FC2ブログ

春ソナとかアメリカとか

年内最後のアンサンブルに行ってきました〜。

東京方面の合奏団ではモーツァルトのカルテットK.387「春」
こちらで昔初めてハイドン・セットをやったときの混乱はどこへやら、意外と2回めにしてピシッと(いや、たまにピシッと)合うようになってきましたよ〜。
1楽章は割と問題なし。
そのあとの楽章は今回初見だったのでまだまだでした〜。
良い曲ですよね、コレ。



ご近所の方ではまた年末恒例のクリスマス・コンチェルトやりました。
前回ソロ、今回トゥッティを弾いたんですが、今更ながらいろいろ発見があり、面白かったです。

アメリカは難しいのでなかなか進まないんですが、1楽章は(つまづきつつ)まあまあ通せるようになったかな?って感じ。

さてレッスンの次回の新曲・バイオリンソナタの「春」
略して春ソナ!!



練習始めたんですが、やはり10年で(少しは)アタシは進歩してると思いましたよ〜
以前全然つながらなかった出だしのフレーズとか、弓の返しが進歩したのか少しはなめらかに弾けるようになったし、ビブラートもかかるようになったしで。(あくまで当社比)
これはさらなる進歩を心がけたい!!
音階をタカタカ弾くところがなんかモニャモニャして滑舌が悪いので直したいです。

でも今の先生厳しいから、新たな試練が待ってるかも(笑)
お正月は新年から春ソナで頑張ります!

いきなりアガリ

前回のレッスンで「もう何もかも全然だめ」みたいな感じで先生に怒られてw シクシク泣きながら練習してたんですが、なぜか昨日のレッスンでは何もかもうまくいき、クロイツェルとモーツァルト4番、いきなりアガリになりました!もうびっくり。

で、次回の曲はロマン派がいいなあと思い、またフランクのソナタを再び弾きたいですと言ったのですが、先生曰く「ロマン派はごまかしやすいんですよね」
……
き、厳しい〜(ヒイイイ)

で、おすすめはと聞くと、ベートーヴェンのソナタなんてどうですかとのこと。
「春」ソナかあ!!



自分のブログを読み返してみたら2007年にレッスンしてます。
バイオリン初めて7年目だったのでビブラートもようかからず、全然綺麗に弾けなかったし、これは是非リベンジしたかったんですよね〜。

前の楽譜は書き込みだらけなので、無料楽譜をダウンロードして製本いたしました。
恐ろしいことに当時のピアノ合わせした録音も残ってます。
流石に10年経ってるんで、上手に弾けるようになった…
と、信じたいっす。

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード