バイオリンと外宇宙の話 vol.2

エグモント

ベトベンのエグモント、セカンドパートをさらってます。

エグモント

この曲、最初は暗くって、圧政に反旗をひるがえしたエグモントさんがつかまって処刑されるのを表現してるらしいです。最後はエグモントの偉業(ってんですかね?)を称えるべくラッパがなったり栄光を賛美しておわるんですが、ちょうどその手前。
この「(フォルテ)ドーソ!」ってところ・・・
ギロチンの刃が落ちるところなんですって~!!(ひ~)

ポピュラー曲も弾いてみるといろいろ細かいドラマがあって、面白いもんですなあ。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    10:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://keroviolin2.blog100.fc2.com/tb.php/107-1052ebe0
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード