FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

いよいよ明日 町田樹さんの最終公演

昨日に続いて今日も「まっちー話」です(爆)

実は、今日、昨日のblogにも書いた「町田樹の世界」という冊子の発売日だったのですが、それに合わせてか午前中に突如町田樹さんの公式ホームページが更新され、CaOI(明日夜行われるアイスショーの方)の曲目が発表されました!!!

町田さんは秘密主義で有名で、めったに初演前に曲や内容を公開しないのですが、さすがに1日で2つの新作(それも1回こっきりの新作)だとお客さんの脳みそがパニックになると考えたのか?もしくは内容を理解するため音楽くらいは公開したほうがいいと判断したのか?
なんと曲目が発表されました。

マーラー「交響曲第5番 第4楽章アダージェット」

オリジナルの題名は「人間の条件」

もう曲名を聞いただけで涙がちょちょぎ出るというか…
ああこれを最終公演として、涙なしに観られるのだろうか…(無理)
この前ボレロの時にドンのアダージエットの話も書いたばっかりだし!

この曲はベジャールさんが亡くなってベジャール・バレエ・ローザンヌが来日公演のとき、元の予定プログラムにはなかったのにサプライズで追加されたんですよね。
ジル・ロマンさんが「ベジャールさんを愛して下さった日本の観客のために、ボレロに先立って、もう一曲プログラムを演じます。」とアナウンスがされたときから、もう私は涙がボロボロで、よく作品を味わえなかったという苦い思い出が。

その時の思い出は私の昔のblogに書いてます。

ある意味今日曲目を知れて良かったですよ〜。
明日前知識なくアダージェットが流れたら、もう涙がボロボロで町田さんの最後の演技、冷静に見られなかったかも知れないし。

…というわけで、今日の午前中は涙に暮れて廃人のように過ごしましたが、午後一で版元から注文していた「町田樹の世界」が届きました!

町田樹の世界


まだこの「町田樹の世界」をゲットしてない方にはネタバレになるので以下注意。





町田さん自身の言葉で、この「人間の条件ーアダージェット」は、ジョルジュ・ドンへのリスペクトと言っています。
私自身町田さんに興味を持ったのは現役時代「火の鳥」の時ベジャールの名が出たことからですが、それ以来現役最終年、そして引退後4年演技を見守っていて、町田さんのベジャールへの思いは私の勘違いじゃなかったと改めて確認できて感動しています。

そしてそれは、表面的な振付や雰囲気ではなくて、創作の原点にある哲学やコンセプトの立て方に現れていると思うんですよね。
バレエもフィギュアスケートも技法は違うところが多いのですが。

この「町田樹の世界」、全体的に大変読み応えのある本で、バレエダンサーの高岸直樹さんと町田さんの対談があったり、写真も本当に美しいものばかり。
また、昨日も書いたように編集部で「町田樹振付作品へ贈る言葉」を募集していて、一般の方からの町田さんの振付作品の感想が載ってるんですが、なんと!
アタシのも掲載されてます(爆)

本名で送ったので、読めばすぐわかるかもですが、万一目にしてもお知り合いの皆様、ツッコミはされませんように〜〜(やっぱちと恥ずかしい)

前日からこんなに翻弄されて、明日は自分はどうなってるんだろうか。ちょっと心配。
    20:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード