バイオリンと外宇宙の話 vol.2

仙台国際音楽コンクール

珍しく1日2回めの日記でーす。

合奏団の前回の本番でピアノコンチェルトを弾いてくださったソリストS氏が、仙台の国際音楽コンクールでファイナルに残っているよ、と、合奏団の団長からメールが回ってきました♪

ニャンと素晴らしい!(^^)

審査結果は土曜日の夜。
仕事中だったんですが、審査結果をTwitterで知らせてくださるボランティアの方のページを何回も確認しておりましたところ、三位入賞というニュースが飛び込んでまいりました!

Sさん、おめでとうございます~~♪

仙台国際音楽コンクールの模様は、全部こちらのホームページから見ることができますヨ。

Sさんがファイナルで弾いたのはラフマの2番ですが、セミファイナルで弾いたのが、われら楽団と一緒にやったベトベンの2番
おお~
プロオケと一緒だと、曲が違って聞こえます。(^^;)

しばし、ピアノ部門のいろいろな出場者の方のビデオを比較したり、聴き比べたりと楽しく土曜の夜を過ごしました。
その後、先に終了したバイオリン部門のビデオを聴いてみてびっくり。

予選、セミファイナル、ファイナルと、3曲とも協奏曲なんですね~!!(@o@)
すごく聴きごたえがあるというか、贅沢なコンクールなんだなあ。

予選は、私も以前弾いたことのあるモーツァルトのバイオリン協奏曲、3,4,5番のどれか一曲を選ぶ方式。
しかも、室内オケと、前奏を端折ったりすることなく、全楽章の演奏。

演奏スタイルも、トゥッティも一緒に弾く方式とか、カデンツァもいろんなバージョンが聴くことが出来ます。
それらがぜんぶストリーミング配信で聴くことができるのですヨ!!

学習者の方、ぜひ仙台国際音楽コンクールのホームページにGoですヨ!!
すごく勉強になるとおもいまーす!!

バイオリンの出演者の方のビデオを楽しんでいた中で、「おお、こりゃすごーい!」とkeroが思わずかぶりついた方がおひとり♪

乾ノエさんという日本とギリシャ国籍のバイオリニストの方です。この方、惜しくもファイナルに進めなかったんですが、最初のモーツァルトも、セミファイナルのパガニーニも、オーラ出まくり!!(^0^)

ソリストっていうのは、こういう方のことを言うんでしょうね~。
個性が強すぎて、コンクール向きじゃないのかなあ、ファイナルには進めなかったんですが(ぜひもう一曲聴きたかったんですが)、もうすっかりファンになってしまいました。

昔、ショパンコンクールで落選したので、かえって有名になっちゃったボゴレリッチみたいな人もいたなあ。(笑)

乾ノエさん、ぜひ生で聴きたいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:32 | Trackback : 0 | Comment : 7 | Top

スランプです

レッスン 本日の練習曲

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル32番
●フランク/バイオリンソナタ第1楽章
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

梅雨でジメジメでいやですね~。
ジメジメムシムシの中レッスンに行ってきました。

今回からクロイツェルを復活することにしたんですが、やっぱり復活しない方が良かったかも。(爆)
もう、この32番を見ると、一気にテンションがさがりまっっす~。
日付をみると、去年の11月からやってます。もう半年過ぎましたです。(^^;)

思えば、大昔にピアノ習ってた時も、1年くらい同じ曲をやらされて、嫌気がさしてやめたんだっけなあ・・・。(笑)このままだと、1年絶対かかるよなあ。
10年目にして、ついにピアノと同じく「イヤイヤモード」になってきたレッスンです。
うーん、スランプです。

とはいえ原因はわかってるんです。
自分のどこかに「こんな難しい曲を完璧にやれるはずはない」って意識があるのだと思います。アマチュアバイオリン弾きだし、そこまでは~、とかね。

ただ、個人レッスンを受けるということは、ソロでちゃんと弾けるようになるのが目標ですから、近道がないのも百も承知なんです。しかし、うーむ、どうしたものか。

このクロイツェルさんのおかげで、最近マジでヤル気がでません。
「早いとこオケに入って、残り少ない人生、たくさんの曲を弾きちらかして遊ぼうぜ」という悪魔の声も聞こえるし。(^^;)
一方では、「もう少し勉強してからの方がいいと思うよ」という天使の声も聞こえますが。(笑)

あ、でも、クロイツェルのレッスン終わってフランクのソナタになったら、「イヤイヤモード」はあっという間に吹っ飛びました。
なんという都合の良い・・・(爆)

憧れ曲ですからね~。
今日は、先生に指番号とボーイングをチェックしていただきました。

あと、前回見ていただいたバッハの、別の版の楽譜をお借りしました♪
自分が持っているのは全音の楽譜なので、スラーなどチェックしようかと思います。

とはいえ、バッハを弾ける日は当分こないかと思います。(爆)
重音課題が重なるのもなんだから、「クロイツェル32番が終わったら」バッハをやりましょう、という話だからです。

ま、それはそれで良いのだ。フランク、4楽章までやりたいし♪
・・・と、いやいやモードは簡単に吹っ飛んだ感じ?(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:54 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

車橋もつ肉店

横浜は石川町。
駅からちょいとあるきますが、最近オットとアタシの大ブーム店があるんです。

その名は、車橋もつ肉店!

立ち飲み居酒屋なんですが、椅子は100円で借りることもできます。(ま、女子でも立って飲んでますが)
この御店はですね、特に生肉系が激安、激ウマ!・・・。
アタシのような肉食系にはたまりません~(^^)

20100625SBSH0005.jpg
このレバ刺しが、ニャンと300円ですよ!!

・・・う、うまい~ッ!!
素晴らしいです!!(^0^)
恐るべきコストパフォーマンス。

20100625SBSH0006.jpg
こちらも素晴らしい仕事です、塩ユッケ。

20100625SBSH0007.jpg
牛刺し。これも300円とは信じられない。

ホッピーとレバ刺しで幸せなひとときが過ごせますよ~。

あ、ただ、こちらのお店は利用するにはいくつかルールがあるそうですので、行かれる方は気をつけてね。
1。二階に人が住んでいるので、騒いだり大声を出してはいけない。
2。飲み物を飲み終わったら、開いたグラスを返してから次の注文をしなくてはいけない。
3。帰るときはお皿や串を指定のところに持っていく。
4。椅子が借りられるとはいえ、やっぱり立ち飲み店だから、大人数で行ったり長居しすぎてはいけないようです。

マナーを守って楽しく飲みましょうね。
    17:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

コレルリのクリスマス協奏曲

合奏団練習
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495
●ヤナーチェク/牧歌

今日はいつもの指揮者先生はお休みで、コンマス氏が指揮してくださいました。
しかし、その分ファーストバイオリンが人数少ないってことで・・・。(^^;)

ヤバイ!と思ったときには、必ず助っ人が入るジンクスの我が合奏団。(爆)
いつものトレーナーの方以外に、もうお一方エキストラの方が来て下さり、なんとかなりました。あ~、良かった~。

さてさて、全曲練習するはずだったんだけど、ヘンデルとコレルリで時間を食い過ぎて、残りの2曲はちょっとしか出来なかったと言ういつものパターンでした。(爆)

モーツァルトは、ソリストの方が来たらそればっかりになりそうですから、一日くらい「ヤナーチェクの日」をもうけないと、ややヤバイような気が。(^^;)

モーツァルトは、セカンドバイオリンがかなり難しいんですよね。ヤナーチェクもそうだけど、ある程度個人練習をしてこないと、合奏レベルでは出来ないことも多いので、難しいんですよね。

例によって練習後冷たくて泡のたつ飲み物など飲んで、そんな話をしていたところ、コンマス氏トレーナー氏が「実は合奏力を一番問われるのはコレルリだ」という意見を。

ヒョエ~。( ̄ω ̄;)
そうなんでしょうか。
確かに、トゥッティが入るとき、揃ってカチン♪と入らないと様になりませんよね。おまけに、超有名曲だし・・・。

初心者の合奏会でも気軽にやってたコレルリですが、なるほど、実はむずかしいのか。(汗)
トゥッティで「カチン♪」と揃って入れるように頑張りマース。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

今年も麦染トラガリータ計画

ついに梅雨入り!
冷夏みたいですが、猫たちのトラガリータの季節がやってきましたよ♪
20100522DSCF0737.jpg

ブラッシングすると見せかけて、シャリシャリっとおしりの方から徐々にやっちゃいます!
20100616DSCF0781.jpg

まんざらでもないようすの麦太くん。
20100616DSCF0782.jpg

染ちゃんも小尻になりました♪
20100522DSCF0738.jpg

こちらも満足そう?
20100522DSCF0739.jpg

猫のプライドを尊重して(笑)、2ニャンともえりまきとしっぽのフサフサは温存です。
20100616DSCF0784.jpg

今年は涼しい夏だといいいですね~。
20100616DSCF0783.jpg
    14:40 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

のだめカンタービレ最終楽章後編

前にテレビで「のだめカンタービレ 最終楽章前編」を見たんですが、かなりテレビ用にカットしたり編集しなおしたりしていたということなので、値下がりしていたこともありDVD買って鑑賞しちゃいました!(爆)


のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スタンダード・エディション [DVD]のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スタンダード・エディション [DVD]
(2010/06/04)
上野樹里

商品詳細を見る


そうすると、ムラムラと後編も見たくなり、(遅まきながらですが)映画館に行って見てきました!(; ̄∇ ̄A

楽しかったです!
原作とは微妙に違ってましたが、よくまとまっていたと思いました。

特に、のだめちゃんのピアノの吹き替えをしたラン・ラン氏。
素晴らしかったです~。

後編も、DVD出たら買っちゃうかも♪

最初のTVドラマ化のニュースを聞いたときは、え~、どうなるの、って正直思いましたが、キャストを変えず、長きに渡って完結まで、TVシリーズ、ヨーロッパ編前後編、今回の映画版と、良く作ったと思います!(^^)
スタッフの皆様、大変お疲れ様でした!

音楽に手抜きをしなかったことが成功の秘訣ですよね!

最近、今まであまり音楽に興味のなかった友人も、のだめちゃんのおかげで合奏団の話しても興味持ってくれて嬉しいです♪

オペラ編もドラマ化して欲しいけど、もう映像化はおしまいっぽいですね。(ちょっと寂しい)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    19:48 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

バッハもフランクも♪

レッスン 本日の練習曲

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●バッハ/無伴奏バイオリンパルティータ第3番「プレリュード」
●フランク/バイオリンソナタ第1楽章
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

発表会後の初レッスンです♪
テレビも壊れたことだし(爆)発表会後にしては良く練習したアタシ、keroでございます。
いつもの小野アンナの音階を見ていただいたあと、クロイツェルを復活した旨お伝えし、懸念の選曲をご相談。

「せっかく両方譜読みしたなら、両方弾いてみましょう♪(^^) 」
と、ニャンと!
バッハもフランクも両方見ていただきました。

「では、クロイツェルで疲れ果てちゃわない前に、バッハやりましょう~~。」
と、まずはバッハです。「パルティータ3番プレリュード」

左手の押さえだけはコチョコチョと練習してきたんですが、この曲は響きがすべて、バイオリンを鳴らすことがすべて!ということで、ボーイングをみっちり教わりました!
いやー、難しいけれど、すごく勉強になりそうです。

「keroさんには、細かい音とボーイングの曲を弾いてもらいたかったんですよ~」と先生。やっぱり、選曲はバッハでドンピシャですね。
自分の好みで選曲すると、つい陰々滅々系のきょくばっかり弾いちゃうし。(笑)

しかし、全四ページのこの「プレリュード」、3ページ目に突入すると、3弦移弦するところなど、押さえてる左手がかなりなハイポジだし、もうウデがピキピキいいそうです。(; ̄∇ ̄A

続けてフランク。(第一楽章のみ)

こっちはバッハの後だと非常に楽に感じます。ビブラートも以前に比べると少しはかけられるようになったしね~。サンクス、ブルッフさま、です!(^^)
「大人の音楽ですね~♪」と先生。大人の色気が出したいです。(^^)

どちらもやりたいんですが、クロイツェルがアレなんで、先生と練習の順番を考えました。

「クロイツェルやって、直後バッハだとさすがにキツイです」と、根性のないことを訴えた結果、まずはフランクの1楽章をやると。その間に懸念のクロイツェル32番を終わらせてしまおう。ということになりました。

終わるんだろうか!!(; ̄∇ ̄A

しかし、終わらせないとバッハがやれないわけですね。がんばります。

それにしても、根性のないことばかりを訴えて、先生申し訳ありませぬ。
m(_ _)m
プロの方は、こういう曲を一日何曲も練習してるんですよね~。別世界ですじゃ。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

テレビが緑色に(T.T)

ケーブルテレビがやって来たというのに・・・・
テレビのブラウン管がイカレました・・・。(T.T)

20100601DSCF0755.jpg

考えてみれば、もう15年以上使ってるし。
おまけに、友達のお古をもらってきたものだし!(爆)

最近のテレビは安くなってきているそうなので、こんど電気店にリサーチに行ってきます・・・。
ハイ・・・。

でも、今もう一回スイッチ入れたら映りました!
しばらく様子見ようかなあ。
    13:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

強化練習?

合奏団練習
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●コレルリ/合奏協奏曲Op.6-8(クリスマス協奏曲)
●ヤナーチェク/牧歌

わたしの通っている合奏団は、8ヶ月に1回本番という団なんですが、今回は本番の会場取りの都合とかもあって、2月本番、9月本番と、少々間が狭いのです。2週間に1回の練習だから、もうあと、本番まで10回くらいしか練習ありませんっ!!

そうは言っても、「オンブラ・マイ・フ」と「クリスマス協奏曲」はだいぶ仕上がってきたのではないかなーと思います。音符的には簡単ですからね、バロック物は。

問題はヤナーチェクとモーツァルトですよ。(爆)
しかも今日はモーツァルト、時間切れで出来なかったし。

ヤナーチェク「牧歌」は7曲の組曲なんですが、どれも良い曲ばかりです♪
しかーし、妙にヒネクレて難しいところがあるんですよねえ。ちなみに、難しいのは2,4,7曲目!

この前ようやく本棚の奥深くにしまい込んだバイオリン教本・セブシックを思わせるような、真っ黒な音符の羅列が。しかも、半音とか臨時記号満載で、超弾きにくいところがっ!!

トレーナーの方にそんな話をしたら、セブシックもヤナーチェクもチェコの作曲家だから、バイオリンの技法的に影響があるかもね~なんて話されました。ヘえ~って感じですね。

弦5部の「縦線」は比較的合わせやすいのが救い。
まあ、比較すれば、やっぱりドボルザークの方が難しいかなあ。(次回の予定曲ですが)

今日の練習も、休憩2回あったことはあったんですが、まるで強化練習かというくらい、指揮者氏も皆も頑張って練習しました!

その後のビールがなんと美味しかったことか・・・って、なんかアタシ、最近そればっかりだなあ。

こちらはヤナーチェク「牧歌」の第一曲目。
ボヘミアの草原をゆったり旅するような、素敵な曲ですよ♪


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

次の曲を考える♪

ブルッフは発表会でひとまず終了です。
というのも、3楽章にはアレがあるんです、10度の重音。

ポジションが上の方なんで、届くといえば届くんですが、他の音符も重音だらけ。モミジの手の私がこんなものを練習したら腱鞘炎になっちゃいます。

で、いったん他の曲をはさむということで先生にも了解をいただいております。
楽しい選曲です♪

発表会終わったし、ピアノの伴奏の心配をしなくて良い曲がいいですよね!この際だから・・・

●候補1・フランクのソナタ
これは発表会とかじゃピアノの先生に申し訳なくてやれない曲ですよね!バイオリンよりピアノの方が難しいんだもん。
しかし、死ぬまでに弾きたい曲その2ですので、死ぬまでにやらないといけません。

しかし、譜読みをしていて気づいたんだけど、ちょーっとブルッフの2楽章と似た傾向すぎるかなあ・・・。

だけど、5年前に試し弾きしてみたときは手も足もでない難しさだったのに、ブルッフで鍛えた成果か、ややこしいところは除いて、すんなり4楽章まで譜読みできました♪(^0^)
嬉しすぎます~~♪

●候補2・バッハの無伴奏バイオリンBWV1006パルティータ3番プレリュード
ぜんぜん傾向が違うということで、本棚から探してきたこの曲、たしか「新しいバイオリン教本」にのっていたと思います。
keroの苦手系「重音」(実際は重音はないけれど、押さえは重音と一緒です)、「移弦」、「ツブツブ系の音」などがいっぱい詰まりまくってるような曲ですが・・・

譜読みしてみました・・・
・・・・・・
・・・・・・
む、ムズイ!!(; ̄∇ ̄Aフランクの方が全然簡単に感じます。(って、簡単じゃないけれどね。比較の問題)

だけど、これはすごーく勉強になると思います。
・・・が、きっとコレを始めると、また全曲やりましょうということになり、1年がかりとかになりそうな予感が・・・。(^^;)




それに、次回からクロイツェル復活するつもりなのですが、バッハと一緒だとかなり大変・・・。
小野アンナも重音。
クロイツェルも重音。
バッハも重音。


た、大変すぎるかも・・・。

早いとこフランクやって、いつ死んでもいいようにしてから修行しようかな。(爆)
先生にはフランクでお願いしてみるつもりです!
熱愛曲ですし~♪



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    20:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード