バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ブラームスと山椒の実♪

月に一回の東京方面の合奏行って来ました〜♪
ハイドンの「ひばり」楽しいなあ!
モーツァルトの変ホ長調K.160もだいぶ進んで次回仕上げの予定です。

で、例によって飲み会で次の曲は?という話になり…
酔っ払った勢いで…
モーツァルトK.160の次は「狩」になりました。まあこれはそんなに無謀な選曲じゃないですね。

ひばりももうすぐ仕上がりそう。
で、(酔っ払った勢いで…)
ブラームスの六重奏の2曲のうちのどちらかが良いのでは!なんて話になり、みな(酔っ払っているので)大賛成。
歴史は繰り返す(笑)

で、次の日仕事が休みだったので、買っておいた山椒の実を枝からはずしつつ、ブラームスの六重奏曲聴いてみました〜。
刺激物が好きなので、この梅雨の時期は山椒を買って下ごしらえしたものを冷凍しておくのですよ〜。

IMG_5505.jpg
こういうパックを2パック買って

IMG_5506.jpg
こんな感じで枝を外します。この間2時間位?かかりますが、ブラームスを聴きながらなので優雅な感じです。(笑)

で、5分ほど茹でたら水に晒して2時間。
どうせ冷凍すると香りが少し飛ぶので、晒す時間は短めです。

この山椒でちりめん山椒作るの楽しみだ。\(^O^)/

それはともかく、ブラームスの六重奏曲きれいな曲ですね。
本当に弾けるんだろうか?
トレーナー氏によると、カルテットや5重奏はもっと難しいので、やるなら六重奏曲だそうです。

憧れ曲、無謀でもやってみるの良いですよね。シューベルトの断章とか死と乙女とかやったけど良い経験でしたし。(弾けなかったけどねw)





    20:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ハイドンの「ひばり」

ハイドンってファーストばっかり難しいイメージがあるんですけど…
やっぱりファーストばっかり難しかったです(^o^) この「ひばり」も!



東京方面の合奏で弾いてきました。2ndを(笑)
で、なめてかかってたら意外と大変なところが。
全員でシンコペーションするのでわけがわからなくなったり、最初のファースト以外のスタッカートのところなど、「弦を弾いて離す」という弦楽器の基本操作を問われるようなところとか。

でもベートーヴェンよりだんぜん楽しいですねハイドン。
あまり馴染みがなかったけど、これからハイドン先生マークしまっす。



    18:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

モーツァルトの「狩」

日曜日午前のご近所アンサンブルでモーツァルトの「狩」やりました〜!
これ、大昔(もう10年以上前?)に、初心者向けアンサンブルで1楽章だけ弾いた思い出が。
モーツァルトのハイドンセットの中ではわりと難易度低めの曲です。
それに、日曜日の午前中に弾くにふさわしい楽しい曲♪
掛け合いも楽し〜〜

で、行ってみたら何故かバイオリンメンバーが超少ない。(^_^;)
わたし2nd弾く気まんまんで行ったのですが…
何故かファーストを弾く羽目に!!(ヒイ)

で、根性でなんとか弾いてきました。
やっぱり楽しいですね、狩!!



このご近所アンサンブル、最近なぜかバイオリンからビオラ移行がブーム(?)でして。
というのは、ビオラ弾きさんを募集してもなかなか集まらないので「なんならアタシが弾いちゃおう」て感じで、楽器を買って独学で弾く方が2人3人と増えたのです。\(^O^)/

今回も、まだ楽器を買って1ヶ月の方がビオラパートを弾いてくれたのですが、なんですかもうシッカリ弾けていて、何年もやっているプレイヤーのよう。すごい!!!

ビオラはアタシも腕がもう少し長くて手がもう少し大きかったら是非やりたいんですがね〜

とりあえず日曜日のにわかカルテットは幸せに締めくくられたのでした♪
    16:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シューマンのピアノクインテット

展覧会終わったんですが、相変わらずお父ちゃん入院中です〜。
忙しいです、ハイ。

しかしそんな中、いつもの2つのアンサンブルに行ってきましたよ♪
まずご近所のアンサンブルですが、なんとピアノ弾きの方が来てくれました!
そこで、以前やったブランデンブルク協奏曲第5番をフルート入りでやりました。
ピアノはいると全然雰囲気変わりますよね、当たり前ですが…
自分の楽器にピアノの音がビンビン共鳴して楽しいのなんの。

で、ブランデンブルクですが、久しぶりだったのと、そういうわけで全然さらえなかったもので(^_^;)落ちまくり行方不明まくり。
特に最後の楽章が結構難しい…

で、お上手なピアノ弾きの方にせっかく来ていただいたので、シューマンのピアノクインテットもやりました!


アルゲリッチとマイスキー様のです♪

何でこの選曲に、と聞いたら、「ピアノさえしっかりしていれば何とかなる曲だから」とのこと。
ほおおおお。なるほどおお。

しかし、何とかなったのは1楽章だけで、2楽章以後はお手上げだったのでした。
でもロマン派のピアノカルテットやクインテットは楽しいですね〜。
いつかブラームスとかも挑戦したいぞ。(夢)

もう一個の東京方面のアンサンブルは、ベートーヴェンの18−1が大詰めで、ついになんとなく曲がわかってきました!(今更)
モーツァルトは以前も弾いたEsDurのカルテット。
このくらいの難度はホント楽しいですなあ〜。
    20:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ハイドンの皇帝

この前NHKの「らららクラシック」で、ハイドンの皇帝の第2楽章やってました♪

らららクラシック

各パートのからみなどスコアを用いてなかなか愉しい解説が…
各バリエーションでどのパートもおいしい所が満載らしい。
ちなみにこの皇帝、第2楽章以外はファーストバイオリンがやたら難しくて、全曲やるのは大変そうです。

東京方面の合奏団もご近所のアンサンブルも、皇帝の第2楽章やりたいという声が!
(みんな影響されやすいw)
で、この前の日曜日ご近所の方で皇帝初合わせしてきました〜〜

なるほど、弾いてて楽しいです!
この日は私2ndを弾きましたが、第2バリエーションのメロディーを弾きながらファーストの苦労を肌で感じるという…なかなか面白い楽章ですね、このバリエーション。



初合わせでしたが楽しかったです!
もっとスラスラいくといいなあ。

あ、もう一曲ヴィヴァルディの調和の霊感op.3-3をやりましたが、こちらは(わりと)スラスラ合わせられて、日曜日の午前を爽快にスタートするにふさわしい楽曲でした。(笑)

こうしていろんな知らなかった曲を弾けて、本当にバイオリンやってよかったなあと思います♪しみじみ…
    22:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

こんどはブランデン

横浜でやっているアンサンブル、フルート吹いてくれる方がいるのでブランデンブルグ協奏曲5番やることになりました!
レッスン曲もバッハのソナタなのでバッハづくしの年末(嬉しい)



もちろん弾くの初めてです!
楽しみですが、前日が忘年会なのでちゃんと弾けるかは未知数(笑)
    20:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ボロディンのトリオ

先週から今週にかけて2つアンサンブル行ってきました!
ベートーヴェンは相変わらず難しい〜〜
でもこの前はお上手な方がファースト弾いてくださったので2ndで安心(笑)
アレグロ・コン・ブリオなのとやたらフォルテピアノが多いのがベートーヴェンらしい曲。

で、ご近所のアンサンブルではビオラが不足していて、この前もチェロとバイオリン(多数)って感じでした。
またまた団長が新曲を発掘…

ボロディンのトリオGmol



最初の20小節位のテーマのヴァリエーションで、一楽章しかない曲らしいです。
このビデオだと1分47秒位から始まるRisoluto e piu vivoのバリエーションがちょっと難しいですが、わりとあとは初めて弾く割には最後までなんとか通りました〜。
いつも新たな曲発掘、団長グッジョブです♪

レッスンは先月休んじゃって、しかも今月先生の都合で2週間延期になったおかげでバッハのバイオリンとチェンバロのためのソナタは1番を4楽章全部譜読みしちゃいました。(笑)
でも1楽章目がやっぱり重音あるから難しいっす。
    16:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ベートーヴェンだよ〜

楽器に申し訳ないほどバイオリンに触ってなかったのですが、父をショートステイに送り出せたので\(^O^)/
東京方面のアンサンブル&アンサンブルより長い飲み会に行ってまいりました!!

前回お休みしたのでよくわからなかったのですが…
ベートーヴェン…
いや、難しい!!
技術的に難しいとか言うより、音楽がフクザツ!!



とくに展開部など、ちゃんと弾いても本当に合ってるのか良くわからない(汗)
ヘミオラにも惑わされるし〜
モーツァルトばっかり弾いていると、ベートーヴェン疲れますマジ。

このop.18は本当は初めての作品じゃなくて、3番目くらいに作ったカルテットらしいですが、最初っからこんなフクザツなの作るなよ!!と怒りたくなる曲です。(笑)

ピシッと合ったら気持ち良いと思いますがね!
(来月はちゃんとスコアと音源研究して行きます〜)
    16:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

新曲ぞくぞく

レッスンの方でも念願の新曲なんですが、2つのアンサンブル会でも新曲がぞくぞくと〜♪
しかし、まだ楽譜ダウンロードして印刷して製本したっきりですが。
ちょっと量が多すぎる(^^;

まずご近所のアンサンブルではモーツァルトのカルテットK.387「春」をやるとのこと。
これは一度だけ初見大会で弾いたことあるけれど、美しい曲です〜。
初期カルテットよりはだいぶ掛け合いが難しそうだけど。



もう1つは東京方面の合奏団で、初ベートーヴェンにチャレンジ!
OP.18-1をやる予定です。



出だしっからしていかにもベートーヴェンぽいですよね。アレグロ・コン・ブリオだし〜。
アタシこういうの(ハツラツと弾くの)大の苦手系なんですが、ベートーヴェン弾けないと一生モーツァルトかハイドンだし。(笑)
シューベルトは…弾けたとは決して言えなかった死と乙女でありました。
(いちおう死と乙女は前回で終了)

死ぬまでにもっと弾ける曲増やしたい〜!
    11:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やっぱり死と乙女は大変です

東京方面のアンサンブル行って来ました〜!
で、死と乙女はやっぱり大変なので、1曲簡単なのを…てことで定番のモーツァルトの初期カルテット!!
もう何回弾いたかわからないK.156をやりました!

人数もちょうどカルテット人数(笑)
しかし、余裕を持って合わせられるっていいいですね〜。
ご近所カルテットでは随分モーツァルトやったんだけど、こちらでは初期カルテットはあまり弾いたことないので、「あと3年位飯が食えそう」と推薦してきました〜。
ご近所の方ではファースト弾くこと多かったから、2ndもたくさん弾いてみたいなあ。

死と乙女は合奏時間を短くして早めに飲みに行ったため(笑)、後半全部はやりきれませんでした。
今回は上手な方がお休みだったのでファースト弾いたんですが、や、やっぱり超ゆっくりテンポでなきゃ無理!
一応こちらの曲、お遊びお試し選曲という位置づけなんで、まあ美味しいところだけつまみ食いって感じかな?

さて、先週受けたレッスンの方ですが、雑事いろいろあって練習はかどらず、バッハのコンチェルト2番次回まで持ち越しです。(^^;
もう半年はやってますなあ。
いい加減飽きt………あ、いや(^0^)
どうしても1ヶ月に一回のレッスンですし先生も基礎重視なのでなかなか進みません。

次は選曲するので、過去にやった曲でやりたいものを持ってきてと言われましたが、だいたい昔発表会で弾いた曲ってもううんざりして二度と見るきがしないしなあ。
といって、難しい曲は反対されそうだし(爆)

悩むところです〜
    18:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード