FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

バッハ終わりました~!

昨日で本職の銅版画の展覧会が無事終わりました♪
そして、打ち上げにカラーーーーーい麻婆豆腐を食べ、ビールをなみなみと胃袋に流しこみ。
そんな昨日の今日ですが、月にいちどのレッスンでございます。(爆)

展覧会期中もしっかり朝練しておいたためか、血中アルコール度数にもまけずなんとかガンバりました。

クロイツェル38番。
クロイツェル38

ヨタヨタですがなんとか2ページ弾ききりました。
ゆったりボーイングの最後の方で弓を多めに使ってメロディーを歌うようにと指摘されました。
おお、そのほうがフレーズもつながっていい感じです。

全体に、とくにファーストで重音弾くときに、音程が上がっていると言われました。
手が小さいので、ファーストで二個押さえるのが苦痛なんすよ。( ̄ω ̄;)ウデも短いし~。
しかし、そんなことは言っていられませぬ。
親指の位置とか変えると押さえ易くなるので、その辺力はいらないようにしないといけないなあ。

次はバッハ4連チャンです。
パルティータ3番の最後の、メヌエット1,2,ブーレ、ジーグです。
この中で一番ほめられたのはジーグ。だって、重音ないんですもん。(^0^)
しかし、簡単なだけに、8分音符で少し走っていると言われました。(気をつけねば)

一番しぼられたのは一曲目のメヌエット1です。
バッハパルティータ3番メヌエット

この一番最初の「そ#み」の重音が、なんか一発でハマらないんですよねえ・・・。
あと、最初のフレーズは全弓使ってスピードあげて弾くのですが、弓の元はスピード早くて、先はのろくなると注意されました。
開放弦で何度か練習しますが・・・。
結構体力使うぞ、オイ。って感じです。全部均一のスピードで、音のムラがなくなるまでコッテリ練習し、曲を弾くと・・・

アララ~
別人が弾いてるみたいだよ、我ながら。(*_*;

いかに弓の使い方がいつもワンパターンなのか悟りました。研究しなくては。いろんな音色を出せるようになると楽しいだろうなあ。

さて、四曲無事通して、バッハのパルティータ3番はオシマイです!!( ̄∇ ̄)/
去年の6月からずーっとやっていたので一年以上ですね。月にいちどのレッスンとは言え長かった~。
だけど、バッハはとっても楽しかったです!
「楽器をケースからやにわに取り出し、無伴奏を弾く」という夢は・・・・
暗譜したそばからすぐに忘れちゃってるんで、やっぱり無理・・・かも!(^^;)

「次の曲は?」と聞かれ、1楽章だけで終わっているフランクをお願い致しました♪
全楽章制覇するぞう~~。
こちらも、譜読みも楽しそう!

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バッハ、まだ続きます。

昨日の今日でちょっと二日酔い気味ですが、レッスンに行ってきました~♪

クロイツェル37番のバリエーション、重音だらけなんですが、身体がアルコール濃度のせいか硬くなってるようで、イマイチピシッと決まりませぬ。
E線の時の肘をもっと下げるようにと言われました。運動音痴です。(汗)
だけど、↓こんなんで最後までの曲だし、疲れちゃうよねえ。

20110730DSCF1489.jpg

もう一回・・・と言われるのを恐れておりましたが、「まあまあ良いでしょう~」と、無事にアガリになりました。先生のお顔が天使に見えまする。

次の38番。
・・・って、ついに38番かあ。あと4曲でクロイツェル終わっちゃうんですね~。
しかし、ちまたのクロイツェラ~(造語)の噂によりますと、最後の曲はそれはもう大変だそうです。1曲に半年かかるのは当たり前とか・・・。(ヒ~)

ちなみに、この38番もスラーがかかった重音という、keroがこの世でもっとも苦手にしている曲ですだ。

クロイツェル38

さてさて、バッハです。
成り行きで、今日はパルティータの最後の方の曲4曲を見てもらいました。
しかし、やっぱりというか、案の定4曲は少し多かったみたいで、新曲に力を入れるあまり前回もう少しでオッケーになりそうな曲が手薄になっちゃいました。(^^;)

ちなみに、メヌエットの1と2です。
重音ある曲は、音程をシビアに練習しないとダメですよね。当たり前ですけど・・・。

今日初めて見てもらったブーレとジーグは、「雰囲気は良くでていますね~♪」と言われました。
だって、重音なくってノリノリですから。(爆)

クロイツェルとバッハのダブル重音地獄がもう少しで終わりそうなのに、ちょっと詰めが甘かった今日のレッスンでした。
早くバッハ終わらして、フランクの続きやりたいなあ。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

パルティータ最後の2曲

蝉がミンミン鳴くようになり、猫たちが興奮気味です。

バッハの最後の2曲を譜読みしてみました~。
重音が少なくなったんで、かなり気が楽ですっ♪(^◇^)

20110806DSCF1492.jpg
まずはブーレ。

ブーレっていえば、鈴木の3巻の最後にありましたよね、バッハのブーレ。無伴奏チェロの編曲モノでしたが・・・。
バイオリン始めた頃、発表会で一番最初に弾いたのがアレでした。(ヒャ~。今思い出しても冷や汗が出てきますよ)

それはともかく、ブーレらしいリズムが大事ですよね。
ブーレらしいリズムって・・・。
あまりわかってないんですが。(汗)

20110806DSCF1493.jpg
これが、最後のジーグ。

ジーグもリズムが大切か・・・。
ジーグらしいリズムって・・・・。
・・・・・。

模範演奏を聴いて研究します!(爆)






にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    11:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

クロイツェル37番

やっと何も予定のない日曜日です~。
・・・ってか、自分、遊びすぎ。(; ̄∇ ̄A

嵐のように譜読みの必要のある楽譜が山積みですが、今日でなんとか片付けちゃいたいところです。

クロイツェル37番・・・
おお!
重音シリーズのなかで、一番弾きやすいし、簡単です!(^0^)

クロイツェル37
この曲、CDで聴いたときは最初の8分音符がアウフタクトだとばかり思ってました。(そう聴こえるよね?)
こうゆうのは、サクっと片付けちゃいたいきもちです♪

バッハはガボット・アン・ロンドーとメヌエット前半。

気がついたら、いつのまにかガボット・アン・ロンドーを暗譜出来てました!(奇跡)
なるべく表現に気をつけたいけど、やっぱり後半難し・・・。

メヌエットは、2段目の「1」のゆびで3重音で降りてくところが難しいです。
バッハパルティータ3番メヌエット

でも、あとは割と単音が多いのでまあなんとか・・・。
パルティータ3番、一番ムズイのはやはりプレリュードでしたなあ。

レッスン曲終了~~♪
オケ曲は当分「田園」が分奏練習なので、これだけ練習することに決めました。
しかし・・・
ひ、弾きにくい・・・。
今シーズン、あらゆる曲の中でコレが一番鬼門かも。

2楽章の「ウネウネ」を見ると頭痛くなります。(トホホ)

合奏団の曲は、やっと楽譜が届きました~。
まだ試奏して最終決定前なのですが、一曲は、マリンバ協奏曲をやるみたいです♪
これは現代曲なので、変拍子とかあるかもですね~。
CDで聴いてみたら、カッコヨイ曲です~。

候補の曲の中では、なんとマラ5のアダージェットがあります♪

ベニスに死す~~っ!!

ああ、コレを弾ける日が来るとはなあ・・。嬉しすぎです。
なんでもハーピストも招く予定もあるとか。

今シーズンはいろいろ楽しみがいっぱいです♪


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    16:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

パルティータ3番制覇中

1ヶ月ぶりのレッスンでした♪

昨日おとといと、慌ててさらった甲斐があったか、クロイツェル36番はアガリになりました~!(^0^)
次の37番は、比較的弾きやすそうな曲です。

クロイツェル教本は42曲なので、あと残すところ5曲。しかし、この5曲がすごく大変そう・・・。(^^;)(^^;)(^^;)

「クロイツェルが終わったら、どうしますか?」と先生に聞かれました。

「ハイ、こういう体育会系のエチュードは、続けてやりたいです!」と前向きの発言をするkero。(キラッ)「オケや合奏団の曲だけだと苦手なことやらなくなりそうですし」

「おお!keroさん、エライですねえ~~(^^)」と先生。「普通はエチュードやりたくない方が多いんですよ~」
オホホ。そうでしょうか。え、えらい?(^0^)
ついこの前までクロイツェルやりたくにゃい~と泣いていた自分が嘘のようです。
重音が少し弾けるようになったもんだから・・・・。

「ローデ、なんてどうでしょう?」と先生。
ローデってなんでしょう?と聞く無知なkero。
何でもクロイツェルの次くらいにやるエチュードだそうです。そうか、そうなのか。
今度楽譜を見てみようかなあ♪

しかし・・・気が早いよね。
残る5曲に5年くらいかかりそうです。(^^;)

さて、バッハ。
最初にルーレを通しましたが、家で弾いたようには弾けませぬ。(^^;)
何回か弾いてたら少し調子上向きに・・・。全体に、同じパターンの音型の音の切り方について注意を受けました。つい、ヒラリー・ハーン風につなげて弾いちゃってたんですなあ。

続けてガボット・アン・ロンドー。
スラーとそうでないところの差をハッキリだすことや、2部音符を端折ってひかないよう指導されました。

後半のアノ部分がやっぱり難しいですう~~(^^;)

課題はいろいろあるものの、ルーレは一応終わり。(これは仕上がったとはとても言えませぬ。しかし、仕上がる日が来るとも思えないし(汗))
次はメヌエットを見てくるように言われました。



あと、ブーレとジーグ弾いたら、パルティータ3番制覇!!(^0^)

全曲制覇は無理としても、少しずつ弾ける曲を増やしていきたいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    13:56 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

ヒラリー・ハーンのルーレ

テレビの朝のニュースか何かに出演したときのもの?かなあ。
当たり前だが・・・
上手な人は簡単そうに弾いてるなあ。(爆)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バッハでひいこら

ガボット・アン・ロンドー、やっと(運が良ければ)つっかえずに弾けるようになりました。
だけどなあ、やっぱり・・・

バッハ ガボット・アン・ロンドー
ここのところが難しい!!

2と4で5度押さえて「みどみど」するのが拷問なんで、やっぱり楽譜どおりに1と3で「みどみど」してから半音移動して「れしれし」することにしました~。

小野アンナ、クロイツェルやって曲2曲やるとはあ~~って感じです。
でもまあ、クロイツェルは比較的簡単なのでなんとか・・・。

今週はさらにオケの本番も。(汗)
ほとんど弾けるとは思うんだが、最近ベト7、テンポが加速してきたからなあ・・・。そっちの練習も頑張らねば。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    12:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バッハのルーレ

ああでもない、こうでもないと、指番号を書きかえて・・・

バッハ無伴奏ルーレ

楽譜はまっくろけ、になりましたとさ~。

ヒラリー・ハーンの演奏だと少しロマンチックに弾いてる。持っているシェリングのCDも、少しロマンチック。クレーメルはもっと音を「ぽち、ぽち」と、おいていく感じ。

アタシは・・・
中間をめざそうとおもいます!!
略して「ロマ・ぽち」





にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    18:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バッハは楽しい

日曜の朝早くからレッスンでした~。
なんと有意義な休日の過ごし方でしょう。(キラっ♪)
出来が良ければ尚更よかったのですが。(爆)

今回は新曲が全部重音系
まずはクロイツェル36番ですが、アーティキュレーションもなにもあったもんじゃござんせん。
譜読みで精一杯でした~。(トホホ)

クロイツェル36番

しかし、この36番は、クロイツェルの重音系の練習曲の中では簡単な方と思います。(弾けてないけど。)
全部オクターブとか、全部三度とかの体育会系の曲と違って、適度にいろいろ混ざってるほうが弾きやすいです。

しかしコレ、途中にアタシの大の苦手のオクターブ重音があるんだよねえ~。そこが鬼門ですじゃ。

アクセントの付いた音をつい「ガシ」と引っ掛けて弾いていたら、引っ掛けたあと力を抜くのを早く、と言われました。つい単音よりガシガシ弾きがちですが、重音は単音より力抜いて・・・が正解ですね。

しかし、昔に比べるとかなりマシになってきたと思いまする。
いつもいつもツライとかイヤだとか愚痴をこぼしておりますが、何もかもクロイツェルさまのおかげです~。m(_ _)m

次はバッハです。まずルーレ。
こちらも譜読みでいっぱいいっぱいで、アーティキュレーションも何も(以下自粛)


ルーレは、全部スラーでつなげすぎず、ロマンチックになりすぎないようにと注意されました。
1小節目の最後の2つの音の手前など、です。

バッハ無伴奏 ルーレ

スラー切って良いとなると、少し気が楽になりましたです。(^^;)
そういわれれば、クレーメルの演奏もブチブチ切ってたなあ。

あとはつっかえずに流れをつかんで、アーティキュレーションを入れないと・・・。
いや、それが難しいんですけどねえ。

既にもうヘロヘロですが、もう1曲!

ガボット・アン・ロンドーです。
バッハ無伴奏 ガボット・アン・ロンドー

こちらも譜読みでいっぱいいっぱいで、アーティキュレーションも何も(以下自粛)


唯一まともに弾けるのは最初の2段くらいなもんで。(^^;)
しかし、これも落とし穴があり、明るく軽い音をだそうと弓先で弾いていたら、真ん中より弓元寄りで弾くように言われました。
そして、踊りの曲なので、ハツラツとした感じが大切です。(アタシは、今は・・・モタモタ、ヨロヨロ、ギシギシ・・・です。m(_ _)m)

この曲は最後の方に、大嫌いな5度が沢山出てきて嫌な感じです。
↓のところ・・・

バッハ無伴奏 ガボット・アン・ロンドー

2で5度の重音とって、それと4で「みどみど」って弾くところが、もう拷問です。(T.T)
それか、楽譜通りに、少しは太い1の指で5度重音を押さえれば少しは弾きやすいんですが、今度は音程がアレになります。あちら立てればこちらたたずでございます。

先生に見ていただいたところ、もしかしたら1で押さえたほうがいいかも・・・。とのこと。その場合は、セカンドポジションの練習ということで、移動をちゃんとしましょう、とのことでした。
2で取るほうが音程はいいんだけどなあ・・・。
アタシの小指が短いせいですなあ。(T.T)

一ヶ月ぶりにレッスンすると、ミッチリ弾いたなあ~っていう感じです♪
ボロカスですが、それでもバッハ、弾いてて楽しいし!(^0^)
来月はオケの本番あるけど、バッハもサボらないようにがんばりたいっす。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    15:49 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

桜の花と重音地獄

20110411SBSH0002.jpg

公園の桜が綺麗にさいてます♪

震災からちょうど一ヶ月ですね。
スーパーの商品も増えてきて、ようやく日常が戻ってきた感じ。
まだまだ余震が続いてますが・・・。

アタシも、暇をみつけてはルーチンワークをこなしてます。(^^;)

小野アンナ音階教本(6度の重音)
クロイツェル36番(これも重音)
バッハ ルーレ(全部重音)
・・・で、最後にガボット・アン・ロンドーをやると、ぐったり疲れまする。(^^;)
もちろんこれも重音ですが、最初の方は比較的簡単。

バッハ無伴奏 ガボット・アン・ロンドー

最後の方が難しいんですが・・・

春!って感じでハツラツと弾きたいんだけど、まだ通して弾けるレベルじゃないですだ。
がんばらねば・・・



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    17:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード