FC2ブログ

バイオリンと外宇宙の話 vol.2

 keroの目下No.1の趣味・バイオリンのことや、猫自慢、本や料理の話など、外宇宙の話を気ままに綴ってます♪

K.421の第4楽章

横浜のアンサンブル会でコロナ禍を挟んで練習しているモーツァルトのK.421
大好きな曲で、これを練習するのを目標としていたのですが、やっぱりいろいろ難しい〜

特に第1楽章が難しいので、アンサンブル会の練習時間の殆どをこれに費やしていまいがち。
なので、前回の練習では逆転の発想(笑)で、第4楽章を最初に練習してみました!


この第4楽章がですね、私は本当に大好きで(泣)

ロマン派のように大仰なロマンティシズムとか盛り上がりがあるわけでなく、いわば路傍に咲く小さな青い花のような、しみじみと、しんみりと「フッ」と哀しみが零れるようなメロディー。
その青い花のメロディーを、テーマとヴァリエーションでいろいろな角度で光を当てていくという…

つい愛ゆえにビブラートもかけまくって感情豊かに弾きたくなるんですが、昔モーツァルトのEmolのソナタの時、前に習ってた先生に「モーツァルトはロマン派じゃなく古典派なので、あまりに歌い上げ過ぎないように」と注意されてたことを思い出すなあ。

あくまでシンプルに、しみじみと、路傍の小さな青い花…と。
自分に言いきかせつつ演奏します。

この4楽章は、各楽器の見せ所聞かせどころが交互に現れて、弾いていると大変楽しいです。
特に大変なのはセカンド・バイオリン。
このエマーソン・カルテットの動画だと30分46秒のところ

第3バリエーションがとっても大変で、セカンドバイオリンの聞かせどころであり苦難の場所。
でもすご〜く格好良いところでもあります。

その他にヴィオラのソロもあり、短調から長調に転調する最後の方のパートは、青い花が少し紅を帯びたかのような柔らかさを持ち、本当に素晴らしい。

このK421は、本当に1楽章から4楽章まで全部大好きです〜。

我々はアマチュア素人合奏団ですが、合奏も何回か合わせていると、流石に通るようになってきましたヨw
モーツァルトのカルテットはベートーヴェンやブラームスに比べるとチャレンジしやすいし、このブログを見てらっしゃる方(そんなにいないかもですけどw)にはぜひぜひおすすめした名曲です〜!!
    22:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

スマホデビュー

iPod touchとガラケーで長年生きてきた私keroですが、ついにスマホデビューをいたしました。
買ったのはiPhoneSEで〜す!

iphone-se-black-select-2020.png

実はソフトバンクから、3Gガラケーがなくなるとだいぶ前にお手紙頂いていたのですが、どうしようかと迷っていた日々。
わざわざお金出して新しい(5Gの?)ガラケー買うのもなんだかね。

ずっとガラケーは電話通話のみ、ひと月900円のデータ通信専用SIMを中古で買ったモバイルWi-FiにさしてiPod touchに繋いで使ってました。全部でひと月2000円なり。

しかし、ソ○トバンクの「スマホデビュープラン」というのだと、月々1000円位、2年目以降は2000円と、結構お値段安いみたいなので、この際年貢の納め時かなあと(笑)

移行するのが大変かな〜と思ったら、なんと!使っていたiPod touchから新iPhoneにデータ引き継げました!

IMG_7379.jpg

待受もずっと使ってる麦・染写真。
なんかあっけなく出来すぎて物足りないw

スマホに変わった〜〜っていう感動がないんですよねえ。
これから出かけるときはiPhone一個だけ持っていけば良いのだから、大変な進歩だぞ(爆)
今までは3つのガジェットをそれぞれ充電して持ち運ばなくちゃいけなかったんだから!
感動はじわじわ来るかも?
でも、もともと引きこもり気味なのでまだ実感ないなあ。

せめてモバイルSuicaとか、アップルペイにしてみようかな。
そのくらいしかiPhoneに変えた意義がないというか…(笑)
それだけiPod touchは優秀だったんですな。
iPod touchくん、長年お世話になりました〜。
仕事場のジュークボックス・プレイヤーとしてこれからも使わせていただきますよ♪
    18:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ようやく横浜のアンサンブル復活〜!!

隔週日曜日のご近所アンサンブルがようやく復活しました〜!!

朝9時に地区センターに行くと、まだ館内消毒中の模様。
いつもは15分前に入れてもらえていたのですが、だいぶ様子が変わったようです。

入り口のところで待っていたら、9時ぴったりに一人ずつ、検温、アルコール消毒をしてようやく入館させてもらえました。
いつも使っているのは会議室という部屋で、自分たちで机をさげてスペースを作っていたのですが、最初から机は折りたたまれて広いスペースが用意されておりました。(そもそも本来の用途の会議はまだ禁止のよう)
椅子はあとで係の方が消毒するそうです。
譜面台は予め言われていたので、自分たちで持ってきています。

演奏時もマスクは着用義務。そして各人1m以上開けて座れとのこと。
まあ、うちは少人数の弦楽アンサンブルなので良いのですが、大人数の合奏とかオケはどうなっちゃうんでしょうね〜。

扇風機が2台ブンブン回っており、部屋のドアは開けっ放し。窓は全開。(わたしらのアノ音も丸聞こえなの?そうなの???)
で、エアコンはギンギンかかっているという…(な、なんか電気代もったいない)

な・に・も・そこまd……と正直思いますが、地区センターの方にしてみれば、ここで発症者がでてしまったら、また閉館、各所への連絡…となるので、とにかく慎重になるのはわかります、ハイ。

さて、マスクしてて暑苦しいとかあったものの、合奏自体は以前のように和気あいあいとできました。

2ヶ月以上あいちゃったモーツァルトのK.421ですが、やっぱり1楽章がすごく難しいですね!
ほとんどの時間、この1楽章に費やした感じ。



そのかわり,2〜4楽章はサクサクと通せました。(もちろんまだツッコミどころは色々あるんですが)

久しぶりに「G線上のアリア」やったり。
団長が地区センター祭りのために渾身の編曲した「津軽海峡・冬景色」初見弾きしたり。

やっぱり家で弾いてると、ちょっと練習しちゃ「お茶〜」ちょっと練習しちゃ「お菓子〜」なんて有様なので、久々にみっしり練習した気持ちです!!
やっぱりアンサンブルは楽しいなあ。

終わったあと、地区センターの方に「レパートリー広いんですね!」なんて言われちゃいましたよ(爆)
ドア開けっ放しだから丸聞こえだったのよね(汗)

歌も管楽器も体操系もダンスも今の所だめなので、借りている団体が2団体しかいなかったけれど、少しずつこれが解除されて、元の老若男女の集う楽しい地区センターに戻りますように。
    21:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

悲喜こもごも

ようやく非常事態宣言が解除されました!
仕事の銅版画教室も再開できる。
合奏団も再開できる。

と、喜ばしいことばかりのはずだったのですが…

実は、東京方面の月一回のアンサンブルにしばらくは行けなくなってしまいました。

本職の銅版画教室は、自宅で月に12日位やっており、幸いどのクラスもほとんど定員いっぱいの生徒さんが来てくださっています。
ところが、このコロナ禍で「ソーシャルディスタンス」とこれだけ連呼されますと、せまい我が家のアトリエに5人入れてやっていた教室を見直しせざるを得ず…
定員をMAX2〜3名くらいにすることにしました。

結果、たとえば今まで火曜日に月の2週目と4週目の隔週に開講していたお教室を火曜日1〜4週目すべて開講することになりました。その結果、本当に残念なことに火曜日月イチ開催の東京方面のアンサンブルに通えなくなってしまいました。
2014年からほとんど休まずに通っていた、大好きなアンサンブルだったのに。
アンサンブルのあとの飲み会もとても楽しかったのに。
本当に残念です。


…と、ここまでは悲喜こもごもの「悲しい」の方。

喜ばしいのは、日曜午前中の横浜のご近所アンサンブルが復活したことです〜!
ようやく長いお休みだった地区センターが営業復活されたのです♪
こちらはご近所なので、たとえ午後仕事になっても大丈夫なのです。

しかし、地区センターの再開にあたって条件が厳しくて、
「コーラスや歌はだめ」
「吹奏楽器はだめ」(ということはオーケストラも練習できないんか?)
「ダンス、体操等運動系もだめ」

…これは結構きびしいんじゃ。
幸い私達は弦楽合奏団なので使用できるんですが…

横浜市の他の使ったことのあるセンターのHPを見てみたんですが、おおむね同じ条件で、さらに「体育館では、接触が多いスポーツ、バレーボールとかバスケットボールは禁止」なんて書いてあるところもありました。

みんなで歌ってもいけない。
手を取り合って踊ってもいけない。
球を投げあってもいけない。

まさかこんな世の中になろうとは。

しかし、こういうことも徐々に解除され、少しずつ宣言が解かれ、いずれは日常が戻ってくるだろう!と楽観的に考えていた矢先…

今日また東京で患者数が増え、東京アラートが発動(泣)

気分が落ち込むのと同時に、いったいこれからどうなるか。
自分の銅版画教室は?
せっかく復活した合奏は?

…と、ネガティブ思考に陥りそうですが…
いやいやダメダメ、ネガティブはだめ〜!!

今回のコロナ禍は、自分だけでもない、日本だけでもない、世界中が同じように大変なのだから開き直って前向きに考えるしかありません。

ポジティブに先を見据えて最善策を熟考したいと思います。
合奏も、仕事もですよ〜!

というわけで、まさに「悲喜こもごも」な話題でしたw

    20:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ノイマイヤー「幻想〜白鳥の湖のように」

よくソウルフードとかソウルミュージックとか言うけど、私の幼少期の一番の「好物」ソウルミュージックは、チャイコフスキーの「Swan Lake, Scene 1: Valse (Tempo di valse)」だった。



小さい頃バレエに憧れていたのだけれど、親は習わせてくれず、舞台を見る機会もなくテレビでも頻繁に放送してくれるでもなく、しかしですね、なぜか親が買ってくれたレコードがあったのです。(LPレコードというものですよ)

そしてそれは、アンセルメ指揮・スイス・ロマンド管弦楽団 「白鳥の湖 ハイライト」だった。

よーく覚えているのだ。
湖に一羽の白鳥(本物)が浮かんでいるリアル写真のジャケットで、ライナーノーツにはロイヤル・バレエの上演をもとにかなり詳細にストーリが紹介してあった。
写真もあった。(白黒だけど)

ので、より具体的にどんなストーリーなのか、どういう舞台なのかと空想しやすかった。
ああ、今この音楽のところでは、バレエではこういう感じなんだろうかと、妄想をたくましく過ごした少女時代でありました。
そういう経緯もあり、未だに自分にとっては、どんなジャンルの音楽でも音楽とは「見るもの、踊るもの」と捉えているところがあるなあ。(いやね、もちろん自分は踊れないんですが)

さて、この「白鳥の湖」、後にテレビで実際のバレエ全幕を見たら「え〜なんか想像してたのとぜんぜん違う」…と失望したところも多々あった。
中でも、この大好きだった1幕目の最初のワルツが期待はずれ。

アンセルメとスイス・ロマンド管の音楽は、私にとって高貴な、何か香水のような未体験の音楽で、その中でこの1幕目の最初で演奏されるワルツは、若々しさと青春の喜びの舞踊でなければならなかった。(と信じていた。)
LPに書いてあったストーリをふまえても、ジークフリート王子にとってはその後の悲劇を前に、「最後の」無邪気な青春の煌めきであるべきだ(と信じていた)。
いや、当時の自分が、こういうふうに言葉で考えてたわけじゃないけど(笑)

しかし、TVでボリショイ・バレエとかマリインスキー・バレエで見ても、このワルツ、貴婦人と王子の友人が普通に踊ってて「あっそう」って感じで何だかなあでした。(笑)

…と、長々と大昔の思い出話を書きましたが。

実は先日、自粛期間のGW中、世界各国の色々なバレエ団が色々な作品の無料配信をしてくださった。
ハンブルグ・バレエ団の配信で、ジョン・ノイマイヤー振付 「幻想 白鳥の湖のように」も全幕見ることができた。



全幕をノーカットで見られたのは本当に良かった!

そして、私の好きな、この1幕目のワルツ、このノイマイヤー・ヴァージョンでようやく理想のワルツを見られたと感じました!!(このビデオでは1分08秒のところ)
この曲に惚れて以来ウン十年。

ノイマイヤーのこの「幻想〜白鳥の湖のように」では、原作のジークフリート王子は、バイエルンの狂王・ルートヴィヒ2世に読み替えられている。

精神を病んだルートヴィヒが、監禁された部屋で追想する過去…

1幕目は、ノイシュヴァンシュタイン城の築城の上棟を祝って、市民や職人たちが集まってくる。
そして、私のソウルミュージックである1幕目のワルツは、この市民や職人たちが上半身裸で相撲をとったり、力比べをしたり、鉄棒や竹馬、バイエルン地方?の遊びや市民の娯楽がたくさんでてくる。王と友人もボクシングをしたり、もう無礼講で乱痴気騒ぎ。
(その後の貴族の踊りとの好対照)

ノイマイヤー


このノイマイヤーのヴァージョンを見て、私が小さい頃から求めていた「Swan Lake, Scene 1: Valse」の理想のダンスが完成したのでした。(わーい)
若々しさと希望のようなものをこの音楽からずっと感じていたのだけど、それをこうしてルートヴィヒの時代における市民階級と貴族の対比として表現したノイマイヤー氏はすごい!!

全編素晴らしかったのですが、このワルツのところは無料配信期間、何回も何回も繰り返し見ました。

DVDは残念ながら売り切れみたいですが、また日本でも販売されないかなあ。

BAC106.jpg
    02:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ABOUT "kero"
Author : kero

◯十の手習いでバイオリンを始めて十数年目!
ヘタレなアマチュアバイオリン弾きの記録です。
カテゴリ
Twitter
シンプルアーカイブ
最新記事
最新コメント
登場「ニャン」物
リンク
●2000年から10年間のバイオリン日記


●本業の銅版画のホームページ
外宇宙へのリンク集
日本ブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード