バイオリンと外宇宙の話 vol.2

京華樓で四川料理♪

辛いもの大好きな私とオットですが、横浜駅の北口に中華街の四川料理店「京華樓」があるのを発見!
食べ物屋さんの沢山入った、新しいおしゃれなビルの中です。

早速ランチに行ってみましたが、ここの麻婆豆腐が日本人の好みを無視した本格派。(^O^)

IMG_2704.jpg

IMG_2707.jpg
この麻婆豆腐がスープとか御飯おかわり有りのセットで700円!
お得です〜♪
よくメニューを読むと、辛さも5段階から選べるらしい。
何も言わないで頼むと、山椒がビンビン効いた本格派が運ばれてきます♪

IMG_2706.jpg

これは刀削麺ランチ。これも700円で、お肉がゴロゴロでした〜!(^O^)

IMG_2739.jpg
メニューを良く見ると、プチ皿料理と点心350円〜というのがあります。いろんな種類が20種類くらいあって、ナカナカよさそう。でも、ディナーしかないみたいです。

で、年末だし四川だ!!(意味不明)
と気合を入れて、ディナーも行って参りました〜〜!

孤独のグルメのゴローちゃんみたいに、コースじゃなくて、目についたいろんな種類のものオーダーして食べたい気分だったので〜♪

で、頼んだのは回鍋肉(これはプチ皿料理でなくて普通のメニュー)
IMG_2741.jpg

鴨肉の冷製
IMG_2743.jpg

鶏手羽の甘辛煮
IMG_2744.jpg

枝豆と高菜の炒め物
IMG_2745.jpg

パクチーの水餃子
(おお〜、ニラのかわりにパクチーが沢山入ってて美味しいです〜)
IMG_2746.jpg

思ったより量もあって、味も(日本人の好みを無視した感じの)四川味!(^O^)山椒も唐辛子もビンビン〜〜♪

大満足でした〜。
本格マーボーとか激辛四川食べたい時に、徒歩圏にお店があるのが超ありがたいっす。
これからもちょくちょく通わせて頂きます〜〜!

京華樓の情報はこちら!
    22:08 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

記念日♪

昨日はレッスン。
で、ついにクロイツェルが終わりました〜!!(*^_^*)

日記を読み返してみたら、2005年の12月からやっております。
7年かかったんですなあ・・・。(しみじみ)

クロイツェルをやって良かったことは、重音で苦労して、それを通して自分の弾き方を見直しできたこと。
未だに重音下手くそですが、「とても弾けそうにない」曲をネチネチさらうのはすごく勉強になりました〜。弾けるようになったかというと、そうでもなく、先生に甘くお目こぼししていただいた曲も沢山あるんですけどね。(爆)

さて、次のエチュードをどうしようかと考えたのですが、やっぱり「とても弾けそうにない」曲をネチネチさらうということはレッスンでしかできないと思ったので、ローデをやることに決めました。

先生にその旨お伝えし、生きてる間に全曲やるという野望は捨て、マッタリ取り組みます〜とお願いしたら、先生「今度のは26曲ですからね♪すぐ終わるんじゃないかしら〜」
そ・・・それはないでしょう。^^;
楽譜は薄いが、内容が超濃いっす。

さて、クロイツェル合格に気を良くしてバッハも3曲見て頂きました〜。
まだ譜読みして間もなかったジーガだけ次回もう一度で、クーラントとサラバンドは終わりました。
ここの所ガンバって練習してきた成果があり、サラバンドの重音も当社比ですが少し良くなったみたい。
これもクロイツェル効果かしらん〜〜。(*^_^*)

クロイツェルさまよ、7年間ありがとうございました〜。

ブラームスは第一楽章のボーイングやフィンガリングをざっと見て頂きました。
これで、晴れて年末年始はブラームス弾けます♪
シアワセ〜〜〜!!\(^O^)/

ローデというのは「ローデ・24のカプリース」のこと。クロイツェルよりだいぶ曲らしくなってきて、ちゃんと弾ければ(笑)楽しそうです♪



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    16:35 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

アンサンブルの練習

先日のオケ錬ベト2の時に、マエストロが「今日は少しフォーメーションを変えて練習しましょう」とおっしゃいました。「お互いの音を聴き合う、アンサンブルの練習です」

どうしたかというと、セカンドバイオリンとビオラの間を広〜〜くあけて、セカンドはトップの人もかなりうしろに座る。
そして、いつもは弦の後ろに座っている管の人たちをズズイッと前に出して座らせたのです!!

トランペットの人の後ろ姿を見るなんて、初めてだ〜!!(@_@;)
管の人たちは、「バイオリンが後ろから聴こえてくるなんて初めてだ〜〜」とおっしゃっていました。

この、なれないフォーメーションでベト2の3楽章の練習をしたのですが、効果テキメン!

日頃は聴こえない音が聴こえ、または聴こえる音が聴こえないので、自然と皆、耳がダンボに・・・。
いつもよりも、より他のパートを意識できるようになったかと思います。
マエストロ、ブラボーです♪


さらにさらに・・・
練習後15分ほどを使って、ファーストバイオリンとセカンドバイオリンが残されて、1楽章の出だしのトリルのところをさらわされました。(^^ゞ

ベト2

↑ここの所!
みんなで合わせるの難しい〜〜!!
後打音の「#れみ」をしっかり弾くことで合わせる練習をみっちりいたしました。

今回のマエストロ、練習のポイントがわかりやすくてとっても楽しいです♪
ベトベンばっかり弾いてる気がしますが、今回はなかなか良い感じ!実は次回6月の本番にもエグモントあるんだけど、指揮者先生によってかな〜り曲の印象が変わることがわかったので、むしろ楽しみデス。

前回の合奏団のベト1は、皆弾けてないのにテンポは最初からやたら早くって、アンサンブルメタメタで、ホント辛かったなあ。( ̄ω ̄;)
多少ゆっくりでも、余裕をもってアンサンブルしている方がいいなあと思います。多分に楽団員の力量が関係しますが。(爆)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:46 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

はっと気づくと

もう年末です〜。( ̄ω ̄;)早っ・・。
そして、あっという間に一ヶ月に一度のレッスンがやってきちゃいます。(今度の日曜日)

忘年会ラッシュでサボりがちでしたが、焦って録音してみました。
ブラームスが早く弾きたいんですが、そこは我慢。
トリプル・バッハと、来年はもうサヨウナラしたいクロイツェル様をなんとかせねばです。

サラバンドの出だしの和音はだいぶマシになってきたかと思うんだけど(当社比)いつもレッスンで緊張してコケたりするので、トホホです。(爆)



オケのベト2の方は、最初は刻み多くてテンポ速くて、アリャ〜って感じでしたが、指揮者先生が少しテンポ落とし気味で練習してくださったせいか、少しは弾けるようになって、楽しくなって来ました♪
でも、刻み大変ですけれど・・・。
ベトベンはパリっと弾くには難しいですね〜。

本振り先生、アンサンブルを緻密に指導してくださって、とっても勉強になります。
合奏団でベト1やった時は、最初っから恐ろしい速さで、勢いでガサツなまま本番まで行っちゃった感がありますが、オケ奏者の力量を考えてテンポ設定して下さる先生ってありがたいデスね〜。^^;

ハチャトゥリアンのワルツも、簡単でノリノリなオイシイ曲です〜。あまり練習時間がないのが残念。

1月は絶対ブラームスのソナタに集中したいっ!!
やっぱり今週はガンバって練習しなくては〜!!



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    17:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ヴァイオリンを弾くための身体の作り方・使い方


ヴァイオリンを弾くための身体の作り方・使い方 基礎編ヴァイオリンを弾くための身体の作り方・使い方 基礎編
(2012/11/27)
柏木 真樹

商品詳細を見る


ストリングスやサラサーテでバイオリンの指導法を執筆されている柏木真樹さんの本です♪
アマゾンで早速注文して読んでみました〜!!

幸い、私はバイオリンを始めて身体を痛めたことはありません。・・・まあ、始めたての1,2年は力入れすぎて肩凝ったりしましたが、最近ではバイオリンを始める以前よりも肩こりは良くなったくらいです。
いかに昔運動不足だったかがわかりますねえ。(笑)

バイオリンの顎あてや肩当ての角度も自分なりに工夫した結果、昔よりは安定してきたと思うんですが、自分がオケとかで演奏している姿をビデオで見ると・・・・。
うーん。やっぱり(小さい頃からやってる人に比べて)何か違うな〜、と。

この本は、身体の筋肉の動きからバイオリンを弾くための動作を考えようという本です。
かな〜り記述が細かいので、一読して把握できたとは言えませんが、自分に当てはまる課題がザクザク見つかりました。(汗)

右肩や左肩の力を抜く重要性はもちろん、「右手と左手がシンクロしてしまう」という項目は目からウロコでした〜。
身体が開く、閉じるの運動(体幹の動き)が硬いと左手が右手に影響するそうです。
思い当たること沢山です・・・。
自分の発音の悪さってこれが原因かも・・・。

あと、ボウイングの時の肩甲骨の動きについては細かく沢山のページを割いて書いてあり、非常に勉強になります。
特に、弓にフォルテッシモの時に重みをかけるときの運動で、正しくは肩甲骨の回旋運動を使うそうなのですが、悪い例として肩から力をいれてる図解説明が「アタシのフォームそっくり」でした〜。(;一_一)
本番でちょっと緊張すると弓がコントロール効かなくなるのも、こういうところに遠因があるのでしょうね。

せっかく始めたバイオリンなので、なるべく老後も長い間弾いていたいし、身体の使い方、特に肩の使い方は気をつけないとね♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    14:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

年末までには

ハット気づくともう12月でした。
年末までにやらねばならニャイことが沢山あります。

今月末のレッスンまでには・・・
絶対にクロイツェルを終わらせる。(決意)
●バッハも、なるべく3曲終わらせる。
早くブラームス弾きたいし!!(^O^)
しかし・・・
ブラームスも最初の方譜読みしてきて下さいと言われて、嬉しくてバッハより時間かけて弾いてるかも・・・。
いけニャイっ!!
ここで我慢です〜〜〜!!

そして、オケのベト2。
●1月になったらお休みする予定なので、なるべく12月中に「弾けた感」を出せるようにガンバる。

ワルツとポルカは私的にはどーでも良い感じなんですが(笑)

風邪でオケ錬一週間お休みしちゃったんで、そろそろちゃんと弾けた感が欲しいところ。
12月は仕事もスペシャルイベントがあったりと、何かと忙しいんですが、音楽ライフも充実したいっす♪

それにしても、ブラームス、昔試し弾きした時に比べると、音取りがすごく楽になっていて嬉しいデス。
セカンドポジションとか高いポジションに少しは慣れたのかなあ・・・。(*^_^*)
あとは・・・綺麗な音で弾ければよいのですが。(汗)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    18:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード