FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

雪の日のレッスン

毎日寒いですね〜!
今日は雪がちらつく中、レッスン行ってきました。

わりと真面目に練習していったせいか、今まであまり意識してなかった細かいテクニックとか教われてためになったな〜ってレッスンでした。(ハイ、いつもこのくらい真面目にやっとれ、ですね〜)

音階でフラット6つついてるやつ(Ges dur) やってるんですが、ハイポジに行って降りるとき(小野アンナ音階教本ではありがちですが)4321ときて、4でシフトして降りる、というパターンが大変苦手です。
で、その時の親指の動かし方に問題があると今回指摘され、ほおおお〜となりました。
全指がバイオリンの支えから離れちゃうと不安定になるので、親指がキーネックだということ。

最高音まで行って、次に降りるときは指の間隔の伸び縮みで対応し、次のシフトは親指をまっすぐに、するりとネックの内側に入れて対応する。

IMG_6047.jpg
この辺の音域の話です。

いやー文字で表現しようとするとワケワカランですが、実際やってみるとナルホドなことがたくさんでした。

あとベートーヴェンの春ソナですが、出だしは(こればっかり練習してったこともあってか)わりとなめらかになったとほめられました!!(おおお)
この出だし、「ら〜〜〜そふぁみふぁそふぁみれ、ど〜」と、最後の「れ」と「ど」の間に弓の返しが入るのですが、これを「返さずに弾いてみる」という練習をしました。
アップ始まりなので、「ど〜」って伸ばすとこまでアップで弾く。

で、そのあと普通に返してみると…
あら、びっくり!!
なめらかに弾けるように〜〜〜

つまり、イメージの持ち方とか、タイミングの問題とか、いろいろあるんですねえ(驚愕)

その他も、rinfになったときにビブラートのかかりやすい指にシフトチェンジして、大きく音を作る、とか。
いやー10何年前にやったときとは違って大人の曲作りになった感じですw
いや、10何年前も十分大人だったんですがね〜。

    22:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やっぱり春ソナ難しい

レッスン行ってきました〜!

で、ベートーヴェン・春ソナですが、一応最後まで通して弾かせていただきました!(止められなかったので良しとしよう)
ですが、やっぱり予想通り…
最初の2小節!!
難しい〜〜

いやね、10年前に比べたらだいぶブチ切れなくなったんですがね。
やはり移弦とか弓の返しとかでなめらかに繋げられないというか…

先生曰く
すごい集中力が必要な2小節

だそうです〜。
頑張らなくちゃね。
    20:10 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

明けましておめでとうございます!

ついに平成最後の元日を迎えちゃいましたね!
今年もマイペースですがブログ書いていこうと思います。
よろしくお願いします〜。

さてさて、昨日はダンナと思わずぐうたらお酒飲んじゃいましたが、今日はちゃんと「お弾き初め」いたしましたよ〜!
ベートーヴェン ソナタ「春」
なんて正月にふさわしい曲でしょう(しみじみ)

年末に録音したのを聞いて、出だしの(一番有名なメロディーのところ)もっともっと力抜いて弾かないとなだらかにメロディーがつながらないと思ったので、今日はとにかく脱力脱力と…
移弦とかシフトチェンジとか、ちょっとしたことで凹凸がついてしまうので、そこを注意して練習しました。

パリパリフォルテで弾くところより百倍くらい難しい〜〜
レッスンは再来週なのでたくさん練習していきます!
ちなみに新年初のアンサンブルは今度の日曜日。
こちらは引き続きアメリカです〜
    18:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

春ソナとかアメリカとか

年内最後のアンサンブルに行ってきました〜。

東京方面の合奏団ではモーツァルトのカルテットK.387「春」
こちらで昔初めてハイドン・セットをやったときの混乱はどこへやら、意外と2回めにしてピシッと(いや、たまにピシッと)合うようになってきましたよ〜。
1楽章は割と問題なし。
そのあとの楽章は今回初見だったのでまだまだでした〜。
良い曲ですよね、コレ。



ご近所の方ではまた年末恒例のクリスマス・コンチェルトやりました。
前回ソロ、今回トゥッティを弾いたんですが、今更ながらいろいろ発見があり、面白かったです。

アメリカは難しいのでなかなか進まないんですが、1楽章は(つまづきつつ)まあまあ通せるようになったかな?って感じ。

さてレッスンの次回の新曲・バイオリンソナタの「春」
略して春ソナ!!



練習始めたんですが、やはり10年で(少しは)アタシは進歩してると思いましたよ〜
以前全然つながらなかった出だしのフレーズとか、弓の返しが進歩したのか少しはなめらかに弾けるようになったし、ビブラートもかかるようになったしで。(あくまで当社比)
これはさらなる進歩を心がけたい!!
音階をタカタカ弾くところがなんかモニャモニャして滑舌が悪いので直したいです。

でも今の先生厳しいから、新たな試練が待ってるかも(笑)
お正月は新年から春ソナで頑張ります!
    12:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

いきなりアガリ

前回のレッスンで「もう何もかも全然だめ」みたいな感じで先生に怒られてw シクシク泣きながら練習してたんですが、なぜか昨日のレッスンでは何もかもうまくいき、クロイツェルとモーツァルト4番、いきなりアガリになりました!もうびっくり。

で、次回の曲はロマン派がいいなあと思い、またフランクのソナタを再び弾きたいですと言ったのですが、先生曰く「ロマン派はごまかしやすいんですよね」
……
き、厳しい〜(ヒイイイ)

で、おすすめはと聞くと、ベートーヴェンのソナタなんてどうですかとのこと。
「春」ソナかあ!!



自分のブログを読み返してみたら2007年にレッスンしてます。
バイオリン初めて7年目だったのでビブラートもようかからず、全然綺麗に弾けなかったし、これは是非リベンジしたかったんですよね〜。

前の楽譜は書き込みだらけなので、無料楽譜をダウンロードして製本いたしました。
恐ろしいことに当時のピアノ合わせした録音も残ってます。
流石に10年経ってるんで、上手に弾けるようになった…
と、信じたいっす。
    17:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード