バイオリンと外宇宙の話 vol.2

梅雨と楽器の鳴らし方

新しい先生にいつも言われてることの一つに、「まだまだ自分の耳元で心地よい音をだしている」「離れた所でフォルテに聞こえるためにはもっと楽器を鳴らさなくてはいけない」てのがあります。
確かに、人前で弾くことのほうが少ないのでつい練習時も弱い音出しちゃいがちなんですがね〜。

私のような新作楽器は特に、鳴らすことを意識して楽器を扱っていると、梅雨時も鳴りやすくなるんだそうです。
ほほお〜って感じです。

ちゃんと楽器の裏板が鎖骨を通してビンビン振動するように心がけねばならないそう。
で、やってみると、耳元でなかなかうるさい(笑)
抵抗あるけど、やらねばならないのだ。

ちなみに去年暮れに張ったオリーブ、まだ張ってます。(ていうか、練習量すくなかったからね。色々あって)
    12:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード