FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

リハーサルですよ!

さてご近所のアンサンブルですが、この前の日曜日リハーサルがありました!

公民館のフロアに少し小高くなっている畳の一角があり、いつもはそこで子供が遊んでいたり、本棚の本を読んだりしているのですが、ここに当日は板を敷いて靴でも上がれるようにするらしい。

ステージ発表のほかに、手作り豚汁を売ったりw 囲碁コーナーで先生に挑戦できたり等々いかにもお祭りな感じです。

ステージ演目はコーラスやオカリナあり、フラダンスや殺陣演武があったり、日頃この公民館で練習しているサークルがたくさんでなかなか楽しそう。

全部見たいんですが、終わったら打ち上げに行く予定ですw

さて、この日は椅子と譜面台を持って実際に全曲演奏し、時間を計ってみました。
20分が持ち時間なんですが、18分ほどでした!
これに団長のトークとか入れ替わりの時間とか入れると、結構きつきつだなあ…。

肝心の演奏ですが、後ろに本棚があり、これが良い吸音材になってしまってるせいか(汗)内声があまり音が聞こえずって感じ。まあしかし、想像していたよりはましだったような。
だけど、これで本番はお客さんが入るので、もっとデッドになるかもね〜。

ちなみに先週の大倉山記念館は、録音を聴いたら響きがありすぎて何だか自分たちが上手くなったかのような感じでした。(笑)
演奏は割と問題ないと思うけど、変なウイルスが流行っているらしいのでそっちの方が心配です。
ひとり抜けると1パートなくなっちゃうしね〜。
気をつけねば。
    14:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やっと終わるぞスプリング・ソナタ

月曜日はレッスンでした〜。

前回からカール・フレッシュというものを使っている音階練習。
今日は目からウロコなことを教わりました。

IMG_6713.jpeg
こういう三連符の楽譜ががあるじゃないですか。
で、これを3つずつ弓を返して弾くとします。
「どれみ」「ふぁそら」「しどれ」「みふぁそ」…てな具合にね。

その場合、今まではダウンでもアップでも弓の長さを三等分して一つの音符に割り当てるつもりで弾く…というのが普通と思っていたのですが、このようにスラーがかかっている場合、どうしても最後の音がやせてしまいがちだし、次の3つになめらかにつながらない。

なので、弓を二等分して、最初の半分で「ど」と「れ」を、次の半分で「み」を弾く。
弦楽器の場合たいがいそういうものだということです!!

ひゃ〜目からウロコっ!!
今回は実際に弓の真ん中に付箋を付けて弾いてみたんですが、なるほどって感じでした。
こういうの、曲とかメロディーとかですごく応用が効きそうですね。試してみよう。

さてさて、カール・フレッシュでは、新たにこういう音階が加わりました。

IMG_6712.jpeg

今まで音階教本を使っていても、たいがいボウイングの注意が主だったのですが、これに限っては音程のことをめちゃめちゃ注意されてしまい、なんだか恥な感じです(笑)
どうも自分はこれ系が苦手らしいので練習しなくては。

さてクロイツェルですが
IMG_6461.jpg

だいぶこなれてきた、と言われました〜
(あ〜よかった)
ずっと注意されってたアップでA線ダウンでD線パターン、弓が浮いたり移弦で弦をしっかり弓が掴んでなかったりしたんですが、ちょっとした肘の角度で肘がのってないことと、弦を掴んだあとは力を抜くことあたりがポイントでした。

次回は30番の仕上げと、次の31番を見てくるようにとのことです。
これが終わると重音地獄なんですが、どうしましょう(笑)
10年前にもエリャー苦労した気が。

スプリング・ソナタ、4楽章。さ〜進みません進みません(爆)
今回は主としてスタッカートとか跳ばしの話で、こういうところは跳ばさずもう少し重いスタッカートで、とか、ここは軽い跳ばしで、とか、曲想による音作りを教えて頂きました。
しかし、ベートーヴェンって疲れますね〜。

次の曲はどうします?と聞かれ、フランクのソナタをやりたいと言ったらオッケーが出ました!(^o^)
10年前に前の師匠に習った時はフィンガリングが私には少し難しく、音程が定まらなかったこと、スラーがブチ切れ病だったことなどをふまえ、今回は集大成として(笑)立派に弾けるようにしたいです〜。

    14:58 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

大倉山記念館

いつもはご近所でやっている横浜の弦楽アンサンブル。
この前の日曜日はなんと大倉山記念館で練習でした〜。

以前初心者向けのアンサンブルとか、元師匠のコンサートで訪れた大倉山記念館。
きれいな建物で、駅からもすぐなのですが、そこへ行くまで結構な坂があります。
前日雪がちらついたりしたので、どうなるかと思いましたが、日曜日はめでたく快晴でした。
日頃の心がけですかねw

さて、久しぶりに坂を登ります。
日曜日の朝っぱらからゼイゼイです(笑)

IMG_6700.jpg
駅からすぐ右にこんな坂があります。


IMG_6703.jpg
登った〜と思ったら、まだまだ左側に坂が続く〜

左側に竹林やら梅林やら遊歩道があって素敵なんですが、まだ記念館は上の方w

IMG_6663.jpg

IMG_6668.jpg
階段をヒイコラ登ってようやく白い建物が見えました〜

何でも大倉さんという実業家の方が「大倉精神文化研究所」として建てた建物らしい。
内装も昭和レトロで県庁とかの雰囲気です。

IMG_6669.jpg
内装も素敵!

練習室も天井が高く、えらく音が響く感じで、なにやら自分たちが上手くなったかのような錯覚に陥ります(笑)
この日も2月の地区センターまつりの曲の練習をしたのですが、多分本番はめちゃくちゃデッドな響きのはず。
この落差をどうして埋めましょうw

友達のアマオケ聞きに行っても、会場によって出来がぜんぜん違うもんね。
昔いた合奏団でデッドな会場で本番やったら、「一人一人の音が一個ずつ聞こえてくる」とか、恐ろしいことを言われたことがあったなあ。

ま、あまり考えすぎずリラックスして臨みます!
    14:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

プチ本番の曲

ご近所のアンサンブルで、2月はじめの「地区センターまつり」で弾く20分ほどのプチ本番の曲。
決まりました〜!!

ヴィヴァルディ「四季」より「冬」(団長渾身の編曲バージョン)
久石譲 映画「魔女の宅急便」より「海の見える街」
アストル・ピアソラ「オブリヴィオン」(団長渾身の編曲バージョン)
チャイコフスキー「花のワルツ」

うーん何だかまとまりがない選曲ですが(笑)皆の意見をツヅウラウラ取り上げた結果こんな感じになりましたです。
最初の3曲はわりと簡単なんだけど、最後の花のワルツが案外難しい〜(もちろんカルテットバージョンなんですがね)
最後の曲弾き終わって「あ〜あ」ってことにならなきゃ良いですがw。



一応本番ということで、何故か皆燃えて週一回の練習をやってますw
どうなりますやら♪

さて、最近行き始めた川崎方面のアンサンブルと、東京方面のアンサンブルではコレルリの「クリスマスコンチェルト」。
川崎の方では、ファーストとセカンドのソロ両方楽しく弾かせていただきました〜!
ファーストのオブリガード付き(楽譜になくて即興で弾くやつ)も、初めて弾いたのですが、や、やっぱりサマになりませんでした(爆)
こういうの堂々とかっこよく弾ける秘訣を知りたいっす。

毎年この時期になると弾くクリスマスコンチェルトだけど、何回やっても良い曲だなあ。
東京方面の方ではわりとバロックちっくにスラーで音を切る感じで、これまた新鮮な感じでした。

最近少しばかりやる気をだして、予定を増やしたけど、まだまだ10年前くらいにオケと合奏団を掛け持ちしてた頃に比べると練習すべき音符が少ないって感じです。
まあ、それだけオケって大変だったんだな〜と。

今は難易度低めの曲でもできるだけきれいに弾けるようになるべく頑張りたいっす。

    21:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

さらば小野アンナ

先週のレッスンで、ついに小野アンナ音階教本を卒業しました!!

IMG_6505.jpg

確か最初の鈴木メソッドの先生に習い始めて最初から使っていた…ということは、およそ20年間のバイオリン歴≒小野アンナ音階教本 だったわけっすね〜
いやそんなに毎日何時間も真面目にさらってたわけじゃないんですが(笑)
ひどい時は一回弾いたらもう次のエチュードに行っちゃったりしてね(笑)

でも、なんのかんので音楽とは音階で出来てるものなので、やはり得るところはたくさんありました〜。
ありがとう小野アンナさん!!

…で、次のカール・フレッシュ音階教本ですが、小野アンナさんと違うのは一つの調の練習がまとまっていて、1オクターブ、3オクターブ、半音階、3度の重音、6度の重音、オクターブ、フラジオレット…と、10種類くらいの練習がぎっしりと。

IMG_6506.jpg


最初「カール・フレッシュ」と聞いたときにはどんな苦行が待ってるのかと思ったのですが、「とりあえず5番(3オクターブの音階と分散和音、半音階)」だそうです。いや、ホッとしました。

ざっと見たところ、フィンガリングがだいぶ違うのと、半音階が大変やっかいそう。
多分これは…死ぬまで続くの巻w

クロイツェルは子指伸ばすのつらいです〜と訴えたら、ちゃんと行くべきところに指は行っているのだが、問題は右手だと言われました。なんか、そういうの多いなあ。
ちゃんとテヌートで伸び伸び弓を使って弾くべしとのこと。

IMG_6461.jpg

ついレッスン終わると安心してサボっちゃうのですが、2月にプチ本番もあることだし、年末年始は頑張って練習します。(決意)
    22:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

クリスマスコンチェルト三昧

弦楽アンサンブルだとだいたいこの時期コレルリの「クリスマスコンチェルト」やるところ多いです。
おかげで、この曲聞くと年末だな〜って感じですw



最近行き始めた月イチの川崎方面のアンサンブルでは、この前セカンドのソロを弾かせていただきました。
最近何故かこの曲に限ってファーストを弾くことが多かったので、久しぶりにセカンド弾いて楽しかった〜
ファーストはアダージョのところで「みそみそ、れそれそ」っていう細かいのがあってあまり好きじゃないんす。(笑)

↓こういうやつね
IMG_6503.jpg

ここのところ、セカンドはメロディーで伸び伸びだし、ファーストソロに対して合いの手を入れるのがわりと楽しい曲なんだよね〜。
最後の大好きなパストラーレもファーストの3度下がきれいだし、途中でメロディーが出るのも美味しい感じ!

この時はわりとロマンチック系の演奏で、ファーストの楽譜に予めオブリガードがついてる楽譜使用だったのです。

が、この前東京方面のアンサンブルに行った時はわりとバロック風(といってもあくまでも「風」)の演奏でした。
この時はファーストのソロを弾いたんですが、パストラーレのところなんてあまりロマンチックにビブラートをかけるな、とかね〜。

アダージョのメロディーも、レガートに弾きすぎずスラーと同じに切って弾く感じ。
↓こんな感じね。
IMG_6504.jpg

同じ曲でもいろいろ解釈があって面白いですなあ。
全然別の曲弾いてるみたいです。
しかし3箇所で同時にやってると、頭が混乱します。(笑)

で、来月はファースト・ソロのオブリガード付きを弾く予定。
混乱せずにちゃんと弾けるよう頑張りまーす。
    14:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

スプリング・ソナタ3楽章

レッスン終わってブログを書こうと思いつつもう2週間もたってしまった。トホホ。

今、小野アンナ音階教本を何回目のリピートか!(もう記憶にない)って感じでレッスンで見ていただいているんですが、「次回カール・フレッシュを持ってきてください」とのこと。
そういえば、前の先生に用意してと言われて購入だけしていたんですが、今の先生に変わってずーっと小野アンナの復習をやっていたのでした。よって、楽譜は真っ白。

これからどんな苦行が待ってるのでしょうか(笑)
なんだかマゾ的に楽しみです。

クロイツェルはイヤ〜なオクターブ課題が、あとヴァリエーション一つだけで終わりそう\(^O^)/
で、次は30番も見てくるようにとのこと。
ザ・移弦 アンド 小指をめいいっぱい伸ばす拡張ポジションの練習です。

IMG_6461.jpg

移弦は良いとして、小指を伸ばすのがきつい〜
音程が定まらない!!
久しぶりに所見じゃ全然弾けないエチュードです(汗)
練習しなくちゃまずいっす。

スプリング・ソナタの3楽章ですが、コンパクトに弓を使うために、手の弓を使ったり、肘から動かさない動きを教わりました。
自分はなんですか、ムキになって弾こうとしてガチャガチャやってたんですな(納得)
飛ばさなきゃ!とこれまたムキになってたところも、最小限の指の動きのみで弾くという目からウロコの技でした。

こういうのがパリッと出来るようになるといいよねえ。(一応頭では理解できたのですが、ちゃんとできてるかどうかは謎w)

    22:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

映画音楽にジブリの曲に

いつも行っている2つの合奏団とは別のところなんですが、ナイジェル・ヘス作曲の映画音楽「ラヴェンダーの咲く庭で」の弦楽四重奏版をやりました。



バイオリンソロバージョンはこちら


若干編曲が違うバージョンを弾いたんですが、きれいな曲ですよね〜。
映画のエンドロールに流れるのがこれ。
サントラではジョシュア・ベルが弾いてます。

実はこれの短調バージョンもあって、映画の中に出てくるバイオリニストがコンサートで弾くという設定になってます。フィギュアスケートで使われることも多く、何を隠そう、我らが町田樹さんが現役最後のショートプログラムに使った曲です。

そんなわけで輸入盤の楽譜の長調と短調の両方をゲットして(バイオリン+ピアノバージョン)以前から練習していたのですが、短調の方は重音があったりとかで少々難易度高め。
こちらはそういうのないし、良いビブラートとかフレージングの練習になりますねw

初めて弦楽四重奏で弾いたのですが楽しかったです〜。
さらに、ピアノ弾きの方もいて、ピアノ+弦楽四重奏でも演奏しました。
ピアノ入るとやっぱり素敵!
またぜひ機会があったら弾きたいなあ。

もう一つ、こちらはご近所のアンサンブルなんですが、いつも使わせて頂いている地区センターのお祭りで20分くらい演奏することになりました。
まだ曲が未定なのですが、あんまりこういう時にド・クラシックもなんだしなあということで、以前弾いたことがあるジブリ系の曲なんてどうかと言う話になり、魔女の宅急便より「海の見える街」を次回試し弾きすることに。
ジブリ系の曲って、昔初心者アンサンブルで何回かやったんですよね〜
全部忘れちゃってますがw



難しいところなく親しみやすくていい感じ!
だけど、20分となると、あと2,3曲いるわけですよね。どういう組み合わせにすりゃいいのでしょうか。
迷うところであります。

たまにはこういうライトな曲弾くのも良いですね。
    22:19 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

2楽章はあっさりと

月曜日はレッスンでした〜。

音階はシャープ6つついてるDis moll。
これは混乱します(汗)
弾いてる音を頭の中で「れどれみ〜」と歌いつつ弾くのですが、途中でアレ?これ一つずれてるやん?とハテナマークが飛び交います。
がっ!
幸い一発で合格し、これからはシャープが減っていくばかりの音階に〜(わーい)

クロイツェルのアレは、想像通り弓が暴れてると言われましたw
IMG_6295.jpg

バリエーションもあるので、こちらは当分続きそう。

さて、スプリング・ソナタですが、今日から第2楽章。
昔やったときは音色の差なんてつけられなかったもんだなあ。(ビブラートかかる?かからない?でいっぱいいっぱいだったような気が)



IMG_6336.jpeg
たとえばこの部分ですが、こまかい32部音符はクレッシェンドで、弓はなるべく駒よりにもってくる。
そしてすぐにpianoになるBの4分音符は指板寄りで、なるべく弓を寝かせて。でも全弓…
という感じです。
こんな音自分の楽器から出たっけみたいな驚きです(笑)

しかし、「まあそんなことを研究しておうちで練習してきてくださいね」と、あっさり2楽章はアガリになりました。

次の3楽章と4楽章は難しいんだよね〜。
特に3楽章はコンパクトな弓の使い方が鍵だそうです。(なんかすごく鍛えられそう)
    13:53 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

バッハの「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」

ご近所アンサンブルでは、以前も同じ公民館で練習している管の団体とコラボしたことあるんですが、今度はオーボエの方を呼んでマルチェッロの「オーボエ協奏曲、」とバッハの「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」をやるという企画が浮上!
楽しみです〜

で、オーボエの方が来る前にいちおうトゥッティも練習しようということに。
オーボエの方はいらっしゃらなかったんですが、団長が本職のフルート持ってきてソロにトライしました!
ソロがないとどんな曲だかわからないんでありがたいです〜

マルチェッロ「オーボエ協奏曲」



これは2楽章が映画音楽になっていて有名だそうです。
…が、あたしは全然知らなかったな(汗)
きれいな曲ですが、トゥッティはひたすら4分音符を刻むのみ。
3楽章がわりと合奏していて楽しかったです。

バッハ「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」
これ、実はなぜか我が家に楽譜がありました!
なんで買ったのかは記憶にないんですが(汗) だれかと合わせる約束をして、それきり練習する機会もなく放置してたんですね〜
うちにあったのはBWV1060 Dmolの曲。
今回合わせるのは、BWV1060R Cmolの曲です。フラット3つだから、ちょっと弦楽器で弾きにくい調ですね〜



いや〜
バッハはやっぱり難しい!
ソロはわかりますが、トゥッティも難しいですよ〜
工夫がありすぎて(笑)
バイオリンのドッペルコンチェルトはわりとトゥッティとバイオリンの関係は単純だったんだけど、このオーボエとバイオリンのは、ソロとは別にファーストトゥッティが全然別のことやったりとか。
(あ、ちなみに私が弾くのはファーストトゥッティなんですが)
油断できない!
数え続けないと落ちる〜
みたいな感じです(爆)

マルチェッロはまあなんとかなりそうですがバッハはもう少し練習しないとオーボエの方に申し訳無い感じ。
がんばります〜
    20:28 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード