通っています。
団員の方は、働き盛りのサラリーマンの方や、仕事の忙しい方がもちろん沢山いらっしゃいます。ほとんどの方はレッスンを受けておらず、楽器を弾くのも二週間に一回の合奏の時だけ、なんて方もおられます。

しかし、なんと、ほとんどの方が(長いスパンで見ると)明らかに上達しているのです!
アラフォーもアラフィーも、さらにアラシックス(っていうのかわかりませんが)の方も皆上達しているのです。

もちろん、少ない練習時間で上達するには「ボッ」として弾いているだけではだめでしょう。でも、合奏の時間だけでも集中しているだけでも、バイオリンって上達できるのです。

練習時間が少なくても、年齢が、ちとアレでも(笑)、みんな上手になっていく!
決して一流の音ではないけれど、今できる最良のことを努力して、よりよい音楽を楽しむことができる。これが、アマチュアの音楽の楽しみ方ですよね!
素晴らしいことですよね~~♪

わたしも、これから、仕事とか、家の事情とか、もろもろの大人の事情(笑)によって、レッスンや合奏団をお休みする事があるかもしれません。しばらく弾けない時があるかもしれません。が、けっしてバイオリンを、「やめる」ことはないと思います!

・・・と、綺麗にまとめたところで(笑)、
連載「10年目のまとめ感想編」はおわりです!!

拙い文章で申し訳ありませぬ。しかし、10年間、keroがいかに楽しく過ごしてきたかをお伝え出来ましたならば幸いです。

あ、10年後には連載「20年目のまとめ感想編」をアップすることを予告します!(爆)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:47 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2010.01.19 Tue 15:27  |  Tak #e6mArcUg
keroさん、こんにちは。2ヶ月ぶりの日本にいます。明日、中国へ帰ります
。東京は暖かいですね。今の室温は20度ぐらいです。もう少し、食料品(梅干しなど)を買って、日本での買い物は終了です。
始めた頃は、私もネットでいろいろばブログ、掲示板を見て、参考にさせていただきました。
ネットは無料の知識共有ツールですね。別な見方をすれば、いろんなジャンルの先生方の脅威でもありますね。
一番お世話になっているのは、英語と中国語の辞典です。本当に本を買う必要ないですから。
バイオリン曲集も古典は多くのものが無料、あるいは格安でダウンロードできますね。
ネットの恩恵  [URL] [Edit]
2010.01.19 Tue 18:22  |  管理人kero #-
Takさん、こんばんは。
東京は、最近はスゴーく寒い!と思っていましたが、
中国に比べるとあったかいんですね~。
風邪に気をつけて♪

ネットは確かに泣くてはならニャ~ものになってきましたが、
使い方を間違えるとやっぱりまずいので、その辺気をつけようと思ってます!
特に初歩の頃は、文字で書かれた情報の咀嚼の仕方が悪かったと言うか、
わかってないことがありましたので・・。

楽譜もほんとに便利になりましたよね!
楽典辞典もいらない時代になろうとは。(@o@)

あと10年後にはどうゆう世の中になっているやら。
(と、ババくさい感想をもらす。(笑))
Re: ネットの恩恵  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/12-1a562c11
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード