バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ベト7で弦楽合奏♪

先日、オケのパートリーダーの方に、当分の間オケ活動は休止すると連絡しました。(泣)
やはり、本番前に長時間リハをしたりするのは無理っぽいので。
楽しんでいた合奏の予定が減ってしまって、アタシは超悲しい。(T.T)

でも、ここで無理をしたらヤバイですからね!
とりあえず本番のあるような団体への参加は当分お預けにします!

そう決意したものの、本番のない合奏系の団体ならもう一個くらい増やしても良いよね?と悪魔のささやきが・・・。

現在参加してる合奏は月1〜2回のカルテット系アンサンブルと、3ヶ月に1回くらいのバロック系アンサンブルのみ。

そういえば、以前から誘われていた弦楽合奏系のアンサンブルがあったぞ。
本番なしの弦楽合奏の会。
バロック系のでご一緒している友人からお誘いを頂いていたのでした。
主催している方も、以前の合奏団のお知り合いです〜(^o^)
会場がちょーっと遠いけど、月一なら!

ってことで・・・・
思い立ったらまっしぐら、気の早さでは日本一のkero。早速お問い合わせのメールを出して、5日後の今日には合奏に参加してきたのでした。(爆)

静養するとか言っておきながら、結局予定を増やしちゃって(爆)・・・、なにやっとるねん、自分・・・って感じですが。(^^;

それはともかく、行って来ました、新・アンサンブル会!
それぞれのアンサンブル会にそれぞれの特徴がありますが、こちらは指導者の方がいて、その方中心に一曲をじっくり掘り下げるスタイル。
各パート二人ずつの少人数なので少し緊張しましたが、雰囲気も良く、楽しく合奏が出来ました〜。

さて、今回弾いたのは「ベト7の第2楽章」
弦楽合奏なのになんで?と思ったのですが、これはもともと、出だしのところは弦楽合奏。ここのところがすごく良いんですよね〜。
以前オケでやった時も、他の楽章はあまりアレだったのですが、第2楽章が大好きでした。

今日の合奏では、トレーナーの方が中間部から管のパートを弾いてくださったりと、楽しめるように工夫して頂いてました。

もう一曲はパーセルのアブデラザール組曲で、こちらも以前やったことがある大好きな曲。
悲劇の劇中音楽ということで、ちょっと悲壮な曲調が良いんですよねえ〜。
音符は簡単なので、合奏の良い練習にもなります♪

久しぶりの方にお会いし、楽しく合奏できて、バイオリンを弾ける幸せを満喫した1日でした〜。(^o^)
これでだいたい月に2,3回はアンサンブルを楽しめるようになった感じ。
難しい曲だと練習でまた無理をしてしまいそうなので、レッスン復帰はまだ遠いです。
でも、良い機会ですから簡単な音でも1つ1つの音の意味をかみしめて、丁寧に弾けるよう修行したいと思います〜。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

スークの弦セレ

毎日寒いですね〜。
冷える時期のせいか、少し腕が血行悪く、シクシクと痛い時があります。そんななわけで、バイオリンの練習の方は全くはかどりませぬ。(トホホ)
風呂でよーく温めなくちゃねえ〜〜。

さて、今日はヴィオラの友人の出演する弦楽合奏団のコンサートに行って来ました〜!
会場は東新宿ですが、東急線と副都心線直通のおかげで、楽に行けるようになりましたねえ。(^o^)

少人数の弦楽合奏団で、プログラムはヴィヴァルディの「四季」全曲と、スークの弦セレ
間に、合奏団の音楽監督の方作曲の小品が挟まれていましたが、すごくロマンティックできれいな曲でした〜。

四季は、指揮も務められているプロの方がソロを全曲弾き、さすがにひきこまれました〜。
ヴィヴァルディってアタシはあんまり好きじゃないんですが(笑)どこが好きじゃないかって、あの移弦の嵐が嫌いなんですが。(^^;
こういうふうに立派な演奏で聴くと、ムラムラと自分でも弾いてみたくなります。

後半のプログラム・スークの弦セレは、以前所属していた合奏団ではついに弾く機会がなかったロマン派弦セレ曲です。
一度団員の意見でプログラムに決まりかけたのですが、指揮者氏の好みに合わなかったのか、土壇場で別の曲になっちゃった(というか、無理やり変えられちゃった)という。(爆)
まあ、スークは確かに難しい曲なんですが・・・。

コンサートで聞いても、やっぱり難しい曲なのが伝わってきました。
もともと大人数の弦メンバーを前提にして作曲した曲らしく、少人数の弦楽合奏では音量面で難しいのでしょうが、それでも団員の皆様がとても楽しそうに弾いていたのが印象的でした♪
3楽章のチェロのソロも素敵だったし、4楽章のノリノリのリズムも素敵で、とても聴き応えのあるコンサートでした。
ブラボー!!ヽ(=´▽`=)ノ

やっぱりアマチュアの団体は、何を弾くべきかではなく、何が弾きたいかというのが一番大切ですよね。(笑)
その辺、プロの指導者の方が誤解してるケースがあるみたいですが。(^^;


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

アンサンブル復帰

今日はご近所でやっている「なんちゃってカルテット会」、退院後初参加してきました〜。

正月からこっち、1日練習したら1日休み、2日練習したら2日休み・・・と、恐る恐る練習してますが、無事アンサンブル復帰できて嬉しいデス。
アンサンブルはやっぱり楽しいなあ。(*^_^*)

バイオリンを弾いてる時は腕が痛くなったりは全くないんですが、いまだに右手で重い買い物袋を長時間持ったりすると少し痛くなったりします。
今日も、アンサンブルで弾いてる時より、行き帰りに、楽譜入ったバックを右手で持ってる時が痛かった。(汗)
まあ、腱を切ったんで(それもまだ先月の話だし)仕方ないですよね〜。

でも、腕がエクソシストみたいだったのはスッカリ治りました!
お医者様には2ヶ月位かかると言われてたんだけど、1ヶ月で青タン消滅。(*^_^*)
後は傷跡がモッコリしてるのが目立たなくなると良いんだけどねえ。

またこじらせたら厄介なので、当分は様子みいみい慎重に練習します〜。
とりあえず、本番のあるような団体はお休みかな。オケとか・・・。(残念ですが)
長時間の練習は当分ご法度にします。

さて、今日アンサンブルではいつものモーツァルトのK.156カルテットを弾いた後、新曲でシュターミッツのカルテットというのをやりました。
音源もなくてスコアもないんだけど、これが簡単でひきやすくて良い曲!
しかし、楽譜を頼りにYouTube探しても出てこない出てこない・・・。(汗)
かなりマイナーな曲らしいんですが、かわりに↓にはいつものK.156を貼り付けておきますね〜〜♪



何度も弾いたハズの曲なのに、全く記憶喪失になっており、入る所フライングしたりと散々な出来でした。( ̄ω ̄;)
これもそろそろ飽きてきたので、別のモーツァルト初期カルテットやりたいなあ。(笑)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    23:35 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

テレビを見る猫

うちの2にゃんはお正月だろうがなんだろうが相変わらず寝て暮らしてます。

IMG_3727.jpg
IMG_3755.jpg

今朝何気なくテレビを見ていたら猫番組が!
マチュピチュとか台湾で猫の映像をとっている番組。思わず見入っていると、麦太くんが反応。

IMG_3768.jpg

どうやら、猫の鳴き声に反応したみたいです。
しばらく遠巻きに見ていましたが、テレビの前のストーブにぴょんと飛び移り・・・

IMG_3761.jpg

IMG_3757.jpg

テレビに前足でチョンチョンとちょっかいを出し始めました。
テレビに猫が写ってるのが分かるのか!!と感心していたら・・・

IMG_3763.jpg

染ちゃんもテレビにチョッカイを出してます!
おおお、君もわかるのか!
テレビの猫がわかるのかあ!!

IMG_3764.jpg

映像に写ってる猫さんは、スプーンの御飯をなめて食べるそうです♪
カワイイ〜〜。
うちの2ニャンも、わかってるのかどうかわからないけれど映像に見入っています。

IMG_3733.jpg

最後には飽きてまた寝正月に戻っちゃいましたが。
猫は猫のテレビを見る・・・と、新しい発見のあったお正月でした。(笑)

バイオリンは復帰2日目にして少し構え方を思い出しつつ、今日は休み休み1時間くらい練習してみました。
でも、ローデだヴィターリのシャコンヌだと、以前やってた難しい曲は全く弾く気にならんです。(爆)
モーツァルトのソナタをちょっと弾いてみたら楽しかったので、リハビリはそれでいこうかしらん。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
Tag : 染ちゃん 麦太 
    21:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございます〜!
気まぐれブログですが、今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m

さてさて、年末までは自粛していたバイオリン。
今日お弾き初めをしてみました〜!!!

右手は肘がたまに痛いけど、おおむね大丈夫みたいです。
しかし・・・
2ヶ月の間にいろんな筋肉が衰えているらしく、「ありゃ、バイオリン構えるのってこんなに疲れたっけ?」と、身体が拒否る事この上なし。アゴにも違和感が・・・。
こりゃ、リハビリに時間がかかりそうです(; ̄∇ ̄A

今日は小野アンナの2オクターブと3オクターブの音階をざっと弾いたら疲れちゃいましたが、少しずつ練習時間も増やせると良いなあと思います!

でも、2ヶ月ぶりにケースを開けたのに、バイオリンの調弦がほとんど狂ってないのには感動しましたね。ナイロン弦って偉大だなあ。
楽器のゴキゲンもすぐ良くなりました。しばらく弾いたら鳴るようになって。というか、自分が弾き方を思い出しただけかしらん。(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード