バイオリンと外宇宙の話 vol.2

オマール海老のビスク・・・のようなもの

毎日寒いですが、今日は特に冷え込みましたね!
寒いときは鍋物かスープに限ります♪

「スープストックトーキョー」の「オマール海老のビスク」

アレがアタシは好きでねえ。
定期的に食べたくなるんですが、今日は冷凍庫に生協のブラックタイガー、カニとホタテの缶詰があったので、「ひょっとしたら似たようなものができるかもしれない」と一大決心し、制作してみましたよ~~。
あと、激安のハマグリも出汁になると思っていれてみました。
うーん、何の料理だっけ?

「オマール海老のビスク・・・のようなもの」

20110131DSCF1213.jpg


エビと香味野菜を炒めて、本当はシノワで漉すんでしょうけど、フープロでガーっとやって、全部食べることにしました。勿体無いし(笑)

有頭海老じゃないので出汁がイマイチ(イマ2くらい)だったので、缶詰入れて、生クリームで味を整えたら意外といけました~~♪
しかし、今度作るときはちゃんと頭付いたエビ買ってきます。(^^;)

    19:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

また顎あて変えました(^^;)

以前の記事でクビのアザが悪化して低めの顎あてと「ストラッドパッド」を組み合わせて使うことにした・・・と書きました。

実は、先週のオケ本番前に・・・
また顎あて変えちゃいました!(爆)
どんだけ・・・って感じですが~。
20110126DSCF1210.jpg

じゃ~~ん!!
初体験の顎あてです!!

で、どうしてまた変えたかといいますと、クビのアザが皮膚科のお薬でだいぶ良くなってきたこともあり、アザよりフォームを重視しようかなと思い直したわけでございます。

やはりこの顎あてだと低めなため↓

20100704DSCF0298.jpg

本番のビデオの自分の姿勢を見て気づいたことですが、頭がバイオリンを迎えに行っちゃって、どうしても姿勢が悪くなるようでした。

もちろん、これに「ストラッドパッド」を付けるので、高さが高くはなるんです。
が、ストラッドパッドは、フニャフニャしているために、バイオリンがイマイチガシッ!と保持出来ないんですよね~。クビのアザには大変優しいんですが。

もちろん、あまりに固くハメこむのはなんですが、クビの支えのポイントがフニャけているために、ハイポジになるとバイオリンが左手方向に動いて「バイオリンを背負ってる状態」になっちゃったりしてたんです。

で、さらにその前のタイプ↓
20100704DSCF2034.jpg

に戻そうかな~~と思って。

しかし・・・・
「だけどその前にもう1種類くらい試してみたいかも」
・・・なーんて思いまして。(笑)

で、最近私の回りのオケや合奏団の人の中で密かなブームの、テールピースの真ん中に顎あてがつくタイプを二種類くらい試した結果、少し高さは高めになりますが、コレをチョイスしてみました。
20110126DSCF1211.jpg

肩当の高さと角度を工夫してみた結果、フィットしたので、コレをつけて先週のオケ、リハーサルから本番まで一日中弾いてみたんですが・・・
なかなか良い感じです!

ただ、ストラッドパッドをつけなくなったので、クビのアザは気を付けないと悪化しそう。(^^;)

あちら立てればこちら立たず・・・って感じで、いやはやですが。
とりあえずフォームを美しく!でがんばりまーす!

ちなみに、フィッティングに付き合ってくれたウチのオットがぼそっと一言・・・「アゴの型をとって、作ればいいんだよ」
そ、そりゃそうですがね。(^^;)
でも、あんまりアゴにフィットしすぎてても、引っかかるところがなくて、それはそれでまた持ちにくいしねえ。(^^;)
難しいもんです、ハイ。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:03 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top

初オケ本番

きのう、初めてのオケの本番終わりました!

弦楽合奏と違うところは、やっぱり人数が多いので安心感がちがうなあというところ。
それと、パーカッションが充実してる曲は、大太鼓とかシンバルがガーンとくるので、自分の音がやっぱり聴こえなくなりますね。(笑)
新春コンサートということでウィンナ・ワルツ、ポルカなんかがプログラムにあったんですが・・・
裏打ち地獄で疲れました。(^^;)

そして、もう早速次の譜面が来ているという・・・。
次から次ってかんじですなあ。やっぱりオケの曲は音符が多い。

ついていけるか、自分?
いや、がんばります♪

あ、ちなみにコンサートの締めくくりはラデツキーマーチでした。
本当にお客さんが手拍子打ってくれるんですねえ・・・。
楽しかった♪



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    13:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

腕だるいっす(^^;)

一ヶ月に一度のレッスン♪
貴重なレッスン日なので、なるべく頑張って練習していきました!

クロイツェルとか、超複雑な楽譜をこなすのは、一ヶ月あると少しだけ余裕が出来まする。

新曲!クロイツェル35番です。

クロイツェル35

これ、アタシにとりましては大の苦手系のオクターブ、三度の進行が比較的少ないので、先生に「音程は(割と)良い」と褒めていただきました♪
ウフ♪
曲としてもわりと楽しい曲だしね!

マーチの形式なので、付点のついた所の最後の16分音符は、抜けないようにしっかりと弾いて、スラーのついたところはなるべくビブラートをかけて滑らかに・・・と教わりました。

わたし、重音のビブラートはかけてるつもりが、かかってないことが多いんですよねえ。特に1の指がからむと・・・。

この35番を通して弾くと、ウデが結構だるくなります。
指が痛くなるとか、腱鞘炎になりそう・・・なほど練習熱心でないので、痛いとかはないんですが、疲れますよね、やっぱり。

次はバッハ無伴奏。

家ではつるつる弾けたんですが、やっぱり調子の波があるようで、結構つまづいてしまいました。(^^;)

いろいろ指摘を受けたのですが、一番さえないのが出だし・・・だそうです。(爆)
バッハパルティータ3-1

「みれ#、み、し、そ#、し、」の最後の四つの8分音符は、ちゃんとビブラートをかけましょうと指摘されました。(^^;)

いやー。
なんか、出だしは調子でないんだよね。しかし、ちゃんと音に響きを持たせないと駄目だということで。

重音もバロックものも、意外とビブラートが問題、のレッスンでした。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    19:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

明日はレッスンだ

一ヶ月に一度のレッスン・・・
やっぱり練習サボりがちになりますねえ。(^^;)

これから、記憶喪失を取り戻すべく、無伴奏~~!!



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    14:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

オケ老人!

知り合いにすすめられて、読んでみましたあ!


オケ老人! (小学館文庫)オケ老人! (小学館文庫)
(2010/12/07)
荒木 源

商品詳細を見る


「いや~、コレ読むと自分のことのように感じるよ」と知り合いの方が仰ってましたが、アタシも大いに主人公に感情移入しましたよ。(^^;)

物語は高校の先生を本業としている、30代の男性アマチュアバイオリン弾きさんのおはなしです。
たまたま定演を聴いて感動した「梅が岡フィル」に入ろうと思ったら、間違って老人ばかりの「梅が岡交響楽団」に入っちゃって、若いからという理由でなぜか指揮までさせられちゃいます。

実は、梅響と梅フィルはもともと一つのオケで、キレるコンマス大沢が、梅響から上手なメンバーだけを引きぬいて梅フィルを結成したのです。

ここまで読むと、アマオケを知ってる人なら「うーん。あるある。よくある話だ。」と、思わずニヤケてくることでしょう。(^^;)

梅フィルのコンマス大沢は、大人気指揮者のゴルゴンスキーを招聘し、団のレベルアップのために下手な団員を降り番にするシステムをもうけたりして、結果梅フィルは上手だけど大変雰囲気の悪い団になっちゃいます。

ここまで読むと、アマオケを知ってる人なら「うーん。ま、ここまで極端じゃないけど、似たことはある話だ。」と、これまた思わずニヤケてくることでしょう。(^^;)

ところがなんと、梅が岡に来た指揮者ゴルゴンスキーは、老人オケの梅響の方が気に入ってしまいます。
「下手な人をクビにする梅フィルなんてナンセンスだ。競争も必要だが、音楽の楽しみを純粋に享受できるのがアマチュアだ。」
・・・と言って、梅フィルを振るのをやめてしまい、そればかりか梅響のために「ダイコン協奏曲」を作曲してあげたりします。

ここまで読むと、アマオケを知ってる人なら「うーん。プロの方は皆そう言うよねえ~」と、これまた思わずニヤケてくることでしょう。(^^;)

最後に定期演奏会が大成功し、厳しすぎた梅フィルに不満を持ったメンバーが梅響に戻ります。それにロシアのスパイの話がからんだりして、いやー、サクっと楽しく読める本でした♪

ゴルゴンスキーの言うとおり、アマチュアの音楽の楽しみ方は自分が楽しむためですが、合奏となるとチームプレーですからねえ。
楽しむにもルールがあるし、あまりにもグチャグチャだと楽しむどころではなくなるしね。難しいもんです。
また、アマチュアだからこのくらいのレベルでいい、というレベルは存在しませんからね。

ただ、最近よく思い出すのは、以前プロ奏者に聞いた言葉で、「下手なアマチュアほどプロのマネをしたがる。堂々とアマチュアをするべきだ」という言葉。

競争原理のみで、あそこより上手い、下手、ということ以外に、音楽の楽しみはあるんですよね。
個人的には、本番さえ良ければいいというのがプロの論理、練習も楽しくなければ、というのがアマチュアの論理かなあ。

この小説の老人たちのように、音楽によって幸福になること、成長という冒険を楽しめること、が、堂々とアマチュアする・・・ということなのでしょう、きっと♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    12:25 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

初練習

新年初の合奏団練習でした♪

今日は本当はバッハ・ブランデンのリコーダーソリストの方が見えられるはずでした。
で、ブランデンだけを練習していたんですが、直前になってソリストの方が欠席になりました。

というわけで、またもやヤマがはずれ、あまり練習してないドボルザーク中心の練習になりました。

で、いつも苦労している5楽章の例のところですが
ドボ弦セレ5楽章

練習しても、もうど~~~~しようもなく弾けないので、まともに練習するのをやめて作戦変更です。

1小節の内、2個の音符だけ拾って弾くことにしました。

・・・・うーん。
見た目で、弾いてないのバレバレですがな。
せめて、1小節で4個くらいは弾けるように頑張りたいです、ハイ。

もろ編曲ワザですが、ここは絶対インテンポじゃ弾けないよ~~!!

練習後は皆で練習時間より長い飲み会を楽しんだのでした♪
次の日は成人の日で祝日だったしね。いやー、盛り上がったのなんの。

ちょっと飲み過ぎで二日酔い~~。(^^;)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

お弾き初めはバッハです♪

明けましてバッハでーす!!(^0^)
お弾き初めはやっぱり無伴奏プレリュードですだ。

・・・しかし、お正月に相応しいスガスガシイ音が出ないなあ。

バッハ無伴奏パルティータ4p-1

この119小節目のあたりから、3つスラーのところとか、感動的に盛り上げたいんですが、むずかしいですなあ。

バッハ無伴奏パルティータ4p-2

ようやくヨタヨタと4ページ目までつまずくことなく弾けました。
テンポ、超遅いけど・・・。
最後に待ってる4重音が相変わらず下手くそです。

めったにないことですが、音がハモると身体にび~~んと響いて心地良いです。
当分はバッハがマイブームですう~~♪



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    18:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
予告通り猫写真から始まる2011年でーす!(^0^)

20110102DSCF1195.jpg

今年もバイオリンと外宇宙の話をよろしくお願いいたします♪
早速ですが、今年の目標をば・・・。

●レッスン回数が少なくなったけどキソ錬をサボらない。
●クロイツェルもサボらない。
●オケの曲で、休符をちゃんと数えるようにする。(爆)

いやー、合奏団の曲とかだと短いし、曲を覚えれば落ちる飛び出すってそうそうないんです。が、オケの曲は休符の時も真面目に頭でカウントしないとダメっすね。数字数えるの苦手ですが・・・。

今年も、仕事もばいよりんもがんばりまーす。

さて、麦染の今年の目標は?

染ちゃん
「アラ、アタシ?
アタシは今年もマイペースよ。
クールビューティーお染、ですのよ。」

20110102DSCF1198.jpg

麦太くん
「ボクはダイエットするんですニャ~」

20110102DSCF1190.jpg

・・・
2ニャンともども、今年もよろしく~~。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
Tag : 染ちゃん 麦太 
    10:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード