FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

 keroの目下No.1の趣味・バイオリンのことや、猫自慢、本や料理の話など、外宇宙の話を気ままに綴ってます♪

町田樹さんとKバレエ・「マダム・バタフライ」の話

台風すごかったですね〜!
幸い我が家周辺は停電も断水もなかったのですが、川の氾濫で大変なことになっている地域の皆様、心からお見舞い申し上げます。

さて、実は台風の前日、東京文化会館にKバレエの新作「マダム・バタフライ」を見に行ってきました!
台風の日と次のマチネは休演になったので運良かったです。

IMG_6345.jpg

IMG_6353.jpg
カーテンコールは写真撮影可だったのですよ♪

Kバレエの熊川哲也氏の作風は、ロイヤルの影響が強いマイム多用の物語バレエなので、実は今回のマダムバタフライも行くつもりなかったのです。(どちらかというとエイフマンバレエみたいな方が好みな私)

ところが、先月のダンスマガジンで町田樹さんと熊川氏の「マダム・バタフライを語ろう」という対談記事がのりました!(しかも8ページもっ!!)

ダンスマガジン201910

ほらね〜表紙にもスペシャル対談ってしっかり書いてあります!

対談内容は、町田さんがKバレエのリハーサルを見学して、マダム・バタフライのバレエ化するにあたっての苦労とか、音楽の使い方とかはたまたフィギュアスケート論にいたりました。
大変興味深かったです。

dancemag_jp_2019-Aug-22.jpg


もともと熊川さんはフィギュアのエキシビション大会の審査員をつとめたことがあり、昔から町田くんを知ってたんですよね。
その時も「一篇のショートムービーを観るかのよう」と褒めて頂きました。(^^)
そして、町田さんが熊川氏の影響を多大に受けていることはスケートファンには周知の事実。
いんや〜対談実現して良かったね町田さん!
熊川氏も、プロになってからの町田さんの作品をしっかり見ていただいたようでとても嬉しいです〜。

で、町田さんがおすすめなら〜と、久しぶりにKバレエに足を運んだという次第です。(わはは)

さて、ここからはバレエの感想です。
まずこのプッチーニの「蝶々夫人」というオペラ、グランド・バレエ化するにはオペラの通りの音楽を使えない。

これが「カルメン」だったらそのまま使えるんですが、プッチーニだとアリアのナンバーを並べて劇が進行するのではなく、劇進行にそってテーマがライトモチーフみたいに散りばめられていたりする。ワーグナーの影響かわかりませんが。

なので、熊川さんもマエストロ氏も、かなり曲の構成や編曲に苦労されたでしょう。(対談でもその点触れられていました)

感心したのは、出だし「君が代」から始まり、プッチーニの「武家の運命のテーマ」につながっていく編曲。
紗幕の向こうでは、幼い蝶々さんが武士だった父親の切腹を見ている。そして、その後遊郭の遊女たちの手招きする方へと歩いていく。(短い時間で蝶々さんの運命を語っています)

その後、すぐに舞台はアメリカに。星条旗よ永遠なれのアメリカ国歌。
物語のテーマが2つの国の文化の対立だと鮮やかに提示している点、大変感心しました。
ここのところはドヴォルザークの音楽を使っています。
ピンカートンとケイトがここで出てくるわけですが、まあここは少し長さを感じたかな。

その後日本の遊郭に舞台を移します。
なんで原作通り芸者じゃないの?と思ったけれど、まあ視覚的に芸者さんだと地味かな〜とも思い納得した、というかさせられました。(笑)花魁道中が出てきて、なかなか良かったです。

ピンカートンと蝶々さんが初めて出会うシーンを作ったのも、効果的でわかりやすい演出だったと思います。

2幕目は蝶々さんの結婚式から始まり、「初夜のパ・ド・ドゥ」、場面変わってピンカートンが去った後。
この、オペラで言う2幕目以降が、わたしには少し物足りなかったです。
多分オペラの見過ぎだとおもいますがw

蝶々夫人の話は、基本的に悪人が一人もいない話です。(ピンカートンは悪人でなく軽薄で過ちを犯す普通の人)
つまりスカルピアとかイアーゴがいない、善良な人々しかいないのに文化と文化の衝突で悲劇が起こるという話だと思います。

たとえば、オペラではシャープレスなんて本当にいい人なんですよね〜。バリトンなのに(笑)
結婚するピンカートンに忠告もし、ただの現地妻である蝶々さんに心から同情して忠告し、破綻したあとピンカートンに怒りをぶつけるという。こんなアメリカ総領事いませんよねw
それが、このバレエだと、ただ蝶々さんに手紙を渡すだけの役になっていたのが残念。
あと、ケイトとかも本当にいい人なんですが、こちらもバレエではあまり性格が描けてなかったかな〜。

結果、市井の善良な人々の間で起こる悲劇という、オペラで感じるカタルシスが欠けていたかな〜と感じました。
踊りまくるところは本当に良かったんですが、終盤ドラマが動くところで舞踊ではなくマイムを多用したところも少し残念でした。

最初に父親の切腹を見ていたときと同じように、蝶々さんは自害し、目撃者である息子は短刀を持って舞台後方へ歩いていくところで幕。

いろいろ書きましたが、全体的に良く練れていて良い舞台でした。
花魁道中で高下駄をトウシューズで表現したり、黒子を使ったり、ボンゾーを武家の誇りある生き残りとしたところ、ヤマドリさんを日本陸軍の将校に読み替えたところなど、特に美術演出面で感心した公演でした。
熊川氏、本当に才能がありますよね!

町田さんのおかげで普段だったらおそらく見なかったであろうものを見られたということで、ありがとうを百回。

Tag : 町田樹 
    15:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2楽章はあっさりと

月曜日はレッスンでした〜。

音階はシャープ6つついてるDis moll。
これは混乱します(汗)
弾いてる音を頭の中で「れどれみ〜」と歌いつつ弾くのですが、途中でアレ?これ一つずれてるやん?とハテナマークが飛び交います。
がっ!
幸い一発で合格し、これからはシャープが減っていくばかりの音階に〜(わーい)

クロイツェルのアレは、想像通り弓が暴れてると言われましたw
IMG_6295.jpg

バリエーションもあるので、こちらは当分続きそう。

さて、スプリング・ソナタですが、今日から第2楽章。
昔やったときは音色の差なんてつけられなかったもんだなあ。(ビブラートかかる?かからない?でいっぱいいっぱいだったような気が)



IMG_6336.jpeg
たとえばこの部分ですが、こまかい32部音符はクレッシェンドで、弓はなるべく駒よりにもってくる。
そしてすぐにpianoになるBの4分音符は指板寄りで、なるべく弓を寝かせて。でも全弓…
という感じです。
こんな音自分の楽器から出たっけみたいな驚きです(笑)

しかし、「まあそんなことを研究しておうちで練習してきてくださいね」と、あっさり2楽章はアガリになりました。

次の3楽章と4楽章は難しいんだよね〜。
特に3楽章はコンパクトな弓の使い方が鍵だそうです。(なんかすごく鍛えられそう)
    13:53 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

バッハの「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」

ご近所アンサンブルでは、以前も同じ公民館で練習している管の団体とコラボしたことあるんですが、今度はオーボエの方を呼んでマルチェッロの「オーボエ協奏曲、」とバッハの「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」をやるという企画が浮上!
楽しみです〜

で、オーボエの方が来る前にいちおうトゥッティも練習しようということに。
オーボエの方はいらっしゃらなかったんですが、団長が本職のフルート持ってきてソロにトライしました!
ソロがないとどんな曲だかわからないんでありがたいです〜

マルチェッロ「オーボエ協奏曲」



これは2楽章が映画音楽になっていて有名だそうです。
…が、あたしは全然知らなかったな(汗)
きれいな曲ですが、トゥッティはひたすら4分音符を刻むのみ。
3楽章がわりと合奏していて楽しかったです。

バッハ「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」
これ、実はなぜか我が家に楽譜がありました!
なんで買ったのかは記憶にないんですが(汗) だれかと合わせる約束をして、それきり練習する機会もなく放置してたんですね〜
うちにあったのはBWV1060 Dmolの曲。
今回合わせるのは、BWV1060R Cmolの曲です。フラット3つだから、ちょっと弦楽器で弾きにくい調ですね〜



いや〜
バッハはやっぱり難しい!
ソロはわかりますが、トゥッティも難しいですよ〜
工夫がありすぎて(笑)
バイオリンのドッペルコンチェルトはわりとトゥッティとバイオリンの関係は単純だったんだけど、このオーボエとバイオリンのは、ソロとは別にファーストトゥッティが全然別のことやったりとか。
(あ、ちなみに私が弾くのはファーストトゥッティなんですが)
油断できない!
数え続けないと落ちる〜
みたいな感じです(爆)

マルチェッロはまあなんとかなりそうですがバッハはもう少し練習しないとオーボエの方に申し訳無い感じ。
がんばります〜
    20:28 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

台風一過

いやすごい台風でしたね〜。
実は台風の前日ご近所の合奏団だったのですが、幸いまだお空は晴れ模様。

今回の合奏では懐かしのビバルディーのAmol(調和の霊感3-6)やりました。



昔通った初心者向合奏団では定番メニューでしたなあ。
割と弾けるようになってからやるとこれまた楽しいです。
ソロは皆で順番に弾く予定。(これも昔を思い出して懐かしい)

その後、午後は合奏団のビオラさんの出演するオケを聴きに行きました。
メインはドボ8だったのですが(これも昔弾いたなあ。なつかしい)、珍しいことにベートーヴェンのバイオリン協奏曲。
長々しいし、音階を上がったり下がったりとなにか苦行のような曲だと思うのですが、ソリストの方がすごく立派に弾いていて感心しました〜。
だけど自分で弾こうとは絶対思わない曲だな、やっぱり(笑)

コンサート終了後、台風を恐れてとっとと帰ったのですが、家についた途端に小雨が降り出しました。

真夜中に猛烈な台風が通過しましたが、次の朝、幸い私は仕事はお休み。
夫が東京方面に仕事に出かけたのですが、なんか交通機関が大変なことになっている模様。
大丈夫かいな、と思ってたら昼頃電話があって、なんと途中で行くの諦めて川崎にいるとのこと!!

何でも、東急線なら大丈夫かもと思って乗ったら地獄の満員電車で、女の子が気分が悪くなって吐いたりとか、それをおじさんが怒鳴ったりとか、そのおじさんを周りの人が怒鳴り返したりとか(汗)

で、もう俺だめだわ〜と思って日吉で下車したそうです。
でなんとか川崎までたどり着いたので、焼き肉とホルモン食べて帰る〜と。(笑)
迷走した一日でしたな。

いやしかし、どうして電車がこんななのに皆さん会社に行くんでしょうね。そりゃ行かなきゃいけないから行くんでしょうけど。
通勤電車と無縁の生活でしみじみ良かったと思いましたよ〜。

    15:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バイロイト音楽祭2019 ワーグナー 「タンホイザー」

この前の日曜日の深夜、今年のバイロイト祝祭劇場での新演出・タンホイザーを放映してました。
ゲルギエフの指揮ということで前から楽しみにしていたのですが、演出がトビアス・クラッツァーというトンデモ演出のかたなので、どうなることかハラハラドキドキだったのです。

が、これが本当に面白い演出で。いや、もちろんトンデモ演出だったのですがw、去年放映されたローエングリンとかトリスタンとイゾルデとかが「ハア?」としか言いようがない演出だったので、このタンホイザー久々の私的大ヒットって感じです。



出だし、ヴェーヌスブルグの音楽に乗ってシトロエンで疾走する4人組

Tannhauser1.png

Tannhauser2.png

何でも「移動式サーカスのメンバー」だそうで、タンホイザーはピエロの格好をしてます。運転手&座長はパンクな格好のヴェーヌスなのね。

ここで、原作にないキャラが二人登場。
ブリキの太鼓の小人オスカルくんと、黒人のオネエ、ドラッグクイーンのル・ガトー・ショコラちゃん。
ちなみにル・ガトー・ショコラは役名だけでなく芸名でもあるそうです!

道中色々あって、何もかも嫌になって逃げ出したタンホイザーは、気絶しているところを自転車に乗った牧童(笑)に助けられ、なんとバイロイト祝祭劇場に連れてこられます。
どうもタンホイザーはじめヴォルフラムもワルターも、すべての登場人物はこのバイロイトで働く歌手たちらしい。
ここで、この演出は「メタ・歌劇」とか「メタ・タンホイザー」とか、「バイロイト祝祭劇場の物語」だということがはっきりするという仕掛け。

タンホイザーを追いかけてきたヴェーヌス、オスカルくん、ショコラちゃんの3人が劇場に到着して第一幕終了。

いやね、夜ふかしするつもりなかったんだけど、一体これからどうなるんだろうとワクワクし、つい最後まで見ちゃいました(笑)

このメタ・シアターの演出は2幕目で最高に発揮されます。



幕が上がる前からステージに白いフレームが作られています。その上のスペースで楽屋裏で起こっていることを同時に白黒の映像で流す仕掛け。

Tannhauser3.png

舞台下部(白いフレームの中)では歌手が今現在リアルタイムで演じているのですが、実はそれは演じられた役=虚像であって(白いフレームはテレビ画面の枠のように感じられます)、実は歌手の本当の真実は上に流れる白黒の映像(もちろん過去に収録したもの)という。

Tannhauser4.png

追っかけてきた3人組、開幕ラッパを吹くあのベランダからはしごで侵入(笑)
ワーグナーの革命時代のスローガン「欲する自由、行動する自由、楽しむ自由」という標語をベランダに掲げます。

で、なんと現地観劇された方の話によると、2幕おわって休憩で外に出てくると、実際にベランダにはしごと標語が掲げてあったそうな!
中庭の池ではオスカルくんとショコラちゃんのパフォーマンスもあったそうですよ〜。
まさにまさに、メタ・シアター!!

Tannhauser5.png

2幕途中、タンホイザーがキレて他の歌手と本気で喧嘩をおっぱじめる所から実像と虚像が入り混じります。
ヴェーヌスの歌とともに3人組が登場!
ヴァルトブルクとヴェーヌスブルグがなんと一堂に会するという快挙(笑)

Tannhauser6.png

舞台上が大騒ぎになったところで、なんとカタリーナ・ワーグナー登場。(ワーグナーのひ孫さんで現バイロイト総監督)警察に110番。
タンホイザーはローマならぬ駆けつけた警察へしょっぴかれていきます〜。



3幕目はだいたいどの演出見てもダレるところなんですけれど(合唱くらいしか動的なドラマがないためか)、この演出ではブリキの太鼓のオスカルくんが歌わない役ながら「傍観者」として、そこに起こる静かなドラマを冷静に見つめ、あるときは登場人物に同情し、共に悲しみ、感情を増幅すべく機能していて大変効果的でした。ブリキの太鼓の映画でも、オスカルくんは歴史の傍観者でした。

全体的に、単純に演劇としても面白く、演奏も良かった。
といっても、最初は演出ばかりに気を取られて演奏まで気が回らなかったんだけどw

随所に笑いも盛り込まれていて、例えば巡礼の合唱・バイロイト詣のお客さんが暑いのでパンフレットでパタパタ仰いだりw(開演前の客席の皆がやっていたこと)、舞台裏でショコラちゃんがティーレマンの写真の前でうっとりしたりw(観客は大爆笑)

なにより奇抜に見えてしっかり音楽に合っている、音楽を疎かにすることがないあたり素晴らしいと思います。2回見て、よく練られた演出だと確信しました。
このクラッツァーさん、別のところでも以前タンホイザーやっているそうですが、今回はバイロイトで上演することを意識して全面的に変えてきたのですね〜。

しかし、3幕目の最後のライトが消えるとブーイングとブラボーが半々くらい(笑)
特にゲルギエフと演出スタッフはブーイング多かったですね。
ゲルギエフは直前にお母様が亡くなられて、初回はキャンセル、2回めから振ったらしいです。準備不足だったのかな?
それはともかく歌のない演技だけのショコラちゃんにブーイングが出たのはひどいと思ったなあ。だって、演出家の言うとおりに演技しただけじゃんね。

この演出に一つ難があるとすれば、オリジナルを知らなくてはパロディーは成り立たない(コンテキストが紐付けられない)ことかな。
初めてタンホイザーを見た方には、何が面白いかさっぱりわからないかもしれないです。ブリキの太鼓のオスカルくんもそうかもしれない。ま、そんなに歌詞とも乖離してない演出だとは思いましたがね〜。

バイロイト、NHKプレミアムシアターで毎年一つはやっていただけるので、5本に1本はこういう名作に巡り会えてうれしいです。
ぜひ来年はリングの新演出を4晩連続で〜!(難しいかな?)
    14:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード