FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

レッスンはしばらくお休み・゚・(ノД`)

先週レッスンに行った時、先生に仕事がお休みで無収入なことを説明し、「来月からしばらくお休みする」とお伝えしました。
先生も私が版画教室をやっていることを知っており、「そうですよね〜、生徒さんを集めてやっているんですからね。音楽関係の仕事も同じようなものなんですが」と。
本当に残念無念ですが、こんな予想もできなかった状況なので仕方ありません。

しばらくお休みということもあり、教本も曲も先の課題をたくさん出していただきました(◎_◎)

カール・フレッシュの音階ですが、今度は3度の重音も練習しておくようにと言われました。
ついに重音来たか〜って感じですが「バラして練習したほうが良いのですか?」つまり、ど、み、ドミ〜みたいな感じで練習するのかと聞くと、アップとダウン両方で重音を弾くようにすればバラでもオッケーとのこと。なるへそね。

クロイツェル31番ですが、
IMG_7001.jpeg
アクセントのついた音をしっかり弦に弓の毛をかませて発音する(そしてトリル)というのがここ2回の課題だったのですが、何回か弾いていたら突然できるようになりました!(なぜ?)
で、突然アガリになりました(笑)

で…
次の曲なんですが…
かなりトラウマになってるアレ!!
アレなんです〜!!

クロイツェル32番

ちょうどこのブログ(外宇宙の話vol.2)に移行した頃、超苦労していたアレ!!
前の先生に1年間くらい絞られつつ、全然出来なかったアレですよ〜〜(涙)

で、今回も「先生、私これ超苦手なんです。全然だめだったんです。」とネガティブ感情むき出しで訴えましたところ、「トラウマになっているのはわかるけど、これはやってもらわねばならない」的なことを。
ヒイ〜〜(>_<)

で、最初の1小節だけでも良く、ボーイングも1音ずつ返して良いので、左手の押さえのポジション移動の動きを一つ一つ確認すること。
…だそうです。

1音ずつ返して良いなら少し気が楽ですな。ハイ。

いいけど、クロイツェルってこの32番以降は全部重音なんだよね。
果たして耐えられるか自分、って感じですな〜。

さて、曲はフランクのソナタ。
こちらは1楽章を全部見ていただきました。

自分では、十年前にやった時より流石に「フレーズブチ切れ病」は良くなったなあと思っていたのですが、やはりまだまだ大きな流れのスラーが出来てないと指摘されました。

フランクのソナタ第1楽章

この曲って、8分の9ですので、3連符が一単位ですよね。
出だし「れ、♯ふぁ〜れ、しー♯そ、♯ふぁーし、れ〜」とブチ切れないように、8部音符を良く意識すること。
あと、移弦の時にことさら丁寧に音を処理することを指摘されました。
なるほどね〜
そして「第2楽章も見ておいてくださいね」と。
おお!なんと課題が沢山っ!

せっかくいろいろと有意義なことを教えていただいたのに、次回のレッスンはいつになるのだろうか…
とりあえず、その時のために、サボらないようにしっかり練習続けたいと思います。

ここで大声で叫びたいと思います。
コロナちゃんのバカあああああ〜〜〜
    20:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

フランクのソナタですよ

プチ本番の次の日がレッスンでした。
なぜかこういうふうにバイオリンの予定が立て込む今日このごろ…
そして、今週は川崎方面のアンサンブルもあるので、バイオリン休む暇がないのであった。
…良いことですがね!

さて、相変わらずこの音階、音程を注意されまくりました。(恥)
IMG_6712.jpeg

コレと、コレの前にアルペジオの音階があるんですが、先生がずーっと「ど」を引き続け、それを聞きながらアルペジオとこれを弾いて、という練習をしました。
基音がわかると流石に外さないですね。わかりやすいというか。

小野アンナは基礎的なボーイング、シフティングの練習だったとしたら、このカール・フレッシュはもっと精度を求められているのでしょうかね。いや、当たり前なのでしょうけど。

さて、クロイツェルは今度は弓使いがややこしいパターンです。
IMG_7001.jpeg

とはいえ、前の移弦とかオクターブに比べると少しやる気がでます。もしや自分の得意系なのか。
G線でトリルのところですが、先生がおっしゃるには、私の楽器はG線が強いのだそうです。
で、あまり駒寄りで弾くと音が汚くなってしまうので、指板寄りで弾くほうがいいのだそうです。
あまり意識したことなかったんだけど、そうなんだ。G線はもともと苦手なので鳴らしにくいのも良い音がでないのも自分のせいだと思ってました。(いや、そりゃ自分のせいなんですが)

弦の張力とかも関係あるんだろうなあ。
以前エヴァ・ピラッツィというのを張ったら、弦の張力が高すぎてG線押さえるのが大変だった記憶があります。
それに比べると今のオリーブはわりと押さえやすいと思うんだけど…
色々試してみたい!!
しかしお金がない!!(爆)

それはともかく、G線トリルのコツも教わりました。
ちゃんと音が出てからトリルを打つべしとのことで、やってみたら確かに発音がはっきりしましたよ〜。

スプリングの4楽章。
前回終わったオクターブのところから後をみっちりやりました。
「何だか4楽章が一番むずかしいと思います」と言ったら、「いや、keroさんが苦手なパターンばっかりの曲だからですよ!」だそうで…
そうなのか!苦手系の集合体だったのか!恐るべしスプリングの4楽章〜(爆)

今日でおしまいということだったのですが、先生何やらもっとやらせたそうな様子。
しかし、流石にこれ以上継続しても練習しなくなるだけのことなので、きっぱり「次の曲に行きたいです」と申しましたら「そうよねえ」ということでめでたく修了になりました。
いやね、自分の苦手系がはっきりしたのは良かったですよ。苦手克服できたらもっと良いんですけどね(笑)

というわけで、次からのフランクのソナタは「音質重視」だそうです。どんな苦行が待っているのやら〜
でも、最愛曲だから苦行もまた楽し、です。
このフランク、考えてみたら発表会で弾いてないんだよね。だから昔みっちりやった割には嫌気がさしてないのかも。

自分のブログを確認したら、2010年6月にフランクの第1楽章をレッスンしていました。
おおよそ10年前ですね。
そして、やはり「フレーズブチ切れ病」とか「ピアニシモなのにセンプレフォルテッシモ病」とか、いろんな病気にかかってたようです。(爆)

10年経って少しは綺麗にフレーズが歌えるようになっただろうか。
がんばりま〜す!
    20:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やっと終わるぞスプリング・ソナタ

月曜日はレッスンでした〜。

前回からカール・フレッシュというものを使っている音階練習。
今日は目からウロコなことを教わりました。

IMG_6713.jpeg
こういう三連符の楽譜ががあるじゃないですか。
で、これを3つずつ弓を返して弾くとします。
「どれみ」「ふぁそら」「しどれ」「みふぁそ」…てな具合にね。

その場合、今まではダウンでもアップでも弓の長さを三等分して一つの音符に割り当てるつもりで弾く…というのが普通と思っていたのですが、このようにスラーがかかっている場合、どうしても最後の音がやせてしまいがちだし、次の3つになめらかにつながらない。

なので、弓を二等分して、最初の半分で「ど」と「れ」を、次の半分で「み」を弾く。
弦楽器の場合たいがいそういうものだということです!!

ひゃ〜目からウロコっ!!
今回は実際に弓の真ん中に付箋を付けて弾いてみたんですが、なるほどって感じでした。
こういうの、曲とかメロディーとかですごく応用が効きそうですね。試してみよう。

さてさて、カール・フレッシュでは、新たにこういう音階が加わりました。

IMG_6712.jpeg

今まで音階教本を使っていても、たいがいボウイングの注意が主だったのですが、これに限っては音程のことをめちゃめちゃ注意されてしまい、なんだか恥な感じです(笑)
どうも自分はこれ系が苦手らしいので練習しなくては。

さてクロイツェルですが
IMG_6461.jpg

だいぶこなれてきた、と言われました〜
(あ〜よかった)
ずっと注意されってたアップでA線ダウンでD線パターン、弓が浮いたり移弦で弦をしっかり弓が掴んでなかったりしたんですが、ちょっとした肘の角度で肘がのってないことと、弦を掴んだあとは力を抜くことあたりがポイントでした。

次回は30番の仕上げと、次の31番を見てくるようにとのことです。
これが終わると重音地獄なんですが、どうしましょう(笑)
10年前にもエリャー苦労した気が。

スプリング・ソナタ、4楽章。さ〜進みません進みません(爆)
今回は主としてスタッカートとか跳ばしの話で、こういうところは跳ばさずもう少し重いスタッカートで、とか、ここは軽い跳ばしで、とか、曲想による音作りを教えて頂きました。
しかし、ベートーヴェンって疲れますね〜。

次の曲はどうします?と聞かれ、フランクのソナタをやりたいと言ったらオッケーが出ました!(^o^)
10年前に前の師匠に習った時はフィンガリングが私には少し難しく、音程が定まらなかったこと、スラーがブチ切れ病だったことなどをふまえ、今回は集大成として(笑)立派に弾けるようにしたいです〜。

    14:58 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

さらば小野アンナ

先週のレッスンで、ついに小野アンナ音階教本を卒業しました!!

IMG_6505.jpg

確か最初の鈴木メソッドの先生に習い始めて最初から使っていた…ということは、およそ20年間のバイオリン歴≒小野アンナ音階教本 だったわけっすね〜
いやそんなに毎日何時間も真面目にさらってたわけじゃないんですが(笑)
ひどい時は一回弾いたらもう次のエチュードに行っちゃったりしてね(笑)

でも、なんのかんので音楽とは音階で出来てるものなので、やはり得るところはたくさんありました〜。
ありがとう小野アンナさん!!

…で、次のカール・フレッシュ音階教本ですが、小野アンナさんと違うのは一つの調の練習がまとまっていて、1オクターブ、3オクターブ、半音階、3度の重音、6度の重音、オクターブ、フラジオレット…と、10種類くらいの練習がぎっしりと。

IMG_6506.jpg


最初「カール・フレッシュ」と聞いたときにはどんな苦行が待ってるのかと思ったのですが、「とりあえず5番(3オクターブの音階と分散和音、半音階)」だそうです。いや、ホッとしました。

ざっと見たところ、フィンガリングがだいぶ違うのと、半音階が大変やっかいそう。
多分これは…死ぬまで続くの巻w

クロイツェルは子指伸ばすのつらいです〜と訴えたら、ちゃんと行くべきところに指は行っているのだが、問題は右手だと言われました。なんか、そういうの多いなあ。
ちゃんとテヌートで伸び伸び弓を使って弾くべしとのこと。

IMG_6461.jpg

ついレッスン終わると安心してサボっちゃうのですが、2月にプチ本番もあることだし、年末年始は頑張って練習します。(決意)
    22:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

スプリング・ソナタ3楽章

レッスン終わってブログを書こうと思いつつもう2週間もたってしまった。トホホ。

今、小野アンナ音階教本を何回目のリピートか!(もう記憶にない)って感じでレッスンで見ていただいているんですが、「次回カール・フレッシュを持ってきてください」とのこと。
そういえば、前の先生に用意してと言われて購入だけしていたんですが、今の先生に変わってずーっと小野アンナの復習をやっていたのでした。よって、楽譜は真っ白。

これからどんな苦行が待ってるのでしょうか(笑)
なんだかマゾ的に楽しみです。

クロイツェルはイヤ〜なオクターブ課題が、あとヴァリエーション一つだけで終わりそう\(^O^)/
で、次は30番も見てくるようにとのこと。
ザ・移弦 アンド 小指をめいいっぱい伸ばす拡張ポジションの練習です。

IMG_6461.jpg

移弦は良いとして、小指を伸ばすのがきつい〜
音程が定まらない!!
久しぶりに所見じゃ全然弾けないエチュードです(汗)
練習しなくちゃまずいっす。

スプリング・ソナタの3楽章ですが、コンパクトに弓を使うために、手の弓を使ったり、肘から動かさない動きを教わりました。
自分はなんですか、ムキになって弾こうとしてガチャガチャやってたんですな(納得)
飛ばさなきゃ!とこれまたムキになってたところも、最小限の指の動きのみで弾くという目からウロコの技でした。

こういうのがパリッと出来るようになるといいよねえ。(一応頭では理解できたのですが、ちゃんとできてるかどうかは謎w)

    22:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2楽章はあっさりと

月曜日はレッスンでした〜。

音階はシャープ6つついてるDis moll。
これは混乱します(汗)
弾いてる音を頭の中で「れどれみ〜」と歌いつつ弾くのですが、途中でアレ?これ一つずれてるやん?とハテナマークが飛び交います。
がっ!
幸い一発で合格し、これからはシャープが減っていくばかりの音階に〜(わーい)

クロイツェルのアレは、想像通り弓が暴れてると言われましたw
IMG_6295.jpg

バリエーションもあるので、こちらは当分続きそう。

さて、スプリング・ソナタですが、今日から第2楽章。
昔やったときは音色の差なんてつけられなかったもんだなあ。(ビブラートかかる?かからない?でいっぱいいっぱいだったような気が)



IMG_6336.jpeg
たとえばこの部分ですが、こまかい32部音符はクレッシェンドで、弓はなるべく駒よりにもってくる。
そしてすぐにpianoになるBの4分音符は指板寄りで、なるべく弓を寝かせて。でも全弓…
という感じです。
こんな音自分の楽器から出たっけみたいな驚きです(笑)

しかし、「まあそんなことを研究しておうちで練習してきてくださいね」と、あっさり2楽章はアガリになりました。

次の3楽章と4楽章は難しいんだよね〜。
特に3楽章はコンパクトな弓の使い方が鍵だそうです。(なんかすごく鍛えられそう)
    13:53 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

もうすぐ2楽章

月曜日はレッスンでした〜
相変わらず課題は遅々として進まないのですが、ハイポジションの弾き方とかは以前に比べて安定してきたと思います。(あくまで当社比ですが…)

IMG_6240.jpeg

♯6つついたFis durの音階。
何でも一番音の高い音階だそうです。

また嫌なことに降りるときの指が4で降りるという小野アンナ。
ふつうこんな指使いしませんよね〜と先生にいったら、多分(練習のため)わざとだそうです。
一番高い所で「がくっ」とならないよう、親指の動きと手の伸長が大切だそうです。
2番めのシフトくらいの高さなら上手くいくんだけどね〜

例のクロイツェルのオクターブもまだまだ続く(笑)

前回も言われたけど2本の弦を同じように鳴らせと。
実は音程に四苦八苦でそこまで気配りできないという(汗)

スプリングソナタは通して弾いたんですが、案の定終わらなかったです。
フォルテとピアノの差はだいぶついてきたんですが、もっと音色の差がほしいとのこと。
最近要求されることが、なんか難しいなあ。

しかし、「次回もう一回弾いて、そろそろ2楽章も見てきて」とのこと。
正月から弾いてた1楽章、やっと終われるのであろうか。
あまり期待しすぎないようにしよう(笑)
    16:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

メンデルスゾーン弦楽四重奏曲とレッスン

先々週のご近所のアンサンブルではメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の第4楽章を初めて合わせました。


第4楽章は15分12秒のところから


いやーかっこいい曲です!
もちろんテンポは全然遅くしてるけど。
パリッと弾けたらすごく気分良さそうな曲〜
もう一つの合奏団でやってるシンフォニア(小学生の時の作品)とは段違いw

譜面ヅラを見て、ちゃんと弾くの無理かな〜なんて思ってたんですが、中低音の皆様がしっかり弾けているので合わせてて気持ちいいです。

この曲も一応これで全楽章合わせたことになりますね。
完成まではまだ先ですが、次の曲はモーツァルトのK.421かも?(わくわく)


さて、昨日は月に一度のレッスンでした。
やっぱり大嫌いなオクターブ、Fdurのがなくなったので、前回よりだいぶ練習意欲がわきましたw
クロイツェルの方は「両方の弦を均一に鳴らす」と注意が。

スプリングソナタは細かくさらってやっと曲の終わりまでたどり着いた感じ。
こちらは「パリッと弾く」「フォルテピアノをベートーヴェンらしくしっかり」とのことでした。
正月から弾いてるので少々飽きてきたかもw
これ終わったらどうしようかな〜(いや、まだまだ終わらなそうだけど)

そろそろ梅雨入りだそうで、オリーブじゃなくてオブリガードに張り替えようかしら。
    13:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

オクターブの音階ががが

長い長い連休の最終日レッスンありました〜。

なんか今回はえらい体育会系レッスンだった気が(汗)
まずフラット6つついてるマイナー音階。
音程に気を取られるあまりボーイングが甘くなってたのか、「もっとギリギリ駒寄りを弾きなさい」と言われて、全弓でかき鳴らしてたらかなり疲れました。

まあ、以前から「まだまだ自分にとって快い音を出してる」と言われてたんですよね。
つまり、人が聞いて丁度良い音を出さなきゃだめと。
駒寄りで、かつ音が割れたり掠れたりしないギリギリを狙うんですが、「自分にとってちょっと不快な逃げたくなるような感じがありますか」と聞かれ、ハイと答えると、それが駄目だと(笑)

ヒイ〜〜〜

拷問系のオクターブ音階
「最後の3つの音が駄目でつらいです〜」(他の調なら何とかなりますよ〜)
「ここまで高い音はオケや合奏の曲じゃ出てこないし、重要な音は3の指でとります〜」(そんなに完璧じゃなくても許してくださいアタシはアマチュアなんだし〜)

…と、言外に願いを込めて訴えましたら、先生「う〜ん、そうよねえ…」

おお、やった!
そうですそうです!!と心の中で絶叫したんですが、しばらく考えていた先生、
「あ、やっぱり次回もこれやってきてください」

ガーン😨
いや〜。眼の前が暗くなるサントワマミーって感じです。

しかし、クロイツェルのトリルの課題は突然上がりになりました。
次になにやろうかってパラパラページをめくっていた先生、「あっ、これ大嫌い系?これやって小野アンナの方に未練がなければ少しお休みにしましょうか?」

IMG_6142.jpeg

ヒャ〜〜〜
大嫌い系だけど、あの小野アンナのFdurよか百倍マシです!
高い音がないもん。
「未練は全然ないです!!」と即答しましたよ、ハイ。

あと、スプリングソナタの方も遅々としてますが少し進みまして、次回は1楽章を終わらせようという話になりました。
まあ、そうは言っても終わらないことの方が多いんだけどね〜。


午後はみなとみらい大ホール。
知り合いのチェロ弾きさんの出てるアマオケ聴きに行きました。
オケもやはり良いものだなあとしみじみ思ったのでした。
    15:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

サボると小指がおとろえる

月曜日は2ヶ月ぶりのレッスンでした〜。
今の先生はわりと大人の生徒さんを教え慣れてる先生なので、仕事が〜とか家の事が〜とか、泣き言をわりと怒らずに聞いてくださいますw
で、「どのくらい弾いてきましたか?」なんて聞かれたので、「展覧会終わって一週間くらい気絶して、それからチョロチョロ練習してきました〜」と、正直に申し上げましたw

音階は今フラット6つのやつやってて、こちらは次に進んだんだけど、オクターブの音階がこれがもう…
ちょっとサボるとすぐ弾けなくなる!!
そして小指がイタイタに…

今やってるのがFdurのオクターブなんですが↓

IMG_6127.jpeg

一番音が高いんですよね。ほとんどA線とE線で登っていくという…
で、最後の方の三音が、1と4で取るのが狭すぎてきつい!!
手が小さいからこういうの得意なはずなんだけど全然だめだめです。

前の先生は割とハイポジションの方の左手の押さえは、指板から少し浮いていても音出ますよ〜的に言ってたんですが、今の先生はしっかり指板につけろとおっしゃる。
小指に弦の跡がついて痛いっす。(泣)

さらにビブラートかけると、もうなにか拷問としか言いようがない感じ。

音色の好みでE線はヒルのミディアムというのを使っているんだけど、最後の3つがマジ拷問。
もう少し細めのE線使えば楽なのかなあ。でもあんまり高音がキンキンするのも好きじゃないし…

いや、弦の問題じゃなくて、サボると小指が退化するということですな。
「勉強になるから当分Fdurがんばりましょう」と言われました。
トホホ。
    16:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード