FC2ブログ

ようやく横浜のアンサンブル復活〜!!

隔週日曜日のご近所アンサンブルがようやく復活しました〜!!

朝9時に地区センターに行くと、まだ館内消毒中の模様。
いつもは15分前に入れてもらえていたのですが、だいぶ様子が変わったようです。

入り口のところで待っていたら、9時ぴったりに一人ずつ、検温、アルコール消毒をしてようやく入館させてもらえました。
いつも使っているのは会議室という部屋で、自分たちで机をさげてスペースを作っていたのですが、最初から机は折りたたまれて広いスペースが用意されておりました。(そもそも本来の用途の会議はまだ禁止のよう)
椅子はあとで係の方が消毒するそうです。
譜面台は予め言われていたので、自分たちで持ってきています。

演奏時もマスクは着用義務。そして各人1m以上開けて座れとのこと。
まあ、うちは少人数の弦楽アンサンブルなので良いのですが、大人数の合奏とかオケはどうなっちゃうんでしょうね〜。

扇風機が2台ブンブン回っており、部屋のドアは開けっ放し。窓は全開。(わたしらのアノ音も丸聞こえなの?そうなの???)
で、エアコンはギンギンかかっているという…(な、なんか電気代もったいない)

な・に・も・そこまd……と正直思いますが、地区センターの方にしてみれば、ここで発症者がでてしまったら、また閉館、各所への連絡…となるので、とにかく慎重になるのはわかります、ハイ。

さて、マスクしてて暑苦しいとかあったものの、合奏自体は以前のように和気あいあいとできました。

2ヶ月以上あいちゃったモーツァルトのK.421ですが、やっぱり1楽章がすごく難しいですね!
ほとんどの時間、この1楽章に費やした感じ。



そのかわり,2〜4楽章はサクサクと通せました。(もちろんまだツッコミどころは色々あるんですが)

久しぶりに「G線上のアリア」やったり。
団長が地区センター祭りのために渾身の編曲した「津軽海峡・冬景色」初見弾きしたり。

やっぱり家で弾いてると、ちょっと練習しちゃ「お茶〜」ちょっと練習しちゃ「お菓子〜」なんて有様なので、久々にみっしり練習した気持ちです!!
やっぱりアンサンブルは楽しいなあ。

終わったあと、地区センターの方に「レパートリー広いんですね!」なんて言われちゃいましたよ(爆)
ドア開けっ放しだから丸聞こえだったのよね(汗)

歌も管楽器も体操系もダンスも今の所だめなので、借りている団体が2団体しかいなかったけれど、少しずつこれが解除されて、元の老若男女の集う楽しい地区センターに戻りますように。

悲喜こもごも

ようやく非常事態宣言が解除されました!
仕事の銅版画教室も再開できる。
合奏団も再開できる。

と、喜ばしいことばかりのはずだったのですが…

実は、東京方面の月一回のアンサンブルにしばらくは行けなくなってしまいました。

本職の銅版画教室は、自宅で月に12日位やっており、幸いどのクラスもほとんど定員いっぱいの生徒さんが来てくださっています。
ところが、このコロナ禍で「ソーシャルディスタンス」とこれだけ連呼されますと、せまい我が家のアトリエに5人入れてやっていた教室を見直しせざるを得ず…
定員をMAX2〜3名くらいにすることにしました。

結果、たとえば今まで火曜日に月の2週目と4週目の隔週に開講していたお教室を火曜日1〜4週目すべて開講することになりました。その結果、本当に残念なことに火曜日月イチ開催の東京方面のアンサンブルに通えなくなってしまいました。
2014年からほとんど休まずに通っていた、大好きなアンサンブルだったのに。
アンサンブルのあとの飲み会もとても楽しかったのに。
本当に残念です。


…と、ここまでは悲喜こもごもの「悲しい」の方。

喜ばしいのは、日曜午前中の横浜のご近所アンサンブルが復活したことです〜!
ようやく長いお休みだった地区センターが営業復活されたのです♪
こちらはご近所なので、たとえ午後仕事になっても大丈夫なのです。

しかし、地区センターの再開にあたって条件が厳しくて、
「コーラスや歌はだめ」
「吹奏楽器はだめ」(ということはオーケストラも練習できないんか?)
「ダンス、体操等運動系もだめ」

…これは結構きびしいんじゃ。
幸い私達は弦楽合奏団なので使用できるんですが…

横浜市の他の使ったことのあるセンターのHPを見てみたんですが、おおむね同じ条件で、さらに「体育館では、接触が多いスポーツ、バレーボールとかバスケットボールは禁止」なんて書いてあるところもありました。

みんなで歌ってもいけない。
手を取り合って踊ってもいけない。
球を投げあってもいけない。

まさかこんな世の中になろうとは。

しかし、こういうことも徐々に解除され、少しずつ宣言が解かれ、いずれは日常が戻ってくるだろう!と楽観的に考えていた矢先…

今日また東京で患者数が増え、東京アラートが発動(泣)

気分が落ち込むのと同時に、いったいこれからどうなるか。
自分の銅版画教室は?
せっかく復活した合奏は?

…と、ネガティブ思考に陥りそうですが…
いやいやダメダメ、ネガティブはだめ〜!!

今回のコロナ禍は、自分だけでもない、日本だけでもない、世界中が同じように大変なのだから開き直って前向きに考えるしかありません。

ポジティブに先を見据えて最善策を熟考したいと思います。
合奏も、仕事もですよ〜!

というわけで、まさに「悲喜こもごも」な話題でしたw

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード