FC2ブログ

イギリス館で練習

日曜日は横浜は港の見える丘公園の中にあるイギリス館にて練習でした〜

IMG_8482.jpg

これは練習会場の写真ですが、本当は庭のバラ園がきれいな時。
写真の一枚でも撮れればよかったんですがね、バスを一本乗り過ごし(いやね、最近市営バスが時間通りの運行をするんで)、焦って山手の坂道を小走りしたもんだから、バラ園で撮影会というわけにはいかずw

練習始める頃はもう汗だくでした!
マスクしてるからいっそう息苦しいし〜

あ〜早くワクチン皆が打って、マスク無しの夏が過ごせるようになるといいんですがね!!

それはともかく、このイギリス館は本当に響きが良くて、最初に「トレジャリー・スケールズ」という音階練習をしたんですが、いつもの公民館とはちょっと違って気分が高まります♪

IMG_8492.jpg

トレジャリー・スケールズというのは、チェロ氏が持ってきてくださった「合奏団、アンサンブルなどの4部構成の音階練習」の楽譜です。

上の楽譜で「solo」と書いてある楽譜は、ファーストバイオリンが音階の主旋律。
1番の楽譜だと、Des durの音階の主旋律はファースト。
あとの3パートは、そのファーストに合わせて内声低音部を構成していく…という練習になります。
また、セカンドやビオラ、チェロが主旋律の場合もあるので、その場合はファーストバイオリンといえど、そのパートの音を聞いて和声を構成していく、という、大変ためになる練習ができる楽譜です。



↑は、管楽器の練習風景。音を切って練習してますが、こんな感じで管でも弦でも練習に使えます。


IMG_8493.jpg

1番から96番まで各調取り揃えてあり、練習のたびに一個ずつ練習しても、死ぬまで飯が食えそうな感じです(笑)

さて、この日は人数が少なくてビオラは新人さんお一人ということで、前回「なんちゃってカルテット」でやった曲をもう一度やりました。
その他にグラズノフのテーマとバリエーションとかもやったんで、結構な曲数を弾いた感じ。
いやー疲れましたが楽しかった。

これから気候が暑くなると、マスクしてヒイヒイって我慢大会みたいになりそうですね(汗)
そうでなくても暑がりな自分なんだが、今年は更に不織布マスクじゃなきゃいけないなんて社会的圧力もあって(汗)
体力つけねばいけないなあ。

なんちゃってカルテット

前回のブログに書いた心配がやはり当たってしまい(泣)
東京文化会館はGW中閉館になってしまいました〜!

コロナちゃんのヴァカあああああ〜

しかし、東京バレエ団の「カルメン」は6月に延期、町田さんと上野水香さんのクロストークは延期になるか配信になるかすると思われるので、まあ楽しみが延びたと思えばなんとか…

そして、プリンスアイスワールド横浜公演は無事開催!
最初から一席空きでチケット販売していて結果良かったのですね〜。
町田さんと田中刑事くんのコラボ楽しみです。

さて、この前の日曜日はご近所アンサンブルの練習だったんですが、皆様早めのGWなのかわかりませんが、出席者が4人!しかし、うまい具合に各パートが1名ずつ集まって、カルテットが成立しました〜(あ〜良かった)
なにせ使ってる会場はキャンセルするとお金戻って来ないんで大変もったいないのです。

しかし、ビオラパートが入ったばかりの新人さんで、「ゆっくり目の曲」「なるべく細かい音がないやつ」とリクエストを受けました。普段ビオラパートにあまり注意払ってないから選曲に悩むなあ(笑)

とりあえずやったことある曲ばっかりですが
●バッハ「G線上のアリア」
●モーツァルト ディベルティメント K.137
●ヘンデル「私を泣かせて下さい」
●「見上げてごらん夜の星を」(編曲もの)
●「となりのトトロ」「いつも何度でも」(ジブリ系編曲もの)

って感じでやってみました。

自分は最近カルテットとかピアノトリオとかやる機会があるのですが、今回のメンバーの皆様はあまり経験がなかったそうです。しかし、バッチリ…というほどではないですが、楽しく通して弾けました!
オケとかでしか弾いたことがないけれど、カルテットって楽しいね〜とも言っていただけましたよ!

これがべートーヴェンとかブラームスになると結構大変なんだけどねw
モーツァルトって偉大ですよね〜
こうしてアマチュアでも楽しく弾けて、追求すれば奥が深いし。

K.137は久しぶりに弾いたのですが、136や138ほど難しくない代わりにちゃんと聴かせるように弾くのは大変そうです。




九ちゃんの「見上げてごらん夜の星を」
これ名曲ですよね〜。
↓の演奏と同じ編曲バージョンを練習しましたが楽しかったなあ。でも、ビオラパートははわりと忙しい音符で大変でした。すみませぬ。m(_ _)m

チェロさんがいないとき

日曜日はご近所アンサンブルでした〜
しかし…
前日にチェロ氏から連絡が「腰がイタイタなので休みます」

もうお一方もお休みなので、チェロが一人もいない!

こういうVn+Vn+Vla のレパートリーってなんじゃらほい。
と考えていたら、早速団長からメールで楽譜のご連絡がありました。

フックスのトリオ(テルツェット)op.61



おお!
なんだか美しくて良い曲です。2楽章もテンポが早いけれど、ゆっくりにしてパリッと弾けたら楽しそう。

フックスって誰じゃラホイ?とググってみると、わりと最近の人なんですね〜
いや、最近と言っても19世紀後半ですがねw
マーラーとかヴォルフとか指導したウィーン音楽院楽理の先生という方です。


知られざる室内楽名曲シリーズ、なるほどね〜。


時間なかったので、楽譜印刷して音源聞いてイメトレしたのみで弾きに行きました。
がっ!!急遽の曲変更だったので、セカンドのメンバーの方「初見無理」と、お休みがチラホラと〜
なのでこちらのご近所アンサンブルの方ではひっさしぶりにセカンド弾きました!

ファーストのお二方がパリッと弾いてくれているのですごく楽しかったです。
しかしやはり全員初見なので「音楽らしく」なるまで若干時間かかりましたがね〜。わはは。

たまにはこういうぶっつけ初見大会も楽しいっす。
中高年アンサンブルですから、「腰がイタイタ」とか「四十肩、五十肩」対策として、いろんな編成の曲を予め用意しておかないといけないですね(笑)

アダージェットとかピアノカルテットとか

ようやく川崎方面のアンサンブルも復活しました!(3ヶ月ぶり〜)
すっかり記憶の彼方にあったモーツァルト/ピアノ四重奏曲第1番K.478。
ええ、あわててさらい直しましたとも〜



ベートーヴェンと違って、モーツァルトのピアノ入り室内楽は「ピアノソロ+弦楽器のオブリガード」的な曲が多いみたいです。このK.478もしかり。
曲がそういう感じなので、「ピアノひとつで練習していてもとても楽しい」そうです。
ピアノを弾いてくださった方は合奏ではバイオリンメンバーなんですが、本職はピアノの先生。
いんや〜素敵だった!
すっかり聞き惚れてしまいましたよ〜

ピアノが問を出して、弦アンサンブルがそれに答えるという形の多い曲です。
難度的にも比較的平易で弾きやすくて良いですな〜モーツァルト!
面白いのは、有名なピアノソナタの一節まるまる一緒のフレーズがあるんです、この曲。

モーツァルトの短調室内楽シリーズ、続きましたがここで一旦お休みかな〜?



日曜日のご近所アンサンブルではマーラーのアダージェット、やりました!!
初見なので、わけがわからないところだらけでしたが、一応通したりした。
しかし、やっぱりハープがあったほうがわかりやすいみたいですね。

↓はピアノ・トリオバージョンの演奏。
ピアノがハープの音弾いてます。



ハープがないと、ずーっと伸ばしの音とかが多くて若干「我慢大会」的になるきらいが(笑)
いい曲なんだけどね〜

いろいろ調べてると「弦楽四重奏版」の楽譜も売ってるみたいです。
中身が見られないので購入は迷っちゃうけどね。

↓は久しぶりに見返します。我が最愛の押したちによるアダージェットです。



上の動画は途中で切れてしまっていますが、初期のドンのアダージェットの貴重なもの。衣装もベニスに死すを意識してか白衣装。
↓はもう少しあとの、洗練されてきた表現。こうして見るとだいぶ違いますね〜。





ジョルジュ・ドン/ベジャール版はバーンスタインの指揮(たぶん)
町田樹さんのはカラヤンのでーす。

マーラーのアダージェットですよ

少しずつ暖かくなってきましたね〜。
コロナも第3波が収まりつつあり、ワクチン接種も始まって、少しずつ世の中も明るい方向に行ってる…感じ?

さて、1月はコロナでお休みだった東京方面のアンサンブルが復活しました〜!\(^O^)/
12月も私用で休んでしまったので、2ヶ月ぶりです。
こちらはモーツァルトのK.421のセカンド弾いてるんですが、今回ほぼカルテットメンバーの人数でセカンド私一人だったので、結構大変だったのでした。
練習サボってたから忘れてるところたくさんあったしね〜

だけど、セカンド全曲弾くのすごく新鮮!!
例の4楽章の難所のバリエーションのところもそうだけど、最後の最後の終わりのところなど、セカンドがすっごく美味しいところなんだよね。(ファースト弾いてた時は気づかなかったです)

どのパート弾いてもホンマにいい曲だあ〜〜〜



あと、2楽章とか4楽章のところは「二人で部屋で対話しているイメージで」と指導を受けました。

前にこの4楽章のところは路傍に咲く小さい青い花と自分は書いたけれど、要するに声高に悲しみや喜びを叫ぶのではなく、モーツァルトと奥さんが部屋で対話しているようなイメージでということです。
ふむふむですね。

さて、ご近所のアンサンブルの方では、なんと!
新曲でマーラーのアダージェットをやることになりました〜

チェロ嬢が「憧れの曲」と仰ったので、ヨッシャ〜やるかあ!と選曲相成ったのですが、これ、昔やったとき本当にわけわからなかったなあ。(確かセカンドだった)
まあその頃に比べると譜読み能力向上してると信じたいですがw

確かハープが入ると少しカウントしやすくなった記憶があるけど、弦楽合奏で、しかもほぼカルテットなみの少人数ではたしてちゃんと形になるのだろうか。
未知数ですががんばります〜。

CDと一緒に弾いてみたけど、バーンスタインみたいにスローテンポだと全然わからんです(爆)
↓はサクサクテンポのアバドです。
その中間がカラヤンって感じですな〜


パラディスのシチリアーノ

ぼっとしてたらもう1月後半。
東京方面の合奏と川崎方面の合奏は中止になってしまいました〜(>_<)

月のうち6日くらい楽しんでいたアンサンブルですが、そういうわけで1月はご近所・横浜の2日のみ。

その貴重な横浜のアンサンブル、日曜日に雪の予報が出たのでどうなるかと思いましたが、終日雨なので無事決行できました!やはり予定がないと練習する意欲も湧きませんからねえ。めでたしめでたし。

曲は前回同様グラズノフの「弦楽合奏の為の主題と変奏」Op.97



貴重な外出の日、バスで出かけて横浜駅経由で帰ってきたのですが…
なんか、緊急事態宣言とかホント?ってくらい普通の光景。
家族連れのショッピング客とか、どう見ても不要不急の用事じゃなさそうな人の群れ…
いやね、私も合奏が不要不急かと言われると返す言葉がないけれどね。(汗)
本業の銅版画だって、そりゃ不要不急を言われると「ぐっ」て感じですけどね〜。

ここに来て少し感染者数が減ったみたいですが、この街の様子を見るに、緊急事態宣言、一ヶ月じゃ収まらなさそうですね。

とはいえ、世の中不要不急じゃないことってどのくらいあるのだろうか。

あまりに過度の心配はかえって自分の心を乱し、別な病気になりそうだし。
逆にあまりに楽観的にすぎると、自分だけでなく周りにも迷惑をかけることになると思いますので、ここは今まで通り、感染症の基本防御・マスクする、手を洗う、会食を避ける を守って自分で判断して行動するしかないと思います。

さて、話はガラリと変わります。
このまえ皮膚科に行ってオデコのイボを処置してもらっていた時のことですが、待合室にバイオリン音楽が流れていて、それがどこかで聴いたことがある、いや、もしかすると弾いたことあるかも!な曲だったのです。耳ダンボで聴き入ったのですが、何の曲だか思い出せない。

気になって気になって、家に帰って、即楽譜をひっくり返して探しました。
ありました〜〜

「パラディスのシチリアーノ」



この曲はグリュミオーの「Favourite Violin Encores」というCDの1曲めで、きれいなメロディーラインで(聴いた感じは)簡単そう!! と、楽譜を探して買ってきたんですよね。

しかし、当時の私にはシフトとか移動とかビブラートとか難しく、少し弾いて放置していたのでした。

ちなみに楽譜は「ヴァイオリン名曲選集(森本琢郎編)」

早速練習してみたら…
おお!弾ける!昔よりも弾けるぞ!!(あたりまえかw)

その他にもあまり練習してなかった曲も多数あるので、合奏の少ない寂しさを名曲練習でいやそうかと思います。
歌い方とかビブラートとか、良い練習になるはずだし♪

新年初のアンサンブル♪

今日は新年初のアンサンブルでした〜!(ご近所・横浜の方)

緊急事態宣言が出たせいで、遠方の方や東京方面から来られる方はお休みが多かったけど、いつもの常連メンバーが集って、ちゃんとカルテットが成立するところがすごいです。
でも、オケにも所属している方に聞くと練習が中止になったりとか。
やはり色々影響はあるのですね〜。

今日の新曲はグラズノフの「弦楽合奏の為の主題と変奏」Op.97



聴くのも見るのも初めての曲です!

なんか響きはキレイ…
だけど、暗い?(笑)
テーマとバリエーションで出来ている曲だけど、村の祭りの踊りのような雰囲気があったり、4分の5拍子(!!)があったりとか、なかなか面白いです。



皆ほとんど初見で臨んだ合奏ですが、そんなに難しくなく初日にしては雰囲気だせたかな〜と。
しかし、人に聴かせられるように演奏するのは難しそうですね。

グラズノフっていうと、バレエ音楽の「ライモンダ」がまっさきに思い浮かびますが、実はこういう室内楽分野も開拓しがいのある作曲家なんだなあ。

まだまだ弾いてない室内楽曲たくさん!
全部弾けるまで長生きしたいです(笑)

指揮者のいるアイネク

東京方面の合奏団も曜日を変えていただいて通えるようになり、コロナ禍ではありますが月に計3団体・5〜6日のアンサンブルを楽しませてもらっておりますkeroでございます。

このところ弾いた(or 弾く予定の)室内楽曲は、
モーツァルト カルテットK.421 、クインテットK.516、ピアノクインテットK.478
ベートーヴェン ピアノトリオ第3番


こちらは今度やる予定のK.478(楽しみ)

てなぐあいで、充実してる〜!!幸せー!!って感じです。
3団体とも似たような選曲(弦楽合奏・カルテット)の団体なんですが、残り少ない余生をオケ曲よりも大好きな室内楽をたくさん弾いて過ごしたいです(笑)
てか、もっともっと色んな室内楽曲弾きたいよう。


さて、通っている団体の一つで、試みに指揮者氏を呼んで指導してもらおうという日がありました。
曲がアイネクなんですが、今更ながらパリッと弾くのが難しい曲ですよね。

一通り練習して望んだものの、なぜかファーストが私一人だったり(汗)

で、その初めてお会いする指揮者氏は、大学では楽理出身だったそう。今はゲーム音楽などのお仕事をされているそうですが、指揮の勉強をしたいので、オケ専で指導者募集をしていた我が団体に応募してくださったのです。

アマオケの指揮者氏もいろんなタイプがいらっしゃいますが、今回の指揮者氏は楽器の奏法とか、大まかな音楽の流れとかでなく、理論的に攻めていくタイプ?なのかな?と。
特に緩急の微妙なズレやアンサンブルのズレを鋭く指摘していただけてためになりました。
「ではちょっと遅く」とか「もう少し遅く」とかで出すテンポが、適切かつ正確なのがすごかったなあ。

私は少々遅くなることを注意されました。
緊張が入ると遅くなる傾向があるんですよね、自分…

自己紹介タイムのときに「子供の時からバイオリンやっていたんですか?」と聞かれ、「いえいえ、アラフォーから云々」と説明したら、「大人になってから弾けるようになるなんて、随分がんばったんですね〜」と言われてちょっと嬉しかったっす。(笑)
いや、もちろんリップサービスも入っているとは思うんですが。

このページ読んでる方、レイトスターターの方もいらっしゃると思いますが、10年続けると宴会芸から脱することが出来、20年続けるとこのような嬉しい誤解をされることも(たまに)あるみたいですよ〜(爆)

個人的には指揮者氏のいる団体はもういいかな〜(オケとか弦楽合奏とか)と思っていたけれど、たまにこういうふうに違う視点で色々勉強させていただくのもいいなあって思いました。




4楽章はやっぱり難しい

ピアノトリオ楽しかった〜!!

無事、初・ピアノトリオ弾いてきました!!
楽しかった〜!

それにしても、いろいろ目からウロコなことが多かったです。

弦楽合奏だと1stバイオリンってほぼ休みなく弾いてる感じだけど、ピアノトリオは休符が多い〜!
メロディーとか弾いてるのは3分の1くらいで、あとはセカンドバイオリンになって刻んだりピアノの合いの手をやったりと、か・な・り 譜読みが必要な分野です。

今回は前回書いた秘密兵器2種を駆使して頑張って譜読みしましたけどね〜。

一応最後の通しで録音してみたんですが、家に帰って聴いてみると「あちゃー」なとこばっかり(笑)
しかし、最近はちょっとやそっとの「あちゃー」くらいじゃ動じないというか。録音に対して免疫がついてきたとも言う(笑)

ベートーヴェンのピアノトリオ第3番、このジャンルの中ではまあ簡単な方と聴いていましたが、なかなかどうして、音程が難しかったです。♭3つなこともありますがね。



来月もう一回この曲と、モーツァルトのピアノ四重奏K.478をやることになりました!
新曲たくさん弾けて嬉しいなあ。



ピアノトリオじゃなくてピアノカルテットなので、ビオラが一人加わるわけですね。
これまた楽譜を見ると休符が多いのでしっかり譜読みしなくてはいけないですな。

しかし、モーツァルト、K.421から始まって、こないだのK.516もそうだけど、このK.478までみんな短調の曲ばかり。私もそうなんだけど、みんなモーツァルトの短調曲好きすぎでしょ?って思いました〜。

久しぶりに東京方面の合奏へ

半年ぶりに東京方面の合奏へ行ってきました〜!!
久しぶりにお会いする皆様、やっぱり合わせていて楽しい♪

しかし、モーツァルトK.421のセカンドの難所をたくさん練習するあまり、他の曲のことをすっかり忘れてました。

ホルストの「ブルック・グリーン組曲」
…なんだったっけ、それ(汗)

自分のブログを調べてみますと、一応自粛前の3月の時に1回だけ練習したみたいです。
楽譜見て「そんなにさらわなくてもいけるかな」と思って行ったら大間違い。
2楽章のテンポの変わるとことか、意外とのりそこなって落ちる部分多々あり〜。
かんたんな曲でもちゃんと譜読みしてかないとね!



ハイドンの「五度」

なんだっけそれ(汗)



実はこれは結構長い間やってた曲でした。
自粛期間中を合わせると、約1年やってた計算になりますね〜。
最後ということでさらりと合わせたんだけど、わりと皆覚えてて最後まで通せました。
これでひとまず終わりです。さらばハイドンよ。

そしてモーツアルトのK.421ですが…
他の団体ではケッコ〜苦労してた1楽章とか4楽章が(まあ色々問題はあるものの)バッチリ1回で通りましたよ!
こちらの皆さんの合奏力は素晴らしい〜

で、私は今回セカンドで、4楽章の例の難所なんですが、1stばかり弾いてたんでリズム感がつかめず、最初の方落ちました(爆)

K.421セカンド

1stだと、この16分音符のところ、8分音符なので、ちと混乱しましたが、途中から無事のれました(笑)
他のところで相当苦労しただけに、なんとなく構造がわかってるから今後の練習でなんとかなるかな〜

それにしてもやっぱり良い曲だなあ〜
K.421の4楽章が特に好きです♪



次の課題曲は、
●モーツァルトの弦楽五重奏K.516(今度は1st)来週まで
●ベートーヴェンのピアノ・トリオ 3番 再来週まで

結構忙しい(汗)

ABOUT "kero"



◯十の手習いでバイオリンを始めて20年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。

Twitter

シンプルアーカイブ

登場「ニャン」物

リンク

●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ

タグクラウド

検索フォーム

QRコード

QRコード