バイオリンと外宇宙の話 vol.2

やっとバッハ♪

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル34番
●エルガー/愛の挨拶
●バッハ/無伴奏バイオリンパルティータ3番プレリュード
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

オケ効果ですっかり練習不足ですが、夕方レッスン行ってきました~。
秋雨がぱらぱらと、しっとりしとしとな日曜日でした。

新曲のクロイツェル34番。
やっぱり、前の2曲に比べるとだいぶ簡単です♪
早上がりの予感がっ!(^0^)
次回は2番目のバリエーションを見てきてとのことでした。

エルガーは前回の続きですが、出だしの音をピアノですが暖かく、しっかりと・・・と指導されました。
いや、4の指で始まるのが嫌なんですよねえ。(; ̄∇ ̄A
引き始めからしっかりと綺麗な音で。こりゃ、課題です。当たり前のことだけど・・・難しいですよね。
エルガーは、今回で終りになりました。

さて、ずっとおあずけだったバッハです!
「バッハの無伴奏」
この音楽の金字塔を前に、keroは何ができるのかっ・・・!!

なんて、お馬鹿なことを考える以前に、とりあえず音符を追うのに必死です。(爆)    

バッハパルティータ3-1

出だしはとにかく響きが命・・・ということで、弓使い、弓の幅の調整、弓圧のかけかたなどなんども繰り返し弾きました。

バッハパルティータ3-2

第一と第二の難関が突破できない感じです。(^^;)
「そみみみれみみみふぁみれみ、みみそみふぁみそみらみふぁみ・・・」

・・・・

ひい~~!!( ̄ω ̄;)
頭が混乱しますう!!

あと、ついハツラツと弾こうとするあまり、テンポが上がりがちなんですよね。ゆっくりさらわねば・・・。

ミルシテイン様のように弾ける日は来るのかっ!!
(あ・・・そりゃ、こないですけどね。フッ・・・)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ついにオケにも

バイオリンをはじめて苦節10年ちょい。
ついにアタシkeroは・・・

オケにも入っちゃいました!(爆)

弦楽合奏曲も楽しいし、地味暗い曲大好きなんですが、年齢的体力的に、フルオケに挑戦するなら今かなあと、一大決心しましたです。
で、数回見学させていただいて、入団を決めました♪
あ、オケは人数多いんで、検索でこのブログ引っかかったら恥ずかしいので詳細は書きませぬが。(^^;)

悩んだのは、レッスンと合奏団との両立(三立?)です。
レッスンさぼると、すぐフォームが変になりそうだ・・・。
合奏団は、地味暗い曲が好きなので、続けたいし・・・。

悩んで先延ばしにしたあげく10年かかりました。(^^;)

ただ、やっぱりオーケストラの名曲も弾いてみたいし、そろそろ死ぬまでに何曲弾けるか的な年齢にさしかかりつつありますんで(^^;)頑張ってみるつもりです!

とりあえず、先生に相談し、当面はレッスンを月一回、基礎重視のメニューでレッスンしていただくことに決めました♪
遊ぶ時間は増えるけど、月謝とか団費のコストは以前と同じ・・・

いや~、バイオリンって、本当に安いお値段で遊びまくれます!(^0^)
もちろん、うん百万の楽器とか買うと大変ですけれどね・・・。

オケ練についても、検索に引っかからない程度に(笑)ちまちま書きたいと思いまーす!
レッスンについては記述が減ると思いますが、そういうわけなので~。

わたしみたいに、ア・ラ・フォーで始めた方、皆様頑張りましょう♪
10年やれば、存分に遊びまくれるようになりますよ~!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:25 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

もうひとつの2ニャン物語

このブログで「2ニャン」といえば、麦・染のことですが、今日はもう一組の2ニャンについて語りたいと思います。

私の住んでいるところは古くからの住宅街なので、クラシックな餌やりの猫オバサマがいたりする、のどかなところです。

もちろん、都会ですし、最近はマンションも新しい住人も増えて、「ここで猫に餌をやらないで」な~んて、いさかいも起きるようになりましたがね。
それでも、皆に大切にされてきた外猫さんが、まだまだたくさんいます。

その中の2ニャンを紹介します。

まず、1ニャン目は毛布ニャン
我が家の屋根や、向かいの屋根に時々登場する、体格良くハンサムな若いオス猫さん。

20081002DSCF3298.jpg


推定3歳ちょっとです。子猫の頃突如現れたこと、最初から人間に良くなついていたことから、捨て猫さんかと思われます。

以前のブログでも紹介しましたね~。

もう1ニャンは、月子ちゃん。推定4~5歳のとてもちっちゃい子です。
20090422SBSH0004.jpg

野良さんが生んだ、一度も人間に飼われた経験がない子ですが、毛布ニャンが現れた時、猫オバサマのところに連れて来たり、世話をしたりと、優しい心根の女の子です。

猫風邪で目が悪くなってしまいましたが、哀れに思った猫オバサマが避妊手術をしてあげて、餌やりをしてなんとか生き延びて来ました。
最初は人間を見ると飛んで逃げてしまったのですが、ご飯をもらったりするうちに、少しずつ、人懐こく甘えるようになってきました。

毛布ニャンと月子ちゃんの2ニャンは、いつも夫婦のように寄り添っていました。(一応2ニャンとも去勢・避妊ずみなんですがね~)
20101026SBSH0003.jpg

先日のこと。
私たちの友人で猫好きな夫婦が話を聞いて、一度毛布ニャンとお見合いをしたい、と言ってくれたのです!

子猫はともかく、成猫になるととたんに貰い手がなくなってしまうものなのですが、友人夫婦は成猫でもオッケーと言ってくれました♪

健康でハンサムな毛布ニャンは貰ってくれるかも!

20101026SBSH0002.jpg


しかし、目の悪いハンディキャップのある月子ちゃんは、正直、貰い手がないだろうなとあきらめておりました。
そして、いつも一緒にいる毛布ニャンがもらわれていったら、月子ちゃんは私たちが面倒を見よう、と考えました。麦・染と上手くやっていけるかは、あとで考えるとして。(^^;)

20101024pic3.jpg

さて、お見合い当日です。

友人夫婦はまたたびを持ってきました♪
ちょうどご飯をもらったあとの毛布ニャンと月子ちゃんと、またたびを使って遊んで、少しだけ気を許した月子ちゃんを、奥さまの方がさっと持ち上げて抱っこしました。

そしたら、月子ちゃんが「きゅーっ」と奥さんにしがみついたんです。

昔、人間を見たらすぐに逃げ出していた月子ちゃん。人間社会で暮らすうちに、それほど人懐こい猫になってたんです。
いや、というより、月子ちゃんが、いかに人の手を必要としていたのか・・・。

見ていて、思わず涙が出てきてしまいました。

考えて見れば、健康で綺麗な毛布ニャンは、いつも皆になでられたりだっこされたりしていたけど、月子ちゃんは、そんな経験なかったんだよね。
人のぬくもりが初めてだったのかも。嬉しかったのかもしれません。
またたびでラリっていた可能性もありますが・・・。(^^;)

奥さまに「きゅーっ」としがみついている月子ちゃんの姿・・・。
きっと私は一生忘れられないでしょう。

そして・・・・
めでたく、毛布ニャンと一緒に、月子ちゃんも2ニャンで友人夫婦にもらわれていきました!
2ニャンは幸せをつかみました。

ウチの2ニャン「麦・染」も、野良猫が庭で生んだと言って、動物病院に目が開かないうちに運ばれてきた子たちです。
生まれた時から人の手に慣れていて、人のお世話を当然のように思ってるみたいですが、ひとつ間違えば、君たちの運命も、毛布ニャン月子ちゃんみたいに苦労の連続だったかもよ~。

20101026DSCF1002.jpg

なーんて、言っても、わかってくれないみたいですが。(; ̄∇ ̄A

毛布ニャンと月子ちゃんの、残る後半の猫生の幸せを祈りつつ、今日はこ・れ・ま・で。
    10:05 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

クロイツェル34番

今日は、レッスンの曲をようやく腰を落ち着けてさらえました。

最近のクロイツェルは恐ろしいものばかりなので、この34番が簡単に感じる自分が恐ろしいです。

クロイツェル34番

なぜ恐ろしいかって?
簡単に感じるだけで、実際は弾けてないんですよね。(爆)

その、意識と実力のギャップがオカルトだあ~~!!

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ミニコンサートと海鮮丼♪

今日はミニコンサートの日!
浦賀駅なんて、初めてきました。ちょうど三浦半島の右端ですね~。


20101017Image001.jpg

ここからピストン輸送でコンサート会場の診療所へ。
最初は人がだれもいないので、「もしかしたら、無人演奏会に!?」なんて心配しましたが、1時半の開演時間には、たくさんの方が聴きに来てくださいました!

アイネクライネ・ナハトムジークとか、この前の本番でやったヘンデルのオンブラ・マイ・フとか、クラシックの曲のあとの定番「川の流れのように」「小さい秋見つけた」「ふるさと」なんかでは、みなさま声を出して一緒に歌ってくださいました♪
よかった~~♪

・・・しかし。
病院って・・・暑いんですよね。
老人ホームのコンサートも暑いけど。(^^;)

練習も本番も汗だくになったkero。すでにこのころ、喉がカラカラに・・・。

その後、皆様と京急観音崎ホテルのレストランに向かいます。
おおっ・・・海がみえますよ、灯台がみえますよ!
観光地だっ!!(^0^)

20101017Image005.jpg

「コーヒーにしますか、紅茶にしますか?」と聞かれたアタシ。
「ビールありますかっ」と叫んじゃいました。

で、海鮮丼と、

20101017Image007.jpg

横須賀ビアサケ。

20101017Image008.jpg

お、おいしい・・・(^0^)
海鮮丼の中に入っている「なめろう」的な味噌味のもの。
これが、こすぎず薄すぎず、刺身の味を引き立てています!
なんだか、久しぶりに美味しい物を食べたなあ~って感じ!(^0^)

ビールも美味しかったです♪

フレンチレストランということですが、この「なめろう」的なもののレシピを教えてほしいなあ。それほど美味しかったですよ♪
他に、横須賀海軍カレーもあったようで。

遠足に行ったみたいな楽しい一日でした♪
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:32 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

明日はミニコンサート

明日は合奏団で診療所のミニコンサートです。

実は、先週の練習の時、K.136だけを頑張って練習していきましたら・・・

やらないんだってさ~~。(がーん)

がーんと言うほど弾けてなかっけど。(^^;)

で、いつものように、アイネクからはじまりまーす!
あとは、ヘンデルとか日本の歌とか。

いつもの老人ホームではなく、診療所の(普通の)患者さんに聴かせるので、なんとなくキンチョウ!でーす。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

モーツァルトK.136

明日は合奏団で診療所と老人ホームのコンサートの練習をします。
セカンドバイオリンの方が出られない人多いので、「あ、じゃあアタシがセカンド弾きます~」と軽くお約束したアタシkeroですが、よくよく楽譜を見てみると、モーツアルトのディベルティメント、K.136があるではありませんか。

k136.jpg

セカンド殺し~~っ!!の部分です。(^^;)

ディベルティメントって、たしかK.138もセカンド難しいんだよね。
せめてテンポが早くならないように祈るばかりでございます。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    16:45 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

クロイツェル33番終わりましたあ!

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●サン・サーンス/白鳥
●エルガー/愛の挨拶
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


今日のレッスンは懸念のクロイツェル33番の仕上げです。
しかし・・・
先週の本番のせいで、仕上げのはずがすっかり記憶喪失になっちゃったようで・・・。(; ̄∇ ̄A

また前の32番のように半年かかるのだろうかと、フキツな予感がよぎります。

20100920DSCF0961.jpg

しかし、スラーやフレーズ、移弦等、主に右手に気をつけた結果、めでたくアガリになりました!(^0^)

最近のクロイツェルは、一曲終わるたんびに飛び上がらんばかりにうれしいデス。

こんな楽譜ですからね、もちろんきちんと弾けてはいないんですが、以前に比べると騒音ではなく少しは音楽のようなものに聴こえるようになったのが嬉しいです~。

以前は重音と聞いただけで蕁麻疹がでそうだったのですが、だいぶ慣れて、(たまに)ハモった時なんかはとっても楽しいです!
重音は単音を弾く時より力を抜いてっていうのもわかってきましたし♪

アマチュアバイオリン弾きだし、重音なんてあまり必要ないよなあ・・・と考えてましたが、単音を弾いている時の欠点がすべてつまびらかになるので、やっぱり勉強の甲斐があるみたいです!

次回からは34番。これまた、ぜーんぶ重音ですじゃ。(爆)



さてさて、今日の曲はサン・サーンス「白鳥」と、エルガーの「愛の挨拶」です。
白鳥の方は、出だし[ピアノ]なのに、ガシガシ弾きすぎると注意されました。(^^;)
「緊張感で張り詰めたような音ですねえ~。もっとこう、静かな音を出しましょう」と先生。
エッ ∑( ̄□ ̄;)!!
そ、そういえば、静かな曲なんだっけ・・・。

アタシのイメージでは、あのバレエの「瀕死の白鳥」(注)死にそうな白鳥が、最後の力を振り絞ってゼイゼイ踊るヤツ・・・のイメージでした。(爆)

クレッシェンドのところは、あとあと盛り上がることを考えて弓を使うべしとのことです。

最近アタシは、弓の使い方に計画性がないと、わかってまいりました。(^^;)

エルガーの愛の挨拶ですが、指番号とか弓順に慣れるので終わってしまいましたが、この曲って、強弱とか
速度の変化がえりゃー激しいんですね。 

poco cresc.とか、cresc.moltoとか・・・
accel.とか、rit.とか、poco rit.とか・・・
ことこまかに2小節ごとに書き込まれてます!!

演奏家の方が自由にルバートしてたのかと思ったら、エルガー自身の指定が沢山あったんですね~。目からウロコです。
まだまだ譜読みが不十分でした。

次回は、この「愛の挨拶」と、ついにバッハのパルティータ3番に入ります!

ゆったり弓使ってゆるゆるビブラート、の曲と正反対の曲なんで、なんだか楽しみだなあ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

エルガーの「愛の挨拶」

早いもので本番からもう一週間!
実は、本番の椅子がチビのアタシにイマイチフィットしなくって、本番の後、腰→肩→背中の順に痛くなり、練習をおもいっきりサボっておりました。(トホホ)

寄る年波には勝てませぬ・・・。

なんとか一昨日くらいから復活して焦って練習しております。
明日はレッスンですが、サン・サーンスの「白鳥」と、エルガーの「愛の挨拶」が課題曲です♪

意外とポピュラー名曲を弾いてなかったのですよね、アタシ。

うーん。
うーん。
・・・・

ビブラートおもいっきりかけないと、まったくサマにならない曲ですだ。(爆)
やっぱり1の指のビブラートがポイントです。4もですが・・・。

クロイツェルは最初に比べれば良くなってきたとは思いますが、録音してみなくっちゃ。

四十肩(若干のサバ読みあり)にならないようにきをつけて練習しまーす!



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    12:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード