FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

K.421の第4楽章

横浜のアンサンブル会でコロナ禍を挟んで練習しているモーツァルトのK.421
大好きな曲で、これを練習するのを目標としていたのですが、やっぱりいろいろ難しい〜

特に第1楽章が難しいので、アンサンブル会の練習時間の殆どをこれに費やしていまいがち。
なので、前回の練習では逆転の発想(笑)で、第4楽章を最初に練習してみました!


この第4楽章がですね、私は本当に大好きで(泣)

ロマン派のように大仰なロマンティシズムとか盛り上がりがあるわけでなく、いわば路傍に咲く小さな青い花のような、しみじみと、しんみりと「フッ」と哀しみが零れるようなメロディー。
その青い花のメロディーを、テーマとヴァリエーションでいろいろな角度で光を当てていくという…

つい愛ゆえにビブラートもかけまくって感情豊かに弾きたくなるんですが、昔モーツァルトのEmolのソナタの時、前に習ってた先生に「モーツァルトはロマン派じゃなく古典派なので、あまりに歌い上げ過ぎないように」と注意されてたことを思い出すなあ。

あくまでシンプルに、しみじみと、路傍の小さな青い花…と。
自分に言いきかせつつ演奏します。

この4楽章は、各楽器の見せ所聞かせどころが交互に現れて、弾いていると大変楽しいです。
特に大変なのはセカンド・バイオリン。
このエマーソン・カルテットの動画だと30分46秒のところ

第3バリエーションがとっても大変で、セカンドバイオリンの聞かせどころであり苦難の場所。
でもすご〜く格好良いところでもあります。

その他にヴィオラのソロもあり、短調から長調に転調する最後の方のパートは、青い花が少し紅を帯びたかのような柔らかさを持ち、本当に素晴らしい。

このK421は、本当に1楽章から4楽章まで全部大好きです〜。

我々はアマチュア素人合奏団ですが、合奏も何回か合わせていると、流石に通るようになってきましたヨw
モーツァルトのカルテットはベートーヴェンやブラームスに比べるとチャレンジしやすいし、このブログを見てらっしゃる方(そんなにいないかもですけどw)にはぜひぜひおすすめした名曲です〜!!
    22:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ようやく横浜のアンサンブル復活〜!!

隔週日曜日のご近所アンサンブルがようやく復活しました〜!!

朝9時に地区センターに行くと、まだ館内消毒中の模様。
いつもは15分前に入れてもらえていたのですが、だいぶ様子が変わったようです。

入り口のところで待っていたら、9時ぴったりに一人ずつ、検温、アルコール消毒をしてようやく入館させてもらえました。
いつも使っているのは会議室という部屋で、自分たちで机をさげてスペースを作っていたのですが、最初から机は折りたたまれて広いスペースが用意されておりました。(そもそも本来の用途の会議はまだ禁止のよう)
椅子はあとで係の方が消毒するそうです。
譜面台は予め言われていたので、自分たちで持ってきています。

演奏時もマスクは着用義務。そして各人1m以上開けて座れとのこと。
まあ、うちは少人数の弦楽アンサンブルなので良いのですが、大人数の合奏とかオケはどうなっちゃうんでしょうね〜。

扇風機が2台ブンブン回っており、部屋のドアは開けっ放し。窓は全開。(わたしらのアノ音も丸聞こえなの?そうなの???)
で、エアコンはギンギンかかっているという…(な、なんか電気代もったいない)

な・に・も・そこまd……と正直思いますが、地区センターの方にしてみれば、ここで発症者がでてしまったら、また閉館、各所への連絡…となるので、とにかく慎重になるのはわかります、ハイ。

さて、マスクしてて暑苦しいとかあったものの、合奏自体は以前のように和気あいあいとできました。

2ヶ月以上あいちゃったモーツァルトのK.421ですが、やっぱり1楽章がすごく難しいですね!
ほとんどの時間、この1楽章に費やした感じ。



そのかわり,2〜4楽章はサクサクと通せました。(もちろんまだツッコミどころは色々あるんですが)

久しぶりに「G線上のアリア」やったり。
団長が地区センター祭りのために渾身の編曲した「津軽海峡・冬景色」初見弾きしたり。

やっぱり家で弾いてると、ちょっと練習しちゃ「お茶〜」ちょっと練習しちゃ「お菓子〜」なんて有様なので、久々にみっしり練習した気持ちです!!
やっぱりアンサンブルは楽しいなあ。

終わったあと、地区センターの方に「レパートリー広いんですね!」なんて言われちゃいましたよ(爆)
ドア開けっ放しだから丸聞こえだったのよね(汗)

歌も管楽器も体操系もダンスも今の所だめなので、借りている団体が2団体しかいなかったけれど、少しずつこれが解除されて、元の老若男女の集う楽しい地区センターに戻りますように。
    21:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

悲喜こもごも

ようやく非常事態宣言が解除されました!
仕事の銅版画教室も再開できる。
合奏団も再開できる。

と、喜ばしいことばかりのはずだったのですが…

実は、東京方面の月一回のアンサンブルにしばらくは行けなくなってしまいました。

本職の銅版画教室は、自宅で月に12日位やっており、幸いどのクラスもほとんど定員いっぱいの生徒さんが来てくださっています。
ところが、このコロナ禍で「ソーシャルディスタンス」とこれだけ連呼されますと、せまい我が家のアトリエに5人入れてやっていた教室を見直しせざるを得ず…
定員をMAX2〜3名くらいにすることにしました。

結果、たとえば今まで火曜日に月の2週目と4週目の隔週に開講していたお教室を火曜日1〜4週目すべて開講することになりました。その結果、本当に残念なことに火曜日月イチ開催の東京方面のアンサンブルに通えなくなってしまいました。
2014年からほとんど休まずに通っていた、大好きなアンサンブルだったのに。
アンサンブルのあとの飲み会もとても楽しかったのに。
本当に残念です。


…と、ここまでは悲喜こもごもの「悲しい」の方。

喜ばしいのは、日曜午前中の横浜のご近所アンサンブルが復活したことです〜!
ようやく長いお休みだった地区センターが営業復活されたのです♪
こちらはご近所なので、たとえ午後仕事になっても大丈夫なのです。

しかし、地区センターの再開にあたって条件が厳しくて、
「コーラスや歌はだめ」
「吹奏楽器はだめ」(ということはオーケストラも練習できないんか?)
「ダンス、体操等運動系もだめ」

…これは結構きびしいんじゃ。
幸い私達は弦楽合奏団なので使用できるんですが…

横浜市の他の使ったことのあるセンターのHPを見てみたんですが、おおむね同じ条件で、さらに「体育館では、接触が多いスポーツ、バレーボールとかバスケットボールは禁止」なんて書いてあるところもありました。

みんなで歌ってもいけない。
手を取り合って踊ってもいけない。
球を投げあってもいけない。

まさかこんな世の中になろうとは。

しかし、こういうことも徐々に解除され、少しずつ宣言が解かれ、いずれは日常が戻ってくるだろう!と楽観的に考えていた矢先…

今日また東京で患者数が増え、東京アラートが発動(泣)

気分が落ち込むのと同時に、いったいこれからどうなるか。
自分の銅版画教室は?
せっかく復活した合奏は?

…と、ネガティブ思考に陥りそうですが…
いやいやダメダメ、ネガティブはだめ〜!!

今回のコロナ禍は、自分だけでもない、日本だけでもない、世界中が同じように大変なのだから開き直って前向きに考えるしかありません。

ポジティブに先を見据えて最善策を熟考したいと思います。
合奏も、仕事もですよ〜!

というわけで、まさに「悲喜こもごも」な話題でしたw

    20:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

レッスンはしばらくお休み・゚・(ノД`)

先週レッスンに行った時、先生に仕事がお休みで無収入なことを説明し、「来月からしばらくお休みする」とお伝えしました。
先生も私が版画教室をやっていることを知っており、「そうですよね〜、生徒さんを集めてやっているんですからね。音楽関係の仕事も同じようなものなんですが」と。
本当に残念無念ですが、こんな予想もできなかった状況なので仕方ありません。

しばらくお休みということもあり、教本も曲も先の課題をたくさん出していただきました(◎_◎)

カール・フレッシュの音階ですが、今度は3度の重音も練習しておくようにと言われました。
ついに重音来たか〜って感じですが「バラして練習したほうが良いのですか?」つまり、ど、み、ドミ〜みたいな感じで練習するのかと聞くと、アップとダウン両方で重音を弾くようにすればバラでもオッケーとのこと。なるへそね。

クロイツェル31番ですが、
IMG_7001.jpeg
アクセントのついた音をしっかり弦に弓の毛をかませて発音する(そしてトリル)というのがここ2回の課題だったのですが、何回か弾いていたら突然できるようになりました!(なぜ?)
で、突然アガリになりました(笑)

で…
次の曲なんですが…
かなりトラウマになってるアレ!!
アレなんです〜!!

クロイツェル32番

ちょうどこのブログ(外宇宙の話vol.2)に移行した頃、超苦労していたアレ!!
前の先生に1年間くらい絞られつつ、全然出来なかったアレですよ〜〜(涙)

で、今回も「先生、私これ超苦手なんです。全然だめだったんです。」とネガティブ感情むき出しで訴えましたところ、「トラウマになっているのはわかるけど、これはやってもらわねばならない」的なことを。
ヒイ〜〜(>_<)

で、最初の1小節だけでも良く、ボーイングも1音ずつ返して良いので、左手の押さえのポジション移動の動きを一つ一つ確認すること。
…だそうです。

1音ずつ返して良いなら少し気が楽ですな。ハイ。

いいけど、クロイツェルってこの32番以降は全部重音なんだよね。
果たして耐えられるか自分、って感じですな〜。

さて、曲はフランクのソナタ。
こちらは1楽章を全部見ていただきました。

自分では、十年前にやった時より流石に「フレーズブチ切れ病」は良くなったなあと思っていたのですが、やはりまだまだ大きな流れのスラーが出来てないと指摘されました。

フランクのソナタ第1楽章

この曲って、8分の9ですので、3連符が一単位ですよね。
出だし「れ、♯ふぁ〜れ、しー♯そ、♯ふぁーし、れ〜」とブチ切れないように、8部音符を良く意識すること。
あと、移弦の時にことさら丁寧に音を処理することを指摘されました。
なるほどね〜
そして「第2楽章も見ておいてくださいね」と。
おお!なんと課題が沢山っ!

せっかくいろいろと有意義なことを教えていただいたのに、次回のレッスンはいつになるのだろうか…
とりあえず、その時のために、サボらないようにしっかり練習続けたいと思います。

ここで大声で叫びたいと思います。
コロナちゃんのバカあああああ〜〜〜
    20:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ブルック・グリーン組曲

横浜のご近所アンサンブルは3月終わりまで地区センターが閉鎖になり、練習は全休に。
寂しい限りです〜

しかし、先日は1ヶ月に一回の東京方面のアンサンブルに行ってきました!
幸い練習会場は開いていたので大丈夫でした〜。

皆に話を聞くと、オケでもちゃんと練習続けている団もあるんだそう。
皆やっぱり楽器が好きなんですね〜。
これ以上コロナが蔓延しませんように。ちゃんと手洗ってから練習に臨みましたよw。

さて、今回から新曲が始まりました。ホルストの「ブルック・グリーン組曲」です!




なんとも爽やかな佳曲です。
これはホルストが女学校で先生をしていた時に、学生に弾かせるために作曲した曲だそう。
難しいところもなく弾きやすいです。
が、2楽章がテンポの揺れが多く、慣れるまで少し大変かもですね。
一回目の合わせとしては上々でした♪

ハイドンの五度は煮詰まってきた感じかなあ。
…言い方を変えると「あ・き・た」とも。(爆)

コチラはもう少し続くみたいですが、次の曲が気になるところ。
アメリカが候補に上がっていたのですが、この団ではセカンドを弾くことが多いので、また楽しみです。
    14:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ついにK.421ですよ〜

プチ本番で皆燃え尽きちゃったのか(笑)
日曜日のご近所アンサンブルではなんと4人しか集まりませんでした。
し・か・し 各パート一名ずつ!
ちゃんとカルテットが成立したという。
素晴らしいですね〜

で、初合わせのK.421。


わたしが初めてモーツァルトの「ハイドン・セット」を弾いたのはブログを検索してみると2015年のことでした〜
最初に弾いたのはK.464だったのですが

何と!
その時トレーナー氏にハイドン・セットの難易度順を聞いているじゃん!
K.458「狩り」、K.464、K.387「春」、K.421、K.465「不協和音」、K.428…
という順で難しくなるそうです。

4つ目のチャレンジでK.421で正しかったのですね(あくまでkero的に…ですが。他の皆様申し訳ない)

K.421は最愛の曲なのでずーっと弾きたかったのですが、今日合わせてみて、やぱり難しい!
技術的にというより、合わせ方、各パートのからみ音色の作り方等々、課題がいっぱいですよ〜

美味しいおかずを食事の後半までとっといて良かったって感じです(爆)

ファーストバイオリン的には1楽章に難所があるので自分にしては練習をして行ったのですが、2楽章が案外簡単そうで難しかったのであった。
初日なのでいちおう全楽章通してみたら、案外3,4楽章はさらりと行きました。
まあ、山は1楽章の中間部ですね。アンサンブルが果たして噛み合うかな〜というw

当分この曲弾けるの超楽しみ。
セカンドも弾いてみたいなあ。
    19:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ヘンデルの合奏協奏曲

最近行き始めた、もう一つのアンサンブル。
1月はいろいろやることがあってお休みしていたのですが、今回やったのはヘンデルの合奏協奏曲。



実はこれ、初心者合奏団で一度弾いた記憶があります!
しかし、こんなにいい曲とは思わなかったなあ(笑)
やはりアレですかね、自分のパートで精一杯で人の音を聴く余裕がなかったの巻ですかね。
その時どういう形で弾いたのか記憶にないんですが、ソロバイオリン2本のからみとか、トゥッティの入りとか実に美しい〜。
しかも、ちょっとしたところで快活から鬱に入るようなところもあり。
面白いです!

で、最初はトゥッティを弾く予定だったのですが、お休みが出たので急遽セカンドのソロ弾いてと前日にメールが届きました。(汗)
あと、こちらもセカンドと言われて安心していたハイドンの弦楽四重奏曲、ファースト弾いてと(汗)

ハイドンは第2番op.2という、初期の作品です。



初期カルテットとは言えハイドン先生、ファーストばっかり難しい!っていうか、この曲の場合は細かいんですよね〜

というわけで両方練習不足で臨んだアンサンブルですが、結果楽しく弾くことができました!
ハイドンは初期の曲だから少し物足りないところもあるんだけど、ヘンデルの合奏協奏曲、すごくいい曲だなあ。
ヘンデルはバイオリンソナタも綺麗だなあと思うんだけど、この合奏協奏曲シリーズ、コレルリとかともちょっと違って大変おもしろい。

まだまだお宝が埋まってる弦楽合奏の世界。
死ぬまでに何曲弾けるか、楽しみです(^^)
    21:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

フランクのソナタですよ

プチ本番の次の日がレッスンでした。
なぜかこういうふうにバイオリンの予定が立て込む今日このごろ…
そして、今週は川崎方面のアンサンブルもあるので、バイオリン休む暇がないのであった。
…良いことですがね!

さて、相変わらずこの音階、音程を注意されまくりました。(恥)
IMG_6712.jpeg

コレと、コレの前にアルペジオの音階があるんですが、先生がずーっと「ど」を引き続け、それを聞きながらアルペジオとこれを弾いて、という練習をしました。
基音がわかると流石に外さないですね。わかりやすいというか。

小野アンナは基礎的なボーイング、シフティングの練習だったとしたら、このカール・フレッシュはもっと精度を求められているのでしょうかね。いや、当たり前なのでしょうけど。

さて、クロイツェルは今度は弓使いがややこしいパターンです。
IMG_7001.jpeg

とはいえ、前の移弦とかオクターブに比べると少しやる気がでます。もしや自分の得意系なのか。
G線でトリルのところですが、先生がおっしゃるには、私の楽器はG線が強いのだそうです。
で、あまり駒寄りで弾くと音が汚くなってしまうので、指板寄りで弾くほうがいいのだそうです。
あまり意識したことなかったんだけど、そうなんだ。G線はもともと苦手なので鳴らしにくいのも良い音がでないのも自分のせいだと思ってました。(いや、そりゃ自分のせいなんですが)

弦の張力とかも関係あるんだろうなあ。
以前エヴァ・ピラッツィというのを張ったら、弦の張力が高すぎてG線押さえるのが大変だった記憶があります。
それに比べると今のオリーブはわりと押さえやすいと思うんだけど…
色々試してみたい!!
しかしお金がない!!(爆)

それはともかく、G線トリルのコツも教わりました。
ちゃんと音が出てからトリルを打つべしとのことで、やってみたら確かに発音がはっきりしましたよ〜。

スプリングの4楽章。
前回終わったオクターブのところから後をみっちりやりました。
「何だか4楽章が一番むずかしいと思います」と言ったら、「いや、keroさんが苦手なパターンばっかりの曲だからですよ!」だそうで…
そうなのか!苦手系の集合体だったのか!恐るべしスプリングの4楽章〜(爆)

今日でおしまいということだったのですが、先生何やらもっとやらせたそうな様子。
しかし、流石にこれ以上継続しても練習しなくなるだけのことなので、きっぱり「次の曲に行きたいです」と申しましたら「そうよねえ」ということでめでたく修了になりました。
いやね、自分の苦手系がはっきりしたのは良かったですよ。苦手克服できたらもっと良いんですけどね(笑)

というわけで、次からのフランクのソナタは「音質重視」だそうです。どんな苦行が待っているのやら〜
でも、最愛曲だから苦行もまた楽し、です。
このフランク、考えてみたら発表会で弾いてないんだよね。だから昔みっちりやった割には嫌気がさしてないのかも。

自分のブログを確認したら、2010年6月にフランクの第1楽章をレッスンしていました。
おおよそ10年前ですね。
そして、やはり「フレーズブチ切れ病」とか「ピアニシモなのにセンプレフォルテッシモ病」とか、いろんな病気にかかってたようです。(爆)

10年経って少しは綺麗にフレーズが歌えるようになっただろうか。
がんばりま〜す!
    20:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

プチ本番終わりました〜!

ご近所アンサンブルでむかえた初本番…
いや、
初プチ本番
無事終わりました〜っ!!

感想は「いろんなことがあったけど、無事終わってよかったね」です。(爆)
まあ本番とは大概においてそういうものだな。

本番は12時過ぎから20分ほどだったんですが、その直後、桜木町の台湾料理屋に行って「昼からビール」をしたら、あまりの旨さにうなりましたよ(笑)
こんな美味しいビールが飲めるなら年に一回本番あるのも良いなあ。(本気)

さてさて
今回はホールなど響きのあるところじゃなくて、地区センターの絨毯ばりの集会室で、かなりデッドなところでの演奏でした。リハーサルの時も「こりゃ全然音響かないなあ」と思ったけど、本番は人が入ったのでそれ以上でした。(汗)隣で弾いてるコンマス氏の音があまり聞こえないとかね。

練習では、曲によってはバランスを考えて音量を下げることを随分意識したんですが、もっと思い切って行っちゃったほうが良かったかもですね〜。
細かいミスや音量バランスを気にして縮こまっちゃうより、思いっきり身体動かしてアピール!!のほうが良かったかも。

団長がお客様にアンケートを作って書いていだだいたのですが、辛口の意見も多々あれど(笑) 楽しかったと言ってくださった方もおり、いやいや、良かったです〜。

とりあえずプチ本番向けのポピュラー曲祭りは終わり!
次回からはモーツァルトのK.421を練習しまーす!
大好きな曲で、これをやるのが夢だったので本当に楽しみです。


少しだけ 我がアンサンブルの宣伝させてください♪

横浜でやってる少人数の弦楽アンサンブル
大人から楽器を始めた方
オーケストラ未経験の方
オケでも弾いているけれど弦楽曲も弾きたい方
室内楽やカルテットの曲が大好きな方
でも1人で1パートだと不安な方

どんな方でも大歓迎です!
ぜひ私たちとアンサンブルを楽しんでみませんか?

リンク集から →SEY - String Ensemble Yokohama -
をご覧になってください〜
特にヴィオラ 急募っ!! です!
    21:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

リハーサルですよ!

さてご近所のアンサンブルですが、この前の日曜日リハーサルがありました!

公民館のフロアに少し小高くなっている畳の一角があり、いつもはそこで子供が遊んでいたり、本棚の本を読んだりしているのですが、ここに当日は板を敷いて靴でも上がれるようにするらしい。

ステージ発表のほかに、手作り豚汁を売ったりw 囲碁コーナーで先生に挑戦できたり等々いかにもお祭りな感じです。

ステージ演目はコーラスやオカリナあり、フラダンスや殺陣演武があったり、日頃この公民館で練習しているサークルがたくさんでなかなか楽しそう。

全部見たいんですが、終わったら打ち上げに行く予定ですw

さて、この日は椅子と譜面台を持って実際に全曲演奏し、時間を計ってみました。
20分が持ち時間なんですが、18分ほどでした!
これに団長のトークとか入れ替わりの時間とか入れると、結構きつきつだなあ…。

肝心の演奏ですが、後ろに本棚があり、これが良い吸音材になってしまってるせいか(汗)内声があまり音が聞こえずって感じ。まあしかし、想像していたよりはましだったような。
だけど、これで本番はお客さんが入るので、もっとデッドになるかもね〜。

ちなみに先週の大倉山記念館は、録音を聴いたら響きがありすぎて何だか自分たちが上手くなったかのような感じでした。(笑)
演奏は割と問題ないと思うけど、変なウイルスが流行っているらしいのでそっちの方が心配です。
ひとり抜けると1パートなくなっちゃうしね〜。
気をつけねば。
    14:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード