FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

本番終わりました♪

昨日ようやく本番終わりました!

暑かったら嫌だなあと思ってたんですが、うまいこと秋日和、しかも晴天!
日頃の心がけが良いせいでしょうか。ホホホ。(^0^)
・・・でも、夜、雨に降られましたけどね。

いろいろ事故りましたが(爆)、おおむね気持よく弾くことが出来ました。
前回「よりは」ホールも響いたし・・・。

計算外だったのは、本番の椅子が妙に座り心地が悪く、前半はそれに気をとられてイマイチ集中できなかったことです。(笑)後半は慣れて普通に弾けましたが・・・。
いやー、何事も経験ですな。(^^;)

演奏は、今までの団のコンサートでは一番まとまっていたと思います♪
なによりソリスト氏のホルン!!
協奏曲もですが、アンコールのホルンのソロ曲がすごかった・・・。
ピアニッシモからフォルテッシモまで、しかも七色の音が!!
ホルンのソロ曲なんて初めて聴きましたが、開いた口が塞がらないくらいすごかったですよ~。

休憩後のメイン曲、ヤナーチェク。
練習で走らないように気をつけようとマエストロに言われていたむずかしい部分。
懸念していましたが、おもいっきり走りまくっておりました。(爆)
特に終曲・・・ありえん速さ。

すっかり疲れてアンコール曲のパーセルのロンドではボウイング間違えたりして悲惨でした。間違えたところが、ビデオにバッチリ映ってないかが、大変心配ざんす。

来てくれた皆様、どうもありがとうございました~♪
もっともっと楽しめるように精進いたします。次なる本番は診療所のミニコンサートでーす。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    16:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

煮詰まってきました~♪

9/19合奏団練習
●ヤナーチェク/牧歌
●コレルリ/クリスマス協奏曲
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495


いよいよ来週本番!
今日は初めてチェンバロの方が練習に参加されました♪

前回出来なかったヤナーチェクの終曲をさらってから、クリスマス協奏曲を練習しました。

う~む。
音聴きづらい。(^^;)

以前同じ合奏団でヴィヴァルディやった時もチェンバロ入りでしたが、その時に比べて団の人数がくらい増えてるんですよね。
チェンバロの位置がアタシと真反対のチェロがわだったこともあり、チェンバロの音がイマイチ聞こえづらいです。(笑)

オーケストラの音の厚みが増したんですよね~。
フォルテシモなど大変迫力あって良いのですが、そのかわり、ピアニッシモとかはこれでもかってくらい音を小さくしないとダメみたいです。

続いてヘンデル、オンブラ・マイ・フ。
チェンバロとオーボエのソロがはいります。

・・・
うーん、こちらはオーボエのソロが聞こえないです。(爆)
人数が増えたぶん、弱音に気をつけないとね。

続いて、モーツァルトのホルンコンチェルト。前回に続いて、ソリスト氏が登場です。
ふむふむ、こちらはソリスト氏の他にホルン2、オーボエ2の管が入ることもあり、音量バランスはちょうど良い感じです♪
細かいところがバタバタしたりしましたが・・・

煮詰まってきた感じです!

残念ながらヤナーチェクの残りはタイムアウト。

今度の土曜日のゲネプロまで、注意点を忘れないようにしておかなくちゃね。
注意されたことを忘れないように、「とにかく楽譜に書く」。これが大変重要なことと、最近わかってきました。(笑)

あ、↓は「オンブラ・マイ・フ」の歌バージョン。
キャスリーン・バトルがニッカのコマーシャルで歌って一躍有名になりましたね~♪



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ソリスト氏登場♪

9/12合奏団練習
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●ヤナーチェク/牧歌

本番まで今日入れてあと練習3回。ってか、そのうち1回はゲネプロなんで、たぶん全曲通して終わると思うので、実質あと2回です。

今日は初めてホルンのソリスト氏がいらっしゃいました。
で、いきなりモーツァルトから合わせたのですが、おお!先週とは違うぞ!
皆練習してきてるなあ~~!って感じでした。(^0^)
難しくて音量が出なかったところも、ばっちり音がでております。

気合を入れるあまりに走ってる部分もありましたが・・。(^^;)
これは、俗に「自分で自分の首をしめる」という現象ですな。ホホホ。

どうなることかと思ってたモーツァルト、なんとかなりそうです♪

それにしても、さすがソリスト氏!
美しい音です~~♪
次回以降の練習も濃ゆいものになりそうで、ワクワクどきどきですじゃ。

鬼門の3楽章、練習した結果だいぶ弾けるようになりましたが、な~んか弾きひくいところが多いんですよね~。譜面ヅラは簡単そうなのに。ま、こういうの多いんだけどね、モーツァルト様。



あ、もう一つのどうなることかと思ってたヤナーチェク、こっちもおお!なんとかなりそうじゃん!って感じです。こちらも全員弾くことで一生懸命になって、ピアニシモもフォルテで弾いちゃったりしてますが。(笑)

本番まで練習サボらないように頑張りマース。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

またしてもモーツァルトが

7/25 合奏団練習
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●ヤナーチェク/牧歌

毎日暑いんで、バイオリンのニスが溶けそうでヒヤヒヤしますだ。
二週間ぶりの合奏団の練習に行ってきました♪

初心者の団員の方で、ヘンデルとコレルリだけ乗る方がいるので、練習スケジュールは、かならず最初にこの2曲からはじめます。

・・・で、簡単なようで奥深いバロックの名曲。ついつい練習にが入ってしまい、最初の2曲が終わると2時間経過。後のモーツァルト、ヤナーチェクは時間に押されて、また次回・・・てなパターンが定着。(笑)

前回は、ヤナーチェクをじっくり7曲やって、モーツァルトはできませんでした。
今回は・・・
や、やっぱりヤナーチェクじっくりやったので、モーツァルトができなんだ!!(ヒー)(; ̄∇ ̄A

わたしらは、隔週一回の練習ですからね。2回続けてやれなかったということは、一ヶ月やってないっつうことで・・・。

ああ、モーツァルトは忘却の彼方・・・。

実は、自宅での個人練習でも、モーツァルトは協奏曲ですから、「ンチャチャ」とか刻んでばっかりで、いまいち練習してても楽しくないんですよね。(爆)で、より弾いててヤリガイのあるヤナーチェクを優先してしまう・・・。
ヤバイです。

ソリスト氏が来られる日程が決まれば、馬車馬のようにさらいまくります!(多分)

ヤナーチェクは、だいぶ雰囲気が出てきました♪
ただまあ、えらい難しいところもあるんで、そのへんの混沌となりがちなあたりをどうするか・・・が、本番までのポイントかと。(笑)

いい曲なんですが、弾くのは大変です。


↓あ、こちらはクリスマス協奏曲。
バロックスタイルの演奏が多いので、モダン仕様の演奏を探すのは大変です。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

強化練習?

合奏団練習
●ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
●コレルリ/合奏協奏曲Op.6-8(クリスマス協奏曲)
●ヤナーチェク/牧歌

わたしの通っている合奏団は、8ヶ月に1回本番という団なんですが、今回は本番の会場取りの都合とかもあって、2月本番、9月本番と、少々間が狭いのです。2週間に1回の練習だから、もうあと、本番まで10回くらいしか練習ありませんっ!!

そうは言っても、「オンブラ・マイ・フ」と「クリスマス協奏曲」はだいぶ仕上がってきたのではないかなーと思います。音符的には簡単ですからね、バロック物は。

問題はヤナーチェクとモーツァルトですよ。(爆)
しかも今日はモーツァルト、時間切れで出来なかったし。

ヤナーチェク「牧歌」は7曲の組曲なんですが、どれも良い曲ばかりです♪
しかーし、妙にヒネクレて難しいところがあるんですよねえ。ちなみに、難しいのは2,4,7曲目!

この前ようやく本棚の奥深くにしまい込んだバイオリン教本・セブシックを思わせるような、真っ黒な音符の羅列が。しかも、半音とか臨時記号満載で、超弾きにくいところがっ!!

トレーナーの方にそんな話をしたら、セブシックもヤナーチェクもチェコの作曲家だから、バイオリンの技法的に影響があるかもね~なんて話されました。ヘえ~って感じですね。

弦5部の「縦線」は比較的合わせやすいのが救い。
まあ、比較すれば、やっぱりドボルザークの方が難しいかなあ。(次回の予定曲ですが)

今日の練習も、休憩2回あったことはあったんですが、まるで強化練習かというくらい、指揮者氏も皆も頑張って練習しました!

その後のビールがなんと美味しかったことか・・・って、なんかアタシ、最近そればっかりだなあ。

こちらはヤナーチェク「牧歌」の第一曲目。
ボヘミアの草原をゆったり旅するような、素敵な曲ですよ♪


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ファーストバイオリンとセカンドバイオリン

4/18 弦楽合奏団練習
●ヘンデル/オン・ブラ・マイ・フ
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●ヤナーチェク/牧歌

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

コンサートの曲も決まり、今日から本格的に練習始動です♪
まだ1時前なのに、各パートしっかりスタンバって勢ぞろい!皆やる気まんまんです。(^^)

さて、私keroも慣れないファースト2プル席で弾かせて頂きました。
どうなることか・・・と思いましたが、コンマス氏とトップサイド氏のしっかりした演奏に導かれ、セカンドよか楽!!でした!!あ、もちろんまだまだ練習しないとダメですが・・・。

今回の曲は、そんなにファーストセカンドの難易度の差がないですからね~。
ハイポジションがやたら出てくるコンチェルト並みの曲だったら別かもしれないけど。セカンドバイオリンだと右のファースト軍団、左のびよら軍団に挟まれて「え?どっちに合わすんだっけ?」と悩んだり、出る所と控える所を間違えたりとか・・・。

なにかと気苦労の絶えぬパートです。(爆)

伴奏ばっかりかと思いきや、たまに単独でメロディーあるから、そういう時はファーストと同じように歌わなきゃいかんのですがね。ついつい人の顔色をうかがう癖が付いて離れなくなったりとか。以前も指揮者氏に「伴奏ばっかり弾いていて魂が抜かれちゃったみたいだ」なんて屈辱的なこと言われたりするし。(爆)

セカンドの方がいろいろ芸が必要ですよね~。

音域が低いから、初心者の方は最初はセカンドってことが多いけれど、それは決してセカンドの方が易しいわけじゃないんですよね~。プロオケでも、ベテランさんをセカンドに配置することが多いそうですヨ。

でも、セカンドばっかだとハイポジションの弾き方忘れちゃったりするからなあ。(^^;)やっぱり、シーズンによってファーストとセカンドを交互にやるのが理想ですよね♪

今日の練習ではヤナーチェクは時間切れでちょっとだけでしたが、ヘンデルとコレルリをしっかりやりました。

バロックって良いですよね~~!( ̄∇ ̄)/

クリスマスコンチェルトは別の合奏の会でも何回かやったことがあるけれど、チェンバロ付き、立派なソロ付きで演奏できるのがスゴク楽しみです!!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    11:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

試し弾きと春の人事異動

4/4 弦楽合奏団練習
●チャイコフスキー/弦楽四重奏曲第1番(合奏版)
●ヘンデル/オン・ブラ・マイ・フ
●ドボルザーク/弦楽セレナード
●コレルリ/コンチェルト・グロッソOp.6-8(クリスマス・コンチェルト)
●バッハ/ブランデンブルグ協奏曲第4番
●ヤナーチェク/牧歌
●モーツァルト/ホルン協奏曲第4番変ホ長調 K.495

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ハイ、ずら~っと曲が並びましたが、今日の合奏団は、次回のコンサート(9月末)の曲選び「試し弾き大会」です。

片っぱしから皆で弾いていきます。
普段セカンドの人もファーストに、ファーストの人もセカンドに移動したりして♪
こういうことできるの、試し弾きの日だけですからね!楽しいです~~♪

◯まずチャイコの弦四。
「(一楽章のスコアを見て)うーん。・・・これ、普通弾きませんよね・・・。」と、皆ビビる。(爆)
三連符が全パートタイでつながってたりして、聴くより見てる方が難しい楽譜です。(^^;)
ま~、だいたい弦楽四重奏曲とかって、もともとソリストの方が4人集まって弾くもんだからね。難しいの当たり前だよね。
一応2楽章の「アンダンテ・カンタービレ」のみ弾いてみました。(笑)
「アンコール曲とかなら良いかも」という結論に。

◯お次にヘンデルのオン・ブラ・マイ・フ。
これは本来歌が入る楽譜です。「あまりに難しい曲ばかりだとなんだし・・・」と、コンマス氏が持ってこられた楽譜。全くそのとおりでございます。(爆)
ホルンコンチェルトで、ホルンとオーボエの方をゲストで呼ぶので、メロディーを弾いてもらうと良いかも♪という意見が出ました。

◯ドボルザークの弦セレ。
これは4,5年前にいちどやったんですよね~。私は合奏団入りたてで、セカンドバイオリンでした。
指揮者氏いわく、「今度のコンサートは9月で練習が少ないので、以前やった曲の方がすぐ仕上がると思った」そうです。
・・・・
が、その時から団員も結構入れ替わってて、経験者は現在各パート2名ずつくらい。
しかも、みんな記憶喪失(爆)。
アタシも、こんなものどうやって弾いてたのか、さっぱりわかりません。
む、難しい・・・。( ̄ω ̄;)

◯お次はコレルリのクリスマスコンチェルト。
おお、やっぱりバロックはいいですね~~♪
コンマス氏とセカンドトップ氏のソロを楽しく聴きながら合いの手を弾けますし。(^0^)

◯バッハのブランデン4番。
これもコンマス氏のソロを楽しく・・・・
と、油断してたら落ちました。(^^;)
やはりバッハは、ちゃんと休符を数えてないとダメね。油断大敵ですじゃ。

◯ヤナーチェクの牧歌。
これ、候補に上がってから初めてCDで聴いた曲ですが、良い曲です~。ちょっと地味だけど。
しかし、変化のある演奏をしないと、4分位の地味曲が7曲という、睡魔をさそうプログラムになるという恐れがあると思います。

◯最後にモーツァルトのホルン協奏曲第4番。
これは、もうやるの決定曲です。また優秀なソリスト氏が来てくださるのですよ~♪
楽しみっ!!

・・・・
と、今日はいろいろ弾きまくって、疲れました。
しかし、コレルリとブランデンでソロを弾きまくったコンマス氏は、もっとぐったりしてらっしゃいました。(笑)

結局、9月のコンサートは、
ヘンデル、コレルリ、モーツァルト、ヤナーチェクで決まり。

あと、なんと、今回のコンサート。私keroはファーストバイオリンに人事異動(笑)になりました。
ファーストは、合奏団に入ったばっかりの時に一回、あと、前々回のコンサートの一曲以来です。
まあ、今回のメイン曲・ヤナーチェク「牧歌」は、あまりファーストとセカンドの難易度に差がない曲なのですが、ちゃんと綺麗にハイポジの音程出せるようにしないとね~。

もう4月ですからね。
頑張って練習しないと間に合わないぞお~~。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    22:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード