バイオリンと外宇宙の話 vol.2

ハイドンの「ひばり」

ハイドンってファーストばっかり難しいイメージがあるんですけど…
やっぱりファーストばっかり難しかったです(^o^) この「ひばり」も!



東京方面の合奏で弾いてきました。2ndを(笑)
で、なめてかかってたら意外と大変なところが。
全員でシンコペーションするのでわけがわからなくなったり、最初のファースト以外のスタッカートのところなど、「弦を弾いて離す」という弦楽器の基本操作を問われるようなところとか。

でもベートーヴェンよりだんぜん楽しいですねハイドン。
あまり馴染みがなかったけど、これからハイドン先生マークしまっす。



    18:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード