FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

真夏のアンサンブル2つ

日曜日、台風を心配しつつご近所のアンサンブルに行ってきました。
が、台風は温帯低気圧に変わったらしく、雨にはふられなかったのですが、練習会場を一歩出たらザ・梅雨明け。そこは真夏でした。(笑)
湿度100%〜

のせいかわかりませんが、なんと、会場についてバイオリンケースを開けたらビックリ!
オリーブのD線が切れてました〜〜〜(ヒイ〜)

A線はそろそろやばいかなと思ってオブリガードに変えていたんですが、D線が切れるとは想定外。
予備の弦持ってなかったので、人様のお古をお借りして急遽張り替えました。
やっぱり各弦予備は必要だなあと学習しましたです。

メンデルスゾーンのカルテット、だいぶ皆慣れてきて、一応通るようになりました。
未知の曲だったんですが、難易度もそこそこで弾いて楽しい良い曲です〜。

さて、昨日は東京方面の合奏団。
35度とかついに来ちゃった〜って感じで、汗をフキフキ会場へ。

長きにわたって練習してきたモーツァルト「春」ついに最終日です!
最後ということで、細かく見て練習したあとに全通しをしました。

1楽章から4楽章まで、全曲だとCD見るとおよそ30分くらい。
だけど、私達はテンポゆっくりだから(笑)
もう少し長い時間かな?いや〜疲れました。
最近オケとかで弾いてないから、集中力も体力も衰えているなあ。いかんです。

一番譜読みの難しい3楽章で、あらあら?オヤ?みたいな危険があったもののw 一応止まらずに最後まで通しましたよ〜。

なんのかんのでファーストもセカンドも弾けて楽しかったです!
次のメイン曲はハイドンの「五度」になる模様。楽しみです〜

    17:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

もうすぐ2楽章

月曜日はレッスンでした〜
相変わらず課題は遅々として進まないのですが、ハイポジションの弾き方とかは以前に比べて安定してきたと思います。(あくまで当社比ですが…)

IMG_6240.jpeg

♯6つついたFis durの音階。
何でも一番音の高い音階だそうです。

また嫌なことに降りるときの指が4で降りるという小野アンナ。
ふつうこんな指使いしませんよね〜と先生にいったら、多分(練習のため)わざとだそうです。
一番高い所で「がくっ」とならないよう、親指の動きと手の伸長が大切だそうです。
2番めのシフトくらいの高さなら上手くいくんだけどね〜

例のクロイツェルのオクターブもまだまだ続く(笑)

前回も言われたけど2本の弦を同じように鳴らせと。
実は音程に四苦八苦でそこまで気配りできないという(汗)

スプリングソナタは通して弾いたんですが、案の定終わらなかったです。
フォルテとピアノの差はだいぶついてきたんですが、もっと音色の差がほしいとのこと。
最近要求されることが、なんか難しいなあ。

しかし、「次回もう一回弾いて、そろそろ2楽章も見てきて」とのこと。
正月から弾いてた1楽章、やっと終われるのであろうか。
あまり期待しすぎないようにしよう(笑)
    16:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

メンデルスゾーン弦楽四重奏曲とレッスン

先々週のご近所のアンサンブルではメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の第4楽章を初めて合わせました。


第4楽章は15分12秒のところから


いやーかっこいい曲です!
もちろんテンポは全然遅くしてるけど。
パリッと弾けたらすごく気分良さそうな曲〜
もう一つの合奏団でやってるシンフォニア(小学生の時の作品)とは段違いw

譜面ヅラを見て、ちゃんと弾くの無理かな〜なんて思ってたんですが、中低音の皆様がしっかり弾けているので合わせてて気持ちいいです。

この曲も一応これで全楽章合わせたことになりますね。
完成まではまだ先ですが、次の曲はモーツァルトのK.421かも?(わくわく)


さて、昨日は月に一度のレッスンでした。
やっぱり大嫌いなオクターブ、Fdurのがなくなったので、前回よりだいぶ練習意欲がわきましたw
クロイツェルの方は「両方の弦を均一に鳴らす」と注意が。

スプリングソナタは細かくさらってやっと曲の終わりまでたどり着いた感じ。
こちらは「パリッと弾く」「フォルテピアノをベートーヴェンらしくしっかり」とのことでした。
正月から弾いてるので少々飽きてきたかもw
これ終わったらどうしようかな〜(いや、まだまだ終わらなそうだけど)

そろそろ梅雨入りだそうで、オリーブじゃなくてオブリガードに張り替えようかしら。
    13:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やっぱりメンデルスゾーンは小学生だった

火曜日は東京方面の合奏団だったのですが、なんだか大嵐に(汗)
昼頃にはおさまるとの予報だったのに、1時間毎の予報を見ると、嵐の時間が長引いてる感じ〜

幹事さんから1時間スタートを遅らせるとご通達があり、12時30分に家を出れば間に合う計算なんですが、横浜ではまだまだヒュウウ〜って嵐がふきすさんでます。

しかし、これであと30分とか1時間とか待ってても同じだろうと決意し、バイオリンにレインカバー、自分は長靴でバス停に向かいました。
いや、いつもは健康と美容wのために駅まで徒歩15分歩くんですが、今日ばっかりはバスに乗ろうかと。

バス停で傘さしてても横殴りの雨のため、もう全身びっしょりになりましたね。
…電車の中で乾燥させました。ハイ。

と、なにか出だしから大変な目にあったのですが、無事合奏の会を行えましたです。
しかし、やっぱり湿気のため楽器鳴らない。
今使ってるオリーブは天候に左右されるなあって感じです。
暑くなったら、そろそろオブリガードに変えよっかな〜

さて、メンデルスゾーンの「弦楽のためのシンフォニア2番」
家で一人で練習してみても「うーん。なんか変な曲」って感じでしたが、合奏をしてみてもやっぱり「なんか変な曲」でしたw
なんか、核となるメロディーがないんですよねw

指揮(指導してくださるトレーナー)の方も「小学5年生の時の作品だから」って仰ってました。そのかわりに、こんなこともしてみよう、あんなこともしてみようという工夫がたくさんあるそうな。



後半はモーツァルトの「春」
今回は予めファーストを弾くべく練習してきたので、前回ほど疲労困憊にならなかったっす。
でも3楽章やっぱり難しいなあ。



練習してきたつもりだけど、一人でファーストだったんで緊張してハイポジで超音波出しちゃうしw
なんか、緩徐楽章としては淡白というか、モーツァルトの中ではとらえどころのない歌いどころがない感じ。

「春」はまだまだ続くそうです(爆)
    20:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

オクターブの音階ががが

長い長い連休の最終日レッスンありました〜。

なんか今回はえらい体育会系レッスンだった気が(汗)
まずフラット6つついてるマイナー音階。
音程に気を取られるあまりボーイングが甘くなってたのか、「もっとギリギリ駒寄りを弾きなさい」と言われて、全弓でかき鳴らしてたらかなり疲れました。

まあ、以前から「まだまだ自分にとって快い音を出してる」と言われてたんですよね。
つまり、人が聞いて丁度良い音を出さなきゃだめと。
駒寄りで、かつ音が割れたり掠れたりしないギリギリを狙うんですが、「自分にとってちょっと不快な逃げたくなるような感じがありますか」と聞かれ、ハイと答えると、それが駄目だと(笑)

ヒイ〜〜〜

拷問系のオクターブ音階
「最後の3つの音が駄目でつらいです〜」(他の調なら何とかなりますよ〜)
「ここまで高い音はオケや合奏の曲じゃ出てこないし、重要な音は3の指でとります〜」(そんなに完璧じゃなくても許してくださいアタシはアマチュアなんだし〜)

…と、言外に願いを込めて訴えましたら、先生「う〜ん、そうよねえ…」

おお、やった!
そうですそうです!!と心の中で絶叫したんですが、しばらく考えていた先生、
「あ、やっぱり次回もこれやってきてください」

ガーン😨
いや〜。眼の前が暗くなるサントワマミーって感じです。

しかし、クロイツェルのトリルの課題は突然上がりになりました。
次になにやろうかってパラパラページをめくっていた先生、「あっ、これ大嫌い系?これやって小野アンナの方に未練がなければ少しお休みにしましょうか?」

IMG_6142.jpeg

ヒャ〜〜〜
大嫌い系だけど、あの小野アンナのFdurよか百倍マシです!
高い音がないもん。
「未練は全然ないです!!」と即答しましたよ、ハイ。

あと、スプリングソナタの方も遅々としてますが少し進みまして、次回は1楽章を終わらせようという話になりました。
まあ、そうは言っても終わらないことの方が多いんだけどね〜。


午後はみなとみらい大ホール。
知り合いのチェロ弾きさんの出てるアマオケ聴きに行きました。
オケもやはり良いものだなあとしみじみ思ったのでした。
    15:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

新曲です!

東京方面の合奏団では、ヴィヴァルディの曲が終わり、新曲が決定しました〜!

メンデルスゾーン 弦楽のためのシンフォニア2番



うわ〜
楽譜印刷した時はそんな難しい曲じゃないよね、って思ってたけど、速さが半端ない〜
しかも、全楽章通してイマイチ曲想がつかみにくい!(爆)

初心者のころ最初に入った弦楽合奏団でシンフォニア9番をやったときも早くて死にました…
しかし、これゆっくりやったらあまり曲にならないような気もするし。

うーん。ご近所の方でやってるカルテット1番のほうが名曲だな!
…と、とりあえず苦手系のメンデルスゾーンに一言。w

いやね、シンフォニアは小学生とか中学生のメンデルスゾーンが書いた曲なんで、まあ深みとかはないよね〜
    20:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

チケット争奪戦とファーストバイオリン

昨日は東京方面の合奏でした。

しかし。
午後からの合奏の前にアタシにはこなさなければならないミッションがあったのです。
これです!

町田樹氏×宮本賢二氏が登壇!映画『氷上の王、ジョン・カリー』ジャパンプレミア開催決定!


5月9日(木)新宿ピカデリーでの上映!
仕事の日だけど7時なら終わってから行けば間に合うし、貴重な町田さんとミヤケン先生の対談!
絶対行きます!はい。(ムービーチケットすでに買っちゃってるけど映画は2回見りゃいいのさ)

しかし、チケット売出しが、合奏当日の10時から販売開始。ネットがなかなか繋がらなかったりすると1時間か2時間かかってしまうのではなかろうか…。
そしたら1時からの合奏に遅刻しちゃうかも。

で、熟慮のすえ、「ちけっと○あ」の実店舗に行くことにしました。
横浜は10時開店のとこがあるんだよね〜

バイオリンしょって1時間前に行くと、なんともうすでに2人の方が並んでます。
ま〜なんとなくですがスケオタの女性っぽいので、これはライバルかと(笑)
でも、3番めなので「まず確実に取れるだろう」と(その時点では)安心しました。

吹きさらしの寒いところで小1時間並び、いよいよ店舗に案内されたのですが、案の定お二人とも「ジョン・カリーのジャパンプレミア」目当て。
私の番になって、見せられた座席表が、なんかすごく後ろの端っこの方…
「席選べないんですか?」と聞いたら、選んでる間に売り切れちゃう可能性ありだとか( ̄□ ̄;)

即決して、チケットもらってPRONTOで暖をとりつつTwitter見てみたら…
「瞬殺だった」
というつぶやきがたくさん…
なんでも1分とか2分で予定枚数終了になっちゃったとか!!

ひえ〜
私も3番目だったんで、もたもたしてたら買いそこねてたかもしれなかったのですね。
運よかったかも。
1日分の運をこの時点で使い果たした気持ちです。

さて、時間を潰しつつ東京方面に向かいます。
こちらの合奏団ではいつもセカンドを弾いているんですが、なんと!今日は3人いるファーストのうち1人しかおられません。しかも、途中で早退するそう。

なので、ファーストを弾くことに。
いやね、ヴィヴァルディとかは初見でも大丈夫なんですが、モーツァルトのK.387は難しい〜。
でも幸い別のところで弾いたことがあるので、1楽章と2楽章はなんとかなりました。

3楽章になって、「はて?記憶にない…」

そうです、たしか3,4楽章は以前は練習しなかったのです。
よって初見弾き。
神経疲れた〜(目がしょぼしょぼ)

午前中から、なんですか長い一日でした。
あ、でも、たまにはパート変わると同じ曲でも楽しいですね。

    17:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

コントラバス入りアンサンブル

なんとご近所のアンサンブルの方に、コントラバスの見学の方がいらっしゃいました!!

オケには入っているけれど、弦楽合奏もしてみたかったそうな。
最近オケでは弾いてないので見慣れてないんだけど、コントラバスってつくづくデカイ楽器ですね〜。
女性の見学者の方だったのですが、身長より楽器がデカイって。なんじゃらほい〜

で、ただでさえ人数の少ない我らのアンサンブル、コントラバスが入るといったいどうなるんだろ?と思っていたら…
なんかすごく弾きやすかった!
低音が安定してリズム作ってくれると弾きやすいんですね〜。

音量も、いつもはピアニッシモは抑えて抑えて…と、ちと忍耐がいる感じだったんですがw
思いっきり弾けて楽しかった!

ちなみにモーツァルトのディベルティメントとか、G線上のアリアとか、メンデルスゾーンのカルテット弾きました。
メンデルスゾーンとかバスパートがないものは団長が自ら楽譜を書いてきたという。
お疲れ様です〜

メンデルスゾーンのカルテット、今回は時間切れで第1楽章最後まで行かなかったんですが、難易度もそこそこだし良い曲だし楽しかったす。
第4楽章が大変かっこいいんですがね…(いや、パリッと弾けたらの話ですが)
やるかどうかは今の所不明。


    19:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

サボると小指がおとろえる

月曜日は2ヶ月ぶりのレッスンでした〜。
今の先生はわりと大人の生徒さんを教え慣れてる先生なので、仕事が〜とか家の事が〜とか、泣き言をわりと怒らずに聞いてくださいますw
で、「どのくらい弾いてきましたか?」なんて聞かれたので、「展覧会終わって一週間くらい気絶して、それからチョロチョロ練習してきました〜」と、正直に申し上げましたw

音階は今フラット6つのやつやってて、こちらは次に進んだんだけど、オクターブの音階がこれがもう…
ちょっとサボるとすぐ弾けなくなる!!
そして小指がイタイタに…

今やってるのがFdurのオクターブなんですが↓

IMG_6127.jpeg

一番音が高いんですよね。ほとんどA線とE線で登っていくという…
で、最後の方の三音が、1と4で取るのが狭すぎてきつい!!
手が小さいからこういうの得意なはずなんだけど全然だめだめです。

前の先生は割とハイポジションの方の左手の押さえは、指板から少し浮いていても音出ますよ〜的に言ってたんですが、今の先生はしっかり指板につけろとおっしゃる。
小指に弦の跡がついて痛いっす。(泣)

さらにビブラートかけると、もうなにか拷問としか言いようがない感じ。

音色の好みでE線はヒルのミディアムというのを使っているんだけど、最後の3つがマジ拷問。
もう少し細めのE線使えば楽なのかなあ。でもあんまり高音がキンキンするのも好きじゃないし…

いや、弦の問題じゃなくて、サボると小指が退化するということですな。
「勉強になるから当分Fdurがんばりましょう」と言われました。
トホホ。
    16:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

新曲と演歌

ご近所の方のアンサンブルで新しい曲が始まりそうです!
始まりそうというのは、まだ譜読みの前に検討するとかそういう段階みたいで…
ドボルザークのアメリカが、まあ一応やるとこまでやったかな?みたいな感じなので、次の難し系の候補曲ということで…

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第一番



な、なんかえらく難しそうです。
2楽章の途中で「真夏の夜の夢」みたいなチャカチャカ早いところがあったりとか。
実は昔やった弦楽交響曲で、ちょっとメンデルスゾーンは苦手になっちゃったんだよね〜(笑)
でも2楽章のカンツォネッタはきれいで良いですね。(その後のチャカチャカは…まあ、弾けないにしても)
オケにはいってる方の話聞いても、メンデルスゾーンはスコッチもイタリアもえりゃー難しいそうです。(ハイ、聞いてても難しそうです)

さて、新たなチャレンジ!!
どうなりますか〜ってとこですね。

あと、実はこちらの合奏団で前回、都はるみの「別れても好きな人」の楽譜を持ってきた方がいて(もちろん弦楽四重奏バージョン)、おおお〜となりながら弾きました。

…で、その日は一日中頭の中で都はるみがリフレインして困りました、ハイ。
いやね、歌の本編だけならいいんですが、序奏でいかにもなノリノリの演歌っぽいフレーズがあって、そっちが衝撃でね〜w
そういえば昔、老人ホームで「りんごの唄」やったときも一日中頭からメロディーがはなれずに困ったもんでした。

その日は合奏団に若い女子の見学者の方がいらっしゃったんですが、「私この曲知らないです」って!!
そうか〜w
そうだよね、知らないよね〜!!昭和の歌曲だし!!

オケじゃないくてアンサンブルだから、こういうことたくさんあって、いろいろ面白くって、ホンマやめられないです〜
    23:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード