FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ハイドン「時計」とオネゲル「夏の牧歌」

めちゃ暑いか台風かどっちかという、恐ろしい夏ですね〜。
この前の日曜日、ご近所のアンサンブルでは初見祭りでした。
今度木管五重奏と合奏するための候補曲です♪

●ハイドン「時計」の2楽章


これはわりと馴染みある曲で弾きやすいですね〜
バリエーションがややこしいんですが、まあ練習すればなんとかなりそう。
問題は弦の音量ですよね。(笑)あと弦は2プルトずつ欲しいです。

●オネゲル「夏の牧歌」


うわーこりゃ見たことも聞いたこともない曲ですだw
しかも現代曲!
このYouTubeを聴くととても素敵で雰囲気のある曲なんだけれど、弦だけ楽譜見て弾いてみたら「なんだこりゃ」って感じです(笑)
1ページ初見弾きしただけで皆ぐったりしました。
こういうのって、ちゃんと音源聞きながら譜読みしないとだめですね。
最近わかりやすいのばっかり弾いてるんで、たまには頭の体操じゃないけど現代曲良いかもです。

その他、ボロディンのカルテットも弾きましたが、こちらは流石に慣れてきた感じです。
ファースト一人になっちゃったんでハイポジは恐る恐る弾きましたがw

あ、そういえばこの前楽器の調整の後、オリーブのA線の巻線がほつれてしまったので、夏の間だけはと思いオブリガードに変えました。
当たり前ですが、調弦楽になりましたです(笑)
でも音はやっぱりオリーブのほうが良いんだけどね。
今のところGとDだけオリーブです。
    13:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

木管五重奏とコラボ

毎日毎日これでもか!ってくらい暑いですね〜

頭がクラクラするくらい暑いんですが、7月の頭、珍しくレッスンや合奏の予定が1週間以上空いたので、楽器屋さんに行って、放置していたニスの傷の補修、弓の毛替え等々お願いしてきました!

あと、指板が弦を押さえることによって少し凹んできたので、指板削りということを初めてやりました。
先生に聞いたら、2年に一回位やるそうです。私はこのバイオリン買ってもう十ウン年目で初めてなんですが、さすがプロは違うなあ。

で、ご近所のアンサンブルなんですが、たまたま同じ公民館で合奏しておられる木管五重奏のグループの方々と「たまには一緒に合わせてみないか」とお誘いを受けました。

で、この前の練習で、後半の練習時間を使って、あちらの用意した楽譜で合奏してみました。
曲は「ニュー・シネマ・パラダイス」
いい曲ですよね〜。

…しかしですね、実際合わせてみると、音量的に全然無理(笑)
こちらは各パート2名ずつ。それに木管が5パート揃うと、もう全然弦の音が聞こえません〜

せっかくのご縁なんで何かもう少し少ない管+弦でレパートリーがあると良いんですけどね。
オケやめて久しいんで、管の音量のことすっかり忘れてました。ハイ。

その他、レッスンではモーツァルトの4番、ようやく第2楽章に入りました〜。
1の指のビブラートの特訓中です。
(前からかかりにくかったんだけど適当にごまかしてたら、やっぱり指摘されたのでした)
    19:51 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

マザズのトリオ

ご近所のアンサンブル、なぜか昨日の日曜日はお休みが沢山出てしまい、チェロ氏とバイオリン二人だけ!
バイオリン氏が沢山楽譜を持ってきてくださって、ヘンデルのコンチェルト・グロッソとか、小曲を6曲くらい弾きました。
さらに童謡系「花」とか「荒城の月」とかも6曲くらい合わせたんですが、まだ時間がちょっと余りました。

そう言えば前にこの編成でやったことあったな〜と楽譜ファイルを探ってみたら…
ありました。

マザズのトリオ op.18 「2本のバイオリンとチェロのためのトリオ」
団長が発掘してきた楽譜でした。(よくこういうのさがしてくるなあ)

しかし、検索したらYouTubeにありました!



こちらはバイオリン3本ヴァージョン



マザズさんはバイオリンの教則本など書かれている方ですね。
このop.18のNo.1の曲、そんなに高い音もなく、なかなか良い曲で合わせやすくて楽しかったです!
しかし、なんというか頭に残りにくいんだなあメロディーが(笑)

しかし、室内楽を楽しまれている皆様、ビオラの方の急なお休みのときはこういう楽譜1つ持ってると良いと思います〜
オススメですよ!
    13:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

モーツァルト進んだ

先週のレッスンで、奇跡的にモーツァルト協奏曲4番・第1楽章終わりました〜!
先月の先生の様子じゃまだまだ先は長いかなと思いましたが奇跡的っ!
正月から自分としては練習したほうなので「ソロソロアキタ」病にかかってたのでラッキーって感じです。
次は2楽章。

最近音階でも全部ビブラートかけて、かかりづらかった1と4の指を猛特訓しておりますので、以前に比べて少しはちゃんと弾けるかな?
あと、クロイツェルでこれまたずーっと(半年くらい)トリルの練習をした結果、小指がピクピクしちゃう癖がなんと治ってきました!
もうバイオリンを始めた頃からずーっと各先生方に指摘され続け、しかしどうすれば治るのかわからないまま苦節18年目にして。(奇跡)

やっぱり今の先生は具体的に個々の動きが、筋肉がと指摘してくださるのでわかりやすいのと、治らないなら先進ませないという鉄の決意が(笑)
いやー、おかげで色々今更ですが進歩できましたです、ハイ。

あと、ご近所のアンサンブルの方、ボロディンまた弾いてきましたが、やっぱり楽しかった!
来週は東京方面のところでブラームス弾く予定〜。

最近予定が一週間ごとにバラけているので弓の毛替えにいつ行くか悩みます。(もう1年以上立ってるのでやばい。楽器のニスも修復してもらわないといけないし)
    12:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ボロディン楽しかった!

なんか1ヶ月くらい風邪ひいてる気がするんですが、なんかまだ喉がいがらっぽい。
世間でも変な夏風邪流行ってるみたいですね〜。

ようやくボロディンの弦楽四重奏曲弾いてきました!
1楽章と3楽章のみですが。

ファースト、高い音が多いんだけど割と取りやすくて弾きやすい感じ。
楽しかった〜!
ブラームスの苦行のようなアレに比べると天と地の差があるざんす。
ロマン派だけどわかりやすいんですね。
ただ、やっぱり内声がたいへんそう。
2ndの楽譜がちょっと苦行系でした。

チェロとビオラはハイポジションだけどすごく美味しい曲ですね〜。
1楽章も3楽章も大変美しい。



さてさてレッスンの方はモーツァルトの4番さっぱり進みません。
というか先生の求めてることが高度すぎるんじゃないかと(笑)
「そろそろ余生も短くなってくるので別な曲やらせてください」

なんてね。
言えないよなあ。
    15:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ブラームス難しい〜

行って来ました東京方面のアンサンブル!
ブラームスは一応いつになくスコア観て譜読みして練習もしたんだけど、やはり難物ですね〜(^^;

そして、メロディアスな1stよか2ndの方が難しい!!
一体何弾いてるんだか、わけわからない所だらけ。

IMG_5792.jpg
こういうところとか(ファーストと微妙にリズムがずれるんで非常にムズい)

IMG_5793.jpg
こういうところとか(和声が微妙でよくわからない・この楽譜は親切にわかりやすいように書き換えてくれてるけど)

しかし、今回はたまたま人数も多く、分厚い弦が「たまに」ハモるとwとても気持ちよかった!
前にシンフォニーとかでもブラやったけど、慣れてくればツボが抑えられるかもしれないです。

しかし、この弦楽六重奏曲1番は、ブラの室内楽でも比較的簡単だそうで…
極めるにはまだまだ修行が必要ですね。

    14:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ブラームスとボロディン

東京方面の合奏団では、以前酔った勢いで出た候補曲・ブラームスの弦楽六重奏曲第1番をやることになりました!
で、早速楽譜を見たんですが…これねえ。(^^;
ファーストが難しいとか2ndが難しいとか言うんじゃなくて、もうなんか曲そのものが難しいんですよね〜。捉えづらいというか。
トレーナー氏も「音がとりづらい」「リズムが複雑」って仰ってましたが、こりゃ通るまで1年位かかりそうな(^^;

弾いて練習するよりも、音源聞きつつ譜面を確認するのが必要になりそうです。



で、ご近所のアンサンブルでは新曲がボロディンの弦楽四重奏曲になりました〜。
やるのは1楽章と3楽章。
こちらは(多分ファーストを弾くんですが)音がエリャー高くて譜面ズラを見ると難しそう!
…だったのですが、案外すんなり弾けました。
ブラームスとは真逆ですな。



こちらは有名な3楽章。キレイですね〜(ちゃんと弾ければ)


練習せねばならない曲が満載ですが、GWは町田樹さんの新作見に新横浜のスケートセンター通うし(笑)非常にやばし。
レッスンはGW直後を避けたのだけど、英断でした〜(多分他のこと手につかなそう)
    15:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

小指が筋肉痛

先日レッスン行ってきました〜。
今まで音階はボウイング中心に注意されてきたんですが、今回はビブラートを大きくかけて一個ずつスラー無しで弾くように言われました。

で、アタシの場合は1と4が本当に苦手なんですよね〜(^^;
こうして音階で弾かされるとバレるバレるよ、その不安定な揺らし方(笑)
今までいかに適当に動かしてたかよくわかります。

まず1の指ですが、他の指とは違って腕から旋回させるような動きをして、指板から指板から離れた所に動かす。
やってみますが、なんか親指が支点になりにくい感じ…
しばらく練習するとまあまあ形になりました。

4の指ですが、低いポジションの時は今までのように2や3と同じ動かし方で良いのですが、ハイポジションになると横に動かすのが難しくなりますので、腕で指が縦に動くように動かすんだそうです。(文章だと伝わりにくいが)
アタシは本当に小指が短いだけではなく弱いので、弦をしっかり指板に押さえ込み、縦に揺らす動きをしていたらすっかり筋肉痛になりました。

しかし、モーツァルトとかの高いハイポジションの時にはこの動きで、ハイポジ独特の輝かしいビブラートにしなくてはいけないんですって!(ひ〜)

逆に2と3は動かしやすいからつい早く動かしすぎるので(アタシって単純)ゆっくり大きく揺らすようにと指導されました。

果たして小指強化策は成功するのでしょうか。
あ、次回は1楽章の次に2楽章を見てくることになりました。
奇跡的に進んでます♪(^o^)
    14:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ようやく練習を

一ヶ月くらい休んでいたご近所のアンサンブルに行って来ました〜!
放置していたバイオリン、慌てて前日に調弦して、オクターブをかき鳴らしたり、駒近くをギコギコ弾いたりしたのですが、幸い湿気も少ないせいかすぐに鳴るようになりました。
私の優秀な楽器様よ、ありがとうでございます。

ところが、2時間位練習してたら楽器の当たる首とか肩がいっぱつで痛くなっちゃいました。
やはり構えるための筋力とか衰えて、楽器に首の重みがのっちゃうんだな。
とにかく正しいフォーム、正しいボウイング〜と、唱えながら練習したのであります。

幸いモーツァルトの4番はわりと忘れてなかったです。

これからまた練習を規則的にやることを誓います!!
すぐ誓いが破られるような気はするのですが(爆)
    18:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

レッスンでモーツァルト

この前のレッスンで初めてモーツァルト協奏曲4番みてもらいました!

「クロイツェルのトリルの課題は一回弾くとなにやら気分が悪くなり、楽しいモーツァルトばっかり練習してました」と正直に先生に言ったら爆笑されて「一回弾くだけでも良いですよ」「モーツァルトもトリルたくさんあるから練習になりますし」と、理解にあるお言葉を頂戴しました。
根性のない生徒ですみません、先生。

で、肝心のモーツァルトですが、1小節目で止められると思いきや、なんと3ページまで通して弾かせていただきました〜。(何と珍しい)
次回は中間部のところをやりましょうとのこと。快調快調!(カデンツァさえやらなければ)

バイオリンソロの出だしは、完全に声楽系の歌。コロラトゥーラ・ソプラノのイメージで弾くのだそうです♪


上の映像だと1分15秒位の所です。

それから細かい音は左手がバタつかないこと(やっぱり言われたあ)、弓をたくさん使うこと。

最近、私って押さえの左手の力を抜くと右手も同時に力抜けちゃうことが判明しました(汗)
左手は自分が思ってるよりかなり力抜いて軽く押さえる。
右手の弓はシッカリ弾く(だけど持つ手は力抜いて)

って感じですかね。17年もやってるのにまだまだ悟りがひらけないっす。ハイ。
    14:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード