FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

3連ちゃん

ゾンビからようやく抜け出して(笑)
日曜アンサンブル月曜レッスン火曜アンサンブルと3連ちゃんしてきました〜。

さて日曜日は ドヴォルザーク・アメリカの3,4楽章なんですが、こりゃ〜難しい!
しかし、多分一番難しいのは内声とかセカンドバイオリンじゃないかって気がします。
4楽章とか、汽車が疾走(いや我らの場合は徐行運転)してる「シュポシュポ」みたいなのをずーっと内声が担当して、ファーストがのんきなメロディー弾くという…

にしても、ファーストはやたら音が高く、ハイポジションの飛びつきが多い。
音程はある意味「運」な感じです(爆)
楽しいけどなかなか弾ける気がしませんです。

さてさて、月曜のレッスンですが、ようやくモーツァルト4番、3楽章に突入しました〜。
やはりゾンビだったことも影響しw 細かいところとか上手く弾けなかったんだけど、一応最後まで通して弾き、フィンガリングと練習の仕方について色々教わってきました。
うーん年内完成を狙えるか。
1年がかりになりましたね〜(まあ予想通りなんですが)

火曜日はブラームスの六重奏曲。
(こう書いてると結構ヘビーな曲やってるぞ自分)
こちらは(仕方ないんですが)なかなか低音が二人ずつ揃わないので何回やっても満足感が得られず。
そろそろいいかな〜という話になってきました(笑)

モーツァルトのハイドン・セットのやってない曲が良いんじゃないかという話になりましたが残ってる曲みんな難しいので悩むところです。
今まで弾いたのは
●K.464
●K.458「狩り」
の2曲。

残るは
●K.387「春」
●K.421
●K.428
●K.465「不協和音」

K.421が大変私は好きなんだけど、美味しいものは後に残しておくべきか…。先に平らげるべきか…。
悩みます悩みます。
    14:53 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

アメリカ難しい

ご近所の方の合奏団でやることになったアメリカ!
IMSLPでダウンロードした著作権切れの楽譜を、Photoshopで見やすく加工し練習始めましたよ〜。


だけど、やっぱりですが、
難しい!!です〜

確か今の先生に習い始めた頃、ドヴォルザークの「ソナチネ」習ったんですが、こっちは曲想はアメリカっぽいけど少し難易度低い感じの曲でした。
言われたのは、ドヴォルザークはチェコ語圏の人なので、(メロディーの)アクセントがドイツ語圏の曲と違う、ということ。
ヘエ〜って思ったんですが、独特のアクセントとか音の切り方とか、確かにそう言われればそうなんだなあ。
いや、チェコ語ってどんなんだかも知りませんが…



1,2楽章はまあなんとか練習したけど、3,4楽章はボウイングテクニックが必要なので、なかなか難しい。
下手でも「らしさ」のある演奏ができると良いなあ〜
(その前に転調とか音程とか高音とか、たくさん難所があるのでクリアしないとね!)
    20:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

アメリカですよ!

レッスンですが、モーツァルトの協奏曲第4番 第2楽章も順調に進み(奇跡!)次回は3楽章の譜読みしてくるようにと言われました。
なんか、今の先生に変わって以来初のスムーズな進み方ですよ!(◎_◎)

ビブラートをかけながらスラーで弾く音階も、だいぶ良くなったと言われてホクホク。
考えてみれば今まで1の指でビブラートかからないのは「かけようとしなかったから」なんだなあと反省。

さてさて、この前の日曜日のご近所のアンサンブルなんですが、ハイドンの時計とかボロディンの弦楽四重奏曲とか、少しは練習をしていったので(自分としては)楽しく弾くことができました〜!

それで、ボロディンの次?の曲として、ドヴォルザークの「アメリカ」やらない?って話が出ました。
おおお〜!
アメリカ!楽しそう!



ドヴォルザークの中では比較的弾きやすいカルテットだそうで!
ドヴォルザークの室内楽は大昔から大好きで、愛聴している曲ばかりなんですが、ついにチャレンジの時がきたんだなあ〜

どの楽章も魅力的なんですが、4楽章目がドヴォルザークの「鉄ヲタ」ぶりを堪能できる(笑)楽章です。



汽車が快速で疾走するさまを十全に表現しているではありませんか。

ドヴォルザークは筋金入りの鉄道オタクで、模型を作ったり、時刻表を暗記したり、新しい車種がきたら必ず製造番号を調べに駅に行ったりしたそうです。
走行の音が変だと気づき、調べてもらったら故障箇所が判明した、って武勇伝もあるそうですよ〜

新世界の4楽章を彷彿させる、このアメリカの4楽章。
ま、我々が弾いたらもうちょっと「徐行運転」になると思いますけどね(わはは)
    21:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード