バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ボロディンのトリオ

先週から今週にかけて2つアンサンブル行ってきました!
ベートーヴェンは相変わらず難しい〜〜
でもこの前はお上手な方がファースト弾いてくださったので2ndで安心(笑)
アレグロ・コン・ブリオなのとやたらフォルテピアノが多いのがベートーヴェンらしい曲。

で、ご近所のアンサンブルではビオラが不足していて、この前もチェロとバイオリン(多数)って感じでした。
またまた団長が新曲を発掘…

ボロディンのトリオGmol



最初の20小節位のテーマのヴァリエーションで、一楽章しかない曲らしいです。
このビデオだと1分47秒位から始まるRisoluto e piu vivoのバリエーションがちょっと難しいですが、わりとあとは初めて弾く割には最後までなんとか通りました〜。
いつも新たな曲発掘、団長グッジョブです♪

レッスンは先月休んじゃって、しかも今月先生の都合で2週間延期になったおかげでバッハのバイオリンとチェンバロのためのソナタは1番を4楽章全部譜読みしちゃいました。(笑)
でも1楽章目がやっぱり重音あるから難しいっす。
    16:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ベートーヴェンだよ〜

楽器に申し訳ないほどバイオリンに触ってなかったのですが、父をショートステイに送り出せたので\(^O^)/
東京方面のアンサンブル&アンサンブルより長い飲み会に行ってまいりました!!

前回お休みしたのでよくわからなかったのですが…
ベートーヴェン…
いや、難しい!!
技術的に難しいとか言うより、音楽がフクザツ!!



とくに展開部など、ちゃんと弾いても本当に合ってるのか良くわからない(汗)
ヘミオラにも惑わされるし〜
モーツァルトばっかり弾いていると、ベートーヴェン疲れますマジ。

このop.18は本当は初めての作品じゃなくて、3番目くらいに作ったカルテットらしいですが、最初っからこんなフクザツなの作るなよ!!と怒りたくなる曲です。(笑)

ピシッと合ったら気持ち良いと思いますがね!
(来月はちゃんとスコアと音源研究して行きます〜)
    16:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

新曲ぞくぞく

レッスンの方でも念願の新曲なんですが、2つのアンサンブル会でも新曲がぞくぞくと〜♪
しかし、まだ楽譜ダウンロードして印刷して製本したっきりですが。
ちょっと量が多すぎる(^^;

まずご近所のアンサンブルではモーツァルトのカルテットK.387「春」をやるとのこと。
これは一度だけ初見大会で弾いたことあるけれど、美しい曲です〜。
初期カルテットよりはだいぶ掛け合いが難しそうだけど。



もう1つは東京方面の合奏団で、初ベートーヴェンにチャレンジ!
OP.18-1をやる予定です。



出だしっからしていかにもベートーヴェンぽいですよね。アレグロ・コン・ブリオだし〜。
アタシこういうの(ハツラツと弾くの)大の苦手系なんですが、ベートーヴェン弾けないと一生モーツァルトかハイドンだし。(笑)
シューベルトは…弾けたとは決して言えなかった死と乙女でありました。
(いちおう死と乙女は前回で終了)

死ぬまでにもっと弾ける曲増やしたい〜!
    11:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード