バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ローデ4もういっかい(^_^;)

秋らしく朝晩は涼しい風が吹くけれど、日中は汗ばむ気候ですね〜。
月に一度のレッスンに行ってまいりましたが、弾いてる間は冷や汗ダラダラでした。(情けない・・・)

さて、ローデ4番。
自分ではか・な・り・練習していったつもりでしたが、やっぱり最初の出だし重音でヘマをして「ギコ」といわしてしまいました。(T.T)
で、同じフレーズが2回めはうまくいくという・・・

先生曰く、「本番でも発表会でも最初に弾く音が一番お客さんの印象に残るものなのだから、家で練習するときも最初の1音を何気なく弾かないように。緊張感を持って、自分の手や関節などがどういう状態か考えて弾くように」

・・・・

そのとおりでございます〜〜。m(_ _)m
何気なくチャッチャと弾き始めちゃうからいつまでたってもダメなのですね。
いい加減な性格を直さなければなりません〜。

で、重音のあとのアレグロは「全部フォルテで弾いているので、もっと強弱を強調して」とのこと。(笑)
ちゃんと弾けるようになるのに必死で、音楽的なことまでぜんぜんやれずじまいでした。

ローデの4番、次回も続くです。(トホホ)
重音部分を何とかせねば、一生終わらない感じです〜。

さて、ブラームスの方は、やっぱり2楽章で音程がアレ?アレ?な感じでしたが、先生がピアノパートを弾いてくださったのでそれを聴きながらだとナントカ音程が合いました。それにしてもオケのブラ2と一緒で謎の音程が多いです。

コレ以上やってもあまり効果ないと思われたのか、2楽章は無事終了。

で、コレばっかり練習が進んでいたという(笑)第3楽章を通して弾きました。

こちらは重音もちゃんと取れて、スムーズに。やっぱ気合の差かなあ。(; ̄∇ ̄A
細かいアーティキュレーションやビブラートの緩急を注意されて、次回で仕上げでーす!!

正月からひたすら、ブラ、ブラ、ブラだったのがようやく一区切りです♪

3楽章と新しい曲を譜読みしてくるようにとのことで、用意しておいた「新しいバイオリン教本6巻」とグリーグのソナタを先生に見せた所、とりあえずソナタ系はお休みにして、やはりヴィニャフスキのレゲンデかヴィターリのシャコンヌのような「おけいこ名曲」にしましょう♪ とのこと〜。

で、もう少しでヴィニャフスキのレゲンデになっちゃいそうだったのですが、ローデ4番がまだ1ヶ月続くので重音ばっかりツライです〜〜と泣き言を訴えた結果、ヴィターリのシャコンヌに決まりました!
もっともヴィターリも最後の方は重音あるけどね〜。そこまで辿り着くまではまだ数ヶ月かかることでしょう。

なんだか大層な曲を弾くようになっちゃって、おまけに月1回なので、レッスンの曲は最近亀の歩みだなあ。
その分、アンサンブルやオケでいろんな曲を弾きまくっているから、全然不満はないですが・・・(^^;



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    13:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ご近所アンサンブル会

今日は月に1〜2回やっているご近所のアンサンブル会「なんちゃってカルテット会」でした〜!
前回から、モーツァルトの初期カルテットなどやろうかという話になり、K.156を練習しています♪



モーツァルトの初期カルテットというと、K.80(1番)、K.155,156,157の(2〜4番)にはじまって、K.160くらいまでのことを指すみたいです。

K.168 からは「ウィーン四重奏曲」というくくりになって、K.387からはアノ「ハイドン・セット」!!
名曲の森!!どの曲も、ウソでもいいから一度は弾いてみたいですよね〜〜!!(^o^)

モーツァルトのカルテット、初期のカルテットでもハイドンに比べるといろいろな工夫が・・・。(いや、ハイドン先生も嫌いじゃないんですが)
ハイドンのカルテットのようにファーストヴァイオリンばかりがやたらに難しいこともなく、各パート平等に難しいかんじ。(^_^)
この曲はセカンドを弾かせて頂いているのですが、ホントに面白い!!まだ青年だったころのモー様の作品(ラブ♪)

今日はその他に、コレルリのクリスマス協奏曲、ハイドンのセレナーデのあるカルテット(弦楽四重奏曲op.3-5)
を合わせました。
次回はどんな曲になるのかな〜。楽しみです!

この調子でウン年後にはハイドン・セット!挑戦してみたいですね〜〜(^o^)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    18:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

室内楽の会ふたたび

東京方面の室内楽の会、2度めの参加をしてきました〜♪
三連休の中日だったので、メンバーは少なめだそうです。(それでも2手にわかれてアンサンブルするくらいの数が集まりましたが・・・)

今回は少しだけ慣れたのか、初見のコツも少しだけ分かってきたので、とても楽しめました♪
あたりまえだけど、何があっても数え続ける・・・ってのが必須ですな。
オケとかだとつい人に頼りがちですが、こっちは一人1パートだし。(爆)自分が落ちたら終わりです〜。

で、今日はハイドンやモーツァルトのカルテット、クリスチャン・バッハのクインテット4連チャン!!(@o@)を楽しく初見弾きしてきました。
クインテットは本当はフルート、オーボエ、バイオリン、ビオラ、チェロの編成なんですが、フルート2本で合わせました。
初めての曲ばっかりだけど、わりと簡単できれいな曲ばっかり♪

「いつも初期の作品ばかりだと飽きるから」ということで、モーツァルトはチャレンジ曲として「狩」「春」の1楽章も合わせてみました。あと、嘘でもいいから弾いてみたかったK.421の3楽章も!(^o^)
テンポさえゆっくり目なら意外と行けそうな感じ!何より名曲なんで弾いてて楽しいですしね〜。

↓大昔に初心者の弦楽会でも弾いたことがある1楽章♪ファーストはそりゃー難しいけど、意外とセカンド以下は簡単です。今度弾くときはファーストにチャレンジしてみたいなあ。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    23:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

暑さぶり返し(^_^;)

涼しい朝晩が続き、秋が来た〜♪と思ったら・・・また31度とかに戻ってしまいました。(^_^;)
明日以降は少しは涼しくなるみたいだけど、早い所長袖とか着たいです〜。

さて、レッスンは月末、オケ本番はあと4回の練習を残すのみ。(早っ)

何から練習しようかと考えているだけで練習時間が過ぎちゃいそうですが(爆)、とりあえずはレッスンの曲やらねば!

ローデの4番・・・
出だしの重音、まあまあマシになって来ました。
しかし、この前もレッスンで弾いたらヘロヘロになったので、さらに安定した音程を目指したいです・・・。
最後の早いところは、小指を伸ばして押さえるのとかがツライけど、楽しくなってきました♪
少しずつスピードアップしたい所だけど、まずは正確に・・・。

ブラームスソナタ第2、3楽章
3楽章の方が楽しいので、つい練習時間そっちばっか費やしてしまう。
しかし、2楽章もちゃんとやらねばこの曲終わらないぞう!!

ということで、2楽章、今更ながらボウイングとかシフトを見なおしてみたけど、ハイポジが多く、弓配分も工夫が必要で、なんだか大変です〜。
あと、表現というか、どういう音で弾いていいのかがいまいちピンとこないのは、オケでやってるブラ2の2楽章と同じでございます。(ピアノなしだから、余計に難しい〜〜)

さて、ブラも終わりが見えてきて(いや、まだ終わっちゃいないんですが)、そろそろ次の曲どうしようかな〜と思い悩む季節デス。
実は悩むのが結構楽しい(爆)

ブラームスの次の候補曲は、今まで先生との話に出てきた曲を総合すると・・・
先生のご推薦はヴィターリのシャコンヌ、ヴィニャフスキのレゲンデあたりだそうです。
私好みでグリーグのソナタ2番の楽譜をゲットしたのだけど、ブラームスの次これだと、またロマン派バイオリンソナタ系だしねえ。から、多分上記の「お稽古名曲」に収まりそうな気がしまーす。

あ、そういえばモーツァルトの協奏曲4番も弾いてないんだった。
しかし、お金が足りなかったので、モー様はあきらめて、とりあえず「新しいバイオリン教本6」という2曲入っていてお手頃そうな楽譜ゲットしました。

だけど、この曲集、ヴィニャフスキの華麗なるポロネーズとか、チゴイネルワイゼンとか、アタシのようなヘタレが見ると目が点になりそうなオソロシイ曲ばっかりです。( ̄ω ̄;)

ヴィターリのシャコンヌっていうのも、目が点系・・・。
ホントにこれ弾けるのかなあ。大いに疑問ですじゃ。

その他には以前やったバッハの無伴奏ソナタとか、モーツァルトのソナタとか、わりと優しい曲も入ってます。でも、モーゼ変奏曲(パガニーニ様)なんて一生弾けないよねえ。(汗)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ブラ2最強

早いもので(って、しょっちゅう言ってますが)
オケの本番まで後1ヶ月。練習も、あと5回でGP,本番〜〜〜っ!!!
つい最近まで初見大会とか言ってた気がするんだけど。(汗)
月日が経つのが、最近とみに速いです・・・・。

今度のオケの曲は全部難しいんですが、ようやくブラ2が少しは弾けるようになって、俄然この曲好きになって来ました♪

ブラ2最強!!!

なんたって出だしのモヤモヤした美しさがたまりません♪



マエストロいわく、1楽章の出だしのところは、「すごい田舎、つまり、車とか電車とか全くないような田舎」の風景を思い浮かべて・・・とのご指示が。
あ、ちなみに湖のほとりで作曲されたそうですが、このブラームスの「田園」。

美しいだけでなく中間部のドラマティックなところとか、2楽章の難しいけど幻想的なところとか。
弾けば弾くほどハマります〜。

4楽章がちょっとベトベン先生の歓喜のナントカに似てるのがちょっとひっかかりますが。(笑)

この4楽章も一筋縄ではいかない展開転調を重ね、最後は歓喜の歌なんだけど、コレをどう表現するのかが難しい・・・とマエストロも仰っておりました。

にしても(ちゃんと弾ければ)すごく楽しい!いい曲です〜〜♪
レッスンでもブラームスやっているんで、アタシは何となくブラームスづいてきたのかも。(^o^)

↓32秒くらいのところから「歓喜の歌」が始まるんですが、このオケの方々本当に楽しそうに弾いてますね♪
実はマエストロにも「もっと楽しそうに弾いて〜」とリクエストが(笑)
いや、技術に負われてついつい楽しむどころではなかったので。本番では楽しく弾けるようにしたいです!!



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    19:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード