FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

お色気たっぷりに

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●チャイコフスキー/アンダンテカンタービレ
●シューマン/トロイメライ
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

世間では三連休。まだまだ暑いの続いてます。
でも、さすがに35度とかでなくなったので、少しはバイオリンもヤル気がでますね。(^^;)
さて、今日は午前レッスン午後合奏団の遊びまくりの一日です♪

後半を重点的にと言われ、かなり練習していったつもりのクロイツェル33番ですが、音程はともかくやっぱりボーイングがダメ、と言われちゃいました。
なるべくなめらかに弾くようこころがけたんですがねえ。重音、ムズイです。
特に、スラーを滑らかに弾くのが・・・(T_T)

最後の行の運指を工夫したら、少しは弾きやすいのでは?ということで、要研究ですじゃ。

20100920DSCF0961.jpg

しかし、ちょっとの間に楽譜が書き込みだらけになったなあ。

さて、曲ですが、しっとり曲を滑らかに・ビブラートはゆったりかける・・・の課題が続いてまーす。

チャイコ「アンダンテカンタービレ」
この曲、練習に時間かかるなあ~と思ってたら、ビブラートを規則的に大きくかけようと意識するあまり、妙にテンポが遅くなってました。(爆)ピアニシモの音をいかに美しく、遠くから聞こえてくるかのように弾くかがポイントです。こういうの大の苦手ですからねえ、アタシ。

注意されたのは、元弓の返しで肘が下がること。気をつけて弾いたら・・・おお!!だいぶギクシャク感が改善されました。

シューマン「トロイメライ」

予想はしてましたが、「みれどふぁ、そら♭しれ、ふぁそらどそ~~」のスラーでブチ切れないように、と注意されました。あと、懸念の1の指のビブラートですが、親指と人差指のあいだのネックの空間をゆったり空けてかけると楽だそうです。うーむ、無意識に力はいると、人差し指の付け根がネックにくっついちゃうんですよね、アタシ。

サン・サーンスの白鳥も見てきたのですが、残念ながらここで時間切れ。
次回は、「白鳥」と、エルガーの「愛の挨拶」を見ていただきまーす。

エルガーは「名曲31選」には載っていないのですが、IMSLPという楽譜のダウンロード出来るサイトでゲットできました♪

スラーをぶち切らない。色気たっぷりに歌う。という、keroの第の苦手科目克服曲にもってこいですな。(^^;)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ビブラート強化月間

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●メンデルスゾーン/春の歌
●チャイコフスキー/アンダンテカンタービレ
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

9月になってもまだまだ猛暑。
今日もまた、レッスン会場へ行くまでに既に2リットルほど汗を消費してしまいました。
いったいいつまでつづくんだ・・・。

今日は、クロイツェルにいくばくかの進歩がありました。
弓の動きがだいぶなめらかになり、返しも良くなったとほめられたのです♪
あ、もちろん当社比ですがね・・・。

いままで、左手と右手がついつい連動しがちだったのですが、左に構えたバイオリンと、左手、そして右手を別の脳みそで運動させるということが、な~んとなくわかってきたような気がします。10年目にして、ようやく、ですが。(爆)

別な運動を区別して行う意識というと、もういっこ、「移弦」もそうですよね。こちらも、以前に比べるとだいぶマシになってきたような気がします。

次回はクロイツェル33番、後半を重点的に見てくるように、とのことであります。
いつも練習の時、前半で疲れてしまい、後半の練習がおざなりだったのが如実に現れておりました。(爆)

さて、「バイオリン名曲31選」から2曲の新曲。
メンデルスゾーンの「春の歌」

こちらもフレーズのなめらかさがポイントだろうと、右手を重点的に注意して練習していったのですが、ひととおり弾いた後先生ひとこと「keroさんはビブラートのかけ方って、どういうふうにおそわりましたか?」
ヒョエ~、実はビブラートがポイントだったんでしょうか。(^^;)

keroは今まで3人の先生におそわりました。
最初の先生は、左手の親指を軸に手首でビブラートをかけよ、と教わりました。
2番目の先生にその話をすると、「いや、それはとんでもない」と言われ、腕や手首、指でかける方法を教わりました。

・・・しかし、自分では腕でかけてると思っていたが、鏡でみたら手首でかけてたし。(^^;)

で、今日改めて今の先生に教わったことは、「手首とか腕とか、軸を意識するのではなく、1と2の指でかけるときには4の指を揺らす。3と4の指でかけるときは、1の指を揺らす。」ということでした。

うーむ、こうしてみると、本当にビブラートっていろんな教え方があるんですねえ・・・。

で、keroは2と3はわりとかかるんですが、1と4のビブが超苦手なので、特に苦手な1の指のビブ強化ということで、次回も簡単目の曲を練習することになりました。

チャイコフスキーの「アンダンテカンタービレ」も、ビブラート重視で次も引き続き練習します。
もう一曲、「31選」からシューマン「トロイメライ」を見てきてとのことです。
時間があったらサン・サーンス「白鳥」もとのことですが、多分そんなに時間ないかもです。(^^;)

苦手な1と4を回避するあまり、重要な音では指を変えるクセがついてしまっている自分。(笑)
少しでも苦手意識がなくなるように、指番号もなるべく「逃避行動」なしで、考えて練習しまーす!

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    18:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

チャイコ「アンダンテカンタービレ」

弦四と「バイオリン名曲31選」のソロバージョンとほぼ楽譜は同じ。(繰り返しが少し省かれてます)

しかし、ずーっと小さいしっとりした音で、多少ある山の部分も、そんなに狂ったように盛り上がらないので、音色とか作るの難しい曲です。(^^;)
アタシ最近、小さい音で雰囲気出すのが苦手系。
(フォルテで張りがある音・・・とかのほうが、得意になってきました。ブルッフ効果?)




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    21:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

フランク(1楽章だけ)終わったぞう

●小野アンナ音階教本 (6度の重音)
●クロイツェル33番
●フランク/バイオリンソナタ第1楽章
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

相変わらず猛暑が続く今日この頃。
今日もまた、レッスン会場へ行くまでに既に2リットルほど汗を消費してしまいました。

クロイツェル33番は、今日から譜面通りのスラーで弾くのですが、修正と音程のあまりの酷さに、右手が追いついていかない感じです。(^^;)
案の定、「左手がどんなに難しくても、フレーズを滑らかに弾くように」と言われました。最近こればっかりだなあ。

フランクの第1楽章は仕上げです。
この曲は出だしがやっぱりむずかしいんですよね~。
家で弾いてる時も、1回目よりは2回目、2回目よりは3回目という風に調子が良くなるんですが、今日もしかり。ただ、やっぱり移弦やポジション移動などでフレーズがぶち切れるのが問題です。だいぶ良くなったとは言われましたが・・・。

最後に先生がピアノ譜を見て一緒に弾いてくださいました♪

フランクのソナタ第1楽章、一応終了です!(^0^)
続く2~4楽章も弾きたいんですが、その前にやらねばならぬ修行があるようで・・・。

次はいよいよバッハの無伴奏!!

・・・と思ったら、「その前に、フランクのようにスラーの付いた音符を滑らかに弾く修行をしましょう」と先生。
「バイオリン名曲31選」という曲集から、2曲セレクトせよとのことです。

や、やっぱり・・・フレーズぶち切れ病の治癒が最優先でしょうか。(; ̄∇ ̄A
バッハはデタシェの練習になっちゃうしね。

keroの苦手科目特訓シリーズです。(爆)

さいしょ、「ヘンデルのラルゴ」とチャイコの「アンダンテカンタービレ」(弦四の第二楽章)はどうか、と言われて楽譜を見たら、「ヘンデルのラルゴ」って、合奏団でやっとる「オンブラ・マイ・フ」のことでした!!(笑)

合奏団の方はオペラの原譜なんですが、こっちのはバイオリン独奏用にト長調に転調してあって、最後盛り上げるためにオクターブあげたりしてます。・・・なんか、合奏団のと混同しそう。

先生にオネガイして、この曲はやめてもらいました。(笑)

で、メンデルスゾーンの「春の歌」(ピアノの無言歌集の編曲)と「アンダンテカンタービレ」になりました~。
この2曲はオリジナルと同じ調で、譜読みも楽そうです♪
滑らかに歌えるように修行しまーす!

・・・しかし、考えてみたら、次のレッスンは来週なんだよね。(汗)
サボらないように頑張らなくちゃ。しかし、新曲は楽しいですね~~♪


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
    17:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード