バイオリンと外宇宙の話 vol.2

さらばセブシック

レッスン 本日の練習曲

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル32番
●ブルッフ/バイオリン協奏曲ト短調第二楽章
●浜辺の歌
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日日曜日は久しぶりに何も予定のない日曜日だったので、猫と遊んだり、のんびりバイオリン練習したりしていました。
「そうだ、レッスン曲と合奏団の曲を全部練習してみよう」

久しぶりに真面目モードで練習したら・・・・・

3時間かかりましたあ!!(^^;)
セブシックと音階は2,3回、合奏曲は通して弾いて、難しそうなところをこれまた2,3回さらった程度です。

こんなこと毎日やってらんない・・・(毎日練習してないけど)
しかし、セカンド弾いてたときは団の練習だけでなんとかなったけど、ファーストは少しはさらわないとやばいです。
こりゃー、何か減らしてもらった方が良いかも。

といろいろ考えたkero、ピーンとヒラメキました!

今日のレッスンで、先生に折り入ってお願いを。
「教本減らしていいでしょうか!?」
もちろん、減らす第一候補はセブシックです。

その代わり、今日のお題ということで、合奏曲で困っている所をkeroがピックアップして持ってゆき、見ていただくという手はずです。
ヤナーチェクなんて、セブシックみたいなところあるしね。アレをねちねち練習した方がモチベーションがあがるよね、たぶん。

ということで、ご相談の結果、セブシックはひとまずお休み。
といっても、たぶんもうお目にかからんでしょう。さらば、セブシック。

思えば、2番目の先生に左手の形の矯正で始めさせられたセブシック。最近は、弾き始める前のウォーミングアップ的な存在でしたが、最初から最後まで、全然面白くありませんでした。(爆)君と別れられるのは非常に嬉しいぞ。

あ、あと、クロイツェルも、「今日のお題」がある時はお休みにしていいとのこと。
いっそ全部忘れてやりなおした方が良いと思われるクロイツェル32番は、そういうわけでお休みになりました。練習すればするほど悪い癖をつけてるような気がしますし、その方がいいかもです。(; ̄∇ ̄A

発表会もあるし、2ヵ月後くらいにまたはじめようかな~。

というわけで・・・・
今後のレッスンメニューは、音階、クロイツェルか合奏団の曲、(ソロの)レッスン曲。という感じになりました。
教本一冊減って、少し荷物が軽くなってうれしいっす。
セブシックは、帰ってきてから即効で本棚にしまいました。(爆)さようならあ~~。

あ、その前に、記念に麦太くんとツーショット。
20100427DSCF0670.jpg

あ、肝心のレッスンの内容ですが、今日は何故か音程が上ずる日でした。(^^;)
それと、ビブラートをまたまた注意されました。
ちょっと油断すると音程がアレなので、気をつけないとね。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    14:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ヤナーチェクの「牧歌」

ヤナーチェクの牧歌、少しだけ練習してみました。
地味だけど良い曲だ~!
全7曲ですが、この曲が映画音楽になったりとかで一番有名みたいです。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ファーストバイオリンとセカンドバイオリン

4/18 弦楽合奏団練習
●ヘンデル/オン・ブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●ヤナーチェク/牧歌

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

コンサートの曲も決まり、今日から本格的に練習始動です♪
まだ1時前なのに、各パートしっかりスタンバって勢ぞろい!皆やる気まんまんです。(^^)

さて、私keroも慣れないファースト2プル席で弾かせて頂きました。
どうなることか・・・と思いましたが、コンマス氏とトップサイド氏のしっかりした演奏に導かれ、セカンドよか楽!!でした!!あ、もちろんまだまだ練習しないとダメですが・・・。

今回の曲は、そんなにファーストセカンドの難易度の差がないですからね~。
ハイポジションがやたら出てくるコンチェルト並みの曲だったら別かもしれないけど。セカンドバイオリンだと右のファースト軍団、左のびよら軍団に挟まれて「え?どっちに合わすんだっけ?」と悩んだり、出る所と控える所を間違えたりとか・・・。

なにかと気苦労の絶えぬパートです。(爆)

伴奏ばっかりかと思いきや、たまに単独でメロディーあるから、そういう時はファーストと同じように歌わなきゃいかんのですがね。ついつい人の顔色をうかがう癖が付いて離れなくなったりとか。以前も指揮者氏に「伴奏ばっかり弾いていて魂が抜かれちゃったみたいだ」なんて屈辱的なこと言われたりするし。(爆)

セカンドの方がいろいろ芸が必要ですよね~。

音域が低いから、初心者の方は最初はセカンドってことが多いけれど、それは決してセカンドの方が易しいわけじゃないんですよね~。プロオケでも、ベテランさんをセカンドに配置することが多いそうですヨ。

でも、セカンドばっかだとハイポジションの弾き方忘れちゃったりするからなあ。(^^;)やっぱり、シーズンによってファーストとセカンドを交互にやるのが理想ですよね♪

今日の練習ではヤナーチェクは時間切れでちょっとだけでしたが、ヘンデルとコレルリをしっかりやりました。

バロックって良いですよね~~!( ̄∇ ̄)/

クリスマスコンチェルトは別の合奏の会でも何回かやったことがあるけれど、チェンバロ付き、立派なソロ付きで演奏できるのがスゴク楽しみです!!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    11:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

葉桜と寒い日

暖かい日に、葉桜と無理やりツーショット。(^^)
20100417DSCF0632.jpg

20100417DSCF0635.jpg

それなのにまた寒くなっちゃいましたね~。横浜でも昨日はミゾレが降ってました。
猫たちも、寒い日は丸まって爆睡です。
20100417DSCF0660.jpg

20100417DSCF0649.jpg

早く日向ぼっこ日和になるといいですね~♪
Tag : 麦太 染ちゃん 
    12:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浜辺の歌

本日の練習曲
●セブシックop.1-1
●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル32番
●ブルッフ/バイオリン協奏曲ト短調第二楽章
●浜辺の歌
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

レッスンに行くと、前の時間の大人の生徒さんがまだレッスンしてらっしゃいました。
発表会で、その方とバイオリンの二重奏で「浜辺の歌」をやるので、ちょっとばかり初見で弾いてみました。
二重奏用にいかにもアレンジしました的楽譜がちょっとアレですが(笑)良い曲です♪
日本の歌系は楽しいですね~。

そういえば、この前の老人ホームコンサートの「花の街」は、若者たちにリサーチしたら皆「知らない」と言っていたけど、「浜辺の歌」はどうだろう!?今度リサーチしてみよっと。

さて、セブシック、音階の次にクロイツェルをやろうとしたら、先生に「曲を先にやりましょう」といわれました。
そういえば、発表会までもうすぐですからね。曲重視です。

ブルッフ、ピアノ譜を持っていったら、先生がバイオリンで即興伴奏してくださいました♪

で、初めて気づいたんですが、注意しないとピアノ(オケ)と噛みあわないところがあるんですよね。(^^;)

ブルッフ2楽章

ここのところ、ソロで練習しているときは何となく盛り上がって、速度も加速していたんですが、実はピアノ(オケ)は「たら、ら~~~ら、ら~~」という2楽章の付点つきのテーマを弾いているわけ。
オケ2連符、ソロヴァイオリン3連符という、ロマン派にありがちな構成なわけです。

そういえば、この前の合奏団のコンサートの曲のウェーベルンとかも、そういうのばっかりだったっけ。

ここであまり走っちゃヘン、ということで、盛り上がることは盛り上がるけれど、速度はあまり走らずに、二連符に乗っかる三連符と言う事を意識して弾くことにしました。

逆に、好き勝手にして良いところはこのへん。
ブルッフ2楽章
タメたり伸ばしたり、大いに歌って良いそうです。

それと、今日注意されたのは、「しばらく休符があったあとの、出だしの音程に気を付けること」

ウギャ~!!(; ̄∇ ̄A
そ、そうなんですよね・・・。
弾き続けているときはさすがに音程あうんですけどね。出だしの音がね・・・。

だいぶ慣れてきたけど、まだまだ完成までには落とし穴がありそうなブルッフでした。

え?クロイツェルどうしたかって?
聞かないでくださ~~い!!(爆)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    14:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2ニャンで添い寝♪



いつもこんなに仲が良いといいんですがねえ~。(^0^)
Tag : 麦太 染ちゃん 
    10:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

試し弾きと春の人事異動

4/4 弦楽合奏団練習
●チャイコフスキー/弦楽四重奏曲第1番(合奏版)
●ヘンデル/オン・ブラ・マイ・フ
●ドボルザーク/弦楽セレナード
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●バッハ/ブランデンブルグ協奏曲第4番
●ヤナーチェク/牧歌
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ハイ、ずら~っと曲が並びましたが、今日の合奏団は、次回のコンサート(9月末)の曲選び「試し弾き大会」です。

片っぱしから皆で弾いていきます。
普段セカンドの人もファーストに、ファーストの人もセカンドに移動したりして♪
こういうことできるの、試し弾きの日だけですからね!楽しいです~~♪

◯まずチャイコの弦四。
「(一楽章のスコアを見て)うーん。・・・これ、普通弾きませんよね・・・。」と、皆ビビる。(爆)
三連符が全パートタイでつながってたりして、聴くより見てる方が難しい楽譜です。(^^;)
ま~、だいたい弦楽四重奏曲とかって、もともとソリストの方が4人集まって弾くもんだからね。難しいの当たり前だよね。
一応2楽章の「アンダンテ・カンタービレ」のみ弾いてみました。(笑)
「アンコール曲とかなら良いかも」という結論に。

◯お次にヘンデルのオン・ブラ・マイ・フ。
これは本来歌が入る楽譜です。「あまりに難しい曲ばかりだとなんだし・・・」と、コンマス氏が持ってこられた楽譜。全くそのとおりでございます。(爆)
ホルンコンチェルトで、ホルンとオーボエの方をゲストで呼ぶので、メロディーを弾いてもらうと良いかも♪という意見が出ました。

◯ドボルザークの弦セレ。
これは4,5年前にいちどやったんですよね~。私は合奏団入りたてで、セカンドバイオリンでした。
指揮者氏いわく、「今度のコンサートは9月で練習が少ないので、以前やった曲の方がすぐ仕上がると思った」そうです。
・・・・
が、その時から団員も結構入れ替わってて、経験者は現在各パート2名ずつくらい。
しかも、みんな記憶喪失(爆)。
アタシも、こんなものどうやって弾いてたのか、さっぱりわかりません。
む、難しい・・・。( ̄ω ̄;)

◯お次はコレルリのクリスマスコンチェルト。
おお、やっぱりバロックはいいですね~~♪
コンマス氏とセカンドトップ氏のソロを楽しく聴きながら合いの手を弾けますし。(^0^)

◯バッハのブランデン4番。
これもコンマス氏のソロを楽しく・・・・
と、油断してたら落ちました。(^^;)
やはりバッハは、ちゃんと休符を数えてないとダメね。油断大敵ですじゃ。

◯ヤナーチェクの牧歌。
これ、候補に上がってから初めてCDで聴いた曲ですが、良い曲です~。ちょっと地味だけど。
しかし、変化のある演奏をしないと、4分位の地味曲が7曲という、睡魔をさそうプログラムになるという恐れがあると思います。

◯最後にモーツァルトのホルン協奏曲第4番。
これは、もうやるの決定曲です。また優秀なソリスト氏が来てくださるのですよ~♪
楽しみっ!!

・・・・
と、今日はいろいろ弾きまくって、疲れました。
しかし、コレルリとブランデンでソロを弾きまくったコンマス氏は、もっとぐったりしてらっしゃいました。(笑)

結局、9月のコンサートは、
ヘンデル、コレルリ、モーツァルト、ヤナーチェクで決まり。

あと、なんと、今回のコンサート。私keroはファーストバイオリンに人事異動(笑)になりました。
ファーストは、合奏団に入ったばっかりの時に一回、あと、前々回のコンサートの一曲以来です。
まあ、今回のメイン曲・ヤナーチェク「牧歌」は、あまりファーストとセカンドの難易度に差がない曲なのですが、ちゃんと綺麗にハイポジの音程出せるようにしないとね~。

もう4月ですからね。
頑張って練習しないと間に合わないぞお~~。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード